葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【仏壇】の花瓶について豆知識!


仏壇の花瓶について豆知識!

仏壇の花瓶でおしゃれな物はある??

仏壇の花瓶=無地で素朴なものというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。確かに無地で地味なものを使用している方も多くいますが、おしゃれなものを使うのがNGということではないのです。

近頃仏壇用の花瓶といっても、おしゃれなものを選ぶ方が多くなってきました。そこで興味を持っているのであれば、どのような選択の幅があるのか調べてみましょう。

すぐにどのような選択肢があるのか調べるための方法の1つに、通販サイトを利用するというやり方があげられます。

通販サイトで検索することによって、シンプルなデザインのものだけに限らず色鮮やかでおしゃれな花瓶を見つけることも可能でしょう。

販売店ごとに取り扱っている商品には違いがあるので、複数のサイトをチェックしてどのような選択肢があるか探っていくのも1つの手です。

ですがさまざまなデザインのものが発売されているといっても、特に伝統的な仏壇の場合奇抜な色のものは避けるのが無難です。

故人もしくは自分自身の好みに合わせて、どのようなものが適しているのか考えて行くようにしましょう。

その一方モダンな雰囲気にしているというケースであれば、その雰囲気にちょうど良さそうなデザインのものを選択するのも1つの手です。

仏壇の花瓶は100均の物でも大丈夫??

仏壇の花瓶は100均の物でも大丈夫??

仏壇用の花瓶を購入しようと思ったものの、仏具店のものは価格が高いので予算オーバーだという方もいるでしょう。

そのような方の中には、100均で扱われている商品に注目するという方もいるかもしれません。

ですが100均で花瓶が購入できるといっても、仏壇用に使うのは不謹慎だと考える方も見られます。実際のところ、100円で購入する商品を使うのはNGなのでしょうか。

そもそも仏壇用の花瓶の価格というのは、決まりなどが存在しているわけではありません。

経済状況が厳しいのであれば、無理に高価な商品を購入する必要はないのです。

大切なのはものの価値よりも、気持ちを込めてお供えしているのかという点です。100均の商品だとしてもお供えする分には問題ないので、気持ちを込めて設置するようにしましょう。

ちなみに最近は100円で売られている商品でも、多くの選択肢が用意されています。1つのショップだけではなく複数のところを比較することで、100円の中でも好みのデザインのものなどが探せるかもしれません。

ショップごとに品ぞろえには違いが存在しているからこそ、実際に見て比較をしたうえで納得できるアイテムを選べるように考えていきましょう。

仏壇に置く花瓶の大きさはどれ位??

仏壇に置く花瓶を選ぶとき、どのくらいの大きさのものを選択したらいいのか迷ってしまう方も多くいます。ここでポイントになるのが、適した大きさというのは状況に応じて違いがあるという点です。例えば1つだけ設置する場合と、2つを対で設置する場合でも適したサイズは変わってきます。1つだけ設置するつもりなのであれば大きめのもの、2つを対で置くなら小さめのものというように選択していくのも1つの手です。

さらに適した花瓶のサイズの選び方のポイントの1つが、仏壇の大きさも考慮するという点です。立派な仏壇という場合であれば、小さなものを置くとみすぼらしくなってしまうこともあるでしょう。

一方で小さなサイズのところなら、立派すぎる花瓶を置くとちぐはぐになってしまいます。

全体のバランスを考えながら適したサイズを考えていくようにしましょう。

また実際に選択するときには、ほかの仏具を置くスペースとの兼ね合いを考えることも大切です。

ほかの仏具との兼ね合いを考えて横幅などにも注意することで、適したサイズを検討しやすくなります。買ってからサイズの問題で後悔しないようにするためにも、最初にしっかりと全体のバランスを見極めることが大切です。

仏壇の花瓶はガラスの物が良い??

花瓶といえばガラス製のものが良いというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。

ですが仏壇の場合には、一般的なガラス製以外のものを選ぶケースも多く見られます。そのためどのような素材の選択肢があるのか把握したうえで、状況に合ったものを使うようにしましょう。

例えば低価格のものを選ぶ場合、プラスチック製のものが適しています。ただし安価に購入できる一方で、高級感に乏しくなる可能性があります。

最近ではプラスチック製でも高価に見えるものもあるので、安くて高級感を持たせたいならさまざまな商品を探して選ぶことが大切です。

一方で耐久性が優れたものを選びたいなら、アルミ製を選択するのも1つの手です。

アルミ製は軽量というメリットだけではなく、デザイン性の高いものが多いという特徴もあげられます。

仏壇の花瓶で多く選ばれているのは、陶器製のものです。

価格や品質の幅も広いので、予算などに合わせてどのようなアイテムが適しているのか考えて選ぶようにしましょう。

登記の名産地で製作されたような高級品を選ぶだけではなく、100均で購入できるものを選択することもできます。

状況に応じて適したものを選択することがポイントの1つです。

仏壇の花瓶まとめ

たかが仏壇の花瓶と考えている方も多くいるかもしれません。

ですが実際に選択しようと思うと、価格や素材さらにはサイズなどポイントとなる点がいくつか存在しています。

実際に選択するときには、どのような点に注目したらいいのか把握して適したものを選択できるようにすることが大切です。

実際に仏壇の花瓶を選ぶときのポイントの1つが、全体のバランスを考慮するという点です。

今ある仏壇の状況に応じて、適した花瓶の選択肢というのは変わってきます。

高級な雰囲気なのであれば、100均ものを使うと不釣り合いということもあるでしょう。

全体のバランスを考慮しながら、どのようなアイテムが適しているのか検討することも大切です。

また同じような価格帯のアイテムでも、安っぽく見えるものもあれば高級感のある商品も存在しています。

購入する金額だけですべてが決まるわけではないので、見た目の雰囲気も考慮して選択することも必要です。デザインもおしゃれなものを選択することも可能です。

ただし伝統的な雰囲気の場所だと、おしゃれな雰囲気のものは合わない可能性があります。

ほかの仏具も含めたバランスを見ながらデザインなどを考慮することを忘れないようにしましょう。