葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

仏壇の処分費用はどれ位?? 仏壇の処分方法別費用


仏壇の処分費用はどれ位?? 仏壇の処分方法別費用

仏壇の処分方法別費用①

仏壇を処分する場合、一般的に行われている方法の一つが寺院に処分を依頼する方法です。

仏様をまつっている祭壇であるために、寺院に依頼をすることで、不要になったものを手厚く処理することができます。

菩提寺がある人の場合にはそのお寺に引き取ってもらうことができる場合もあります。

なお、亡くなった人の魂を仏壇から抜き取るための作業として開眼供養という儀式が行われることがありますが、こうした供養も寺院に依頼することが可能です。

供養してもらったものを、そのまま引き取ってもらえる場合もあるので、確認が必要になります。

寺院に引き取ってもらう場合に必要になる費用は、依頼する相手によって大きく異なっているのが特徴です。

多い場合でも数万円程度の費用で引き取ってもらうことができる場合もあり、さらに安い予算で引き受けてもらえる場合もお寺によってはあります。

一般的にお金を支払うことで引き受けてもらえる場合が多いですが、依頼する相手によっては無料で引き受けてもらう得る場合もありえます。

実際にどのくらいの予算がかかるのかは、引き取りを依頼する寺院に確認することでわかります。

電話などで直接聞くことができる寺院が多いので、相手の電話番号を確認しておく必要があります。

お寺によっては檀家に限って引き取りを行っているような場合もあるので、あわせて確認が必要です。

お寺の宗派ごとに対応が異なる場合もあるので、断られたら別の場所を探す必要があります。

仏壇の処分方法別費用②

仏壇を処分するための方法として一般的に行われている方法としては、仏具を扱っているお店に引き取ってもらう方法もあります。

仏具を専門に扱っているお店に引き取りをしてもらうので、寺院に引き取りを依頼するのと同様に、仏様がまつられている仏壇を手厚く処理することができる方法です。

購入したお店に不要になったものを引き取ってもらえる場合もあるので、購入する際にどこのお店で購入したかを記録に残しておいたほうが、後で処分する際に役立ちます。

仏具店に処分を依頼する場合にかかる費用も依頼するお店によって異なっていますが、一般的な相場は数万円程度です。

安い店舗では2万円や3万円程度の料金で引き取ってもらえる場合もあり、高額な店舗の場合でも10万円前後の店舗で引き取ってもらえる場合が多いです。

実際にどのくらいの費用が必要になるかは店舗によって異なるので、事前に確認が必要です。

購入した仏具店以外の場所でも引き受けてもらうことができる場合があり、販売と引き取りを一緒に行っている仏具店などに、引き取りを依頼することができます。

サイズの大きな仏壇の場合には、寺院などに依頼した場合には断られる場合もありえますが、仏具店ならば、大きめのものでも引き受けてもらうことが可能です。

依頼するものの大きさによって料金が異なる場合もあるので、事前に確認が必要です。

宗派などに関係なく依頼できることも仏具店の利用しやすいところで、寺院で断られた場合でも依頼できます。

仏壇の処分方法別費用③

仏壇を処分する方法として最も低額で行うことができるのが、粗大ごみとして処分する方法です。

必要な費用は居住している地域によって異なっていて、自治体で指定されている料金を支払うことで粗大ごみという形で引き取ってもらうことができます。

自治体に粗大ごみとして引き取ってもらう場合の料金の相場は、数百円から数千円程度です。

料金が安い自治体の場合には1000円以下の料金で引き取ってもらえる場合もあります。

引き取りにかかる料金が高めに設定されている自治体の場合でも、3000円以内の料金で引き取ってもらえるケースが多いです。

具体的にどのくらいの費用が必要になるかは自治体のホームページにアクセスすることで確認ができます。

住んでいる自治体によっては、粗大ごみという形で仏壇を回収していない場合もあるので、合わせて確認が必要になります。

粗大ごみの回収にかかる費用は、自治体によってそれぞれのごみの種類ごとに料金が大きく異なる場合もあり、ごみの種類の区分も自治体によってそれぞれ異なっているため、ホームページなどで確認しておけば確実です。

なお、仏様をまつっているものであることから、粗大ごみとして処分する前に、あらかじめ亡くなった人の魂を抜き取ってもらう開眼供養という儀式をすることが一般的に行われています。

寺院に引き取りが依頼できない場合でも、開眼供養だけならば行ってもらえる場合もあるので、実際に相談してみることで確認できます。

仏壇の処分方法別費用安くするには??

仏壇の処分はどのような方法を利用する場合でも、依頼する相手によって大きく異なっています。

そのためにできるだけ費用を安くするためには、それぞれの方法ごとに適切な方法を選ぶことが必要です。寺院に引き取ってもらう場合に、できるだけ安く済ますためには、低額で引き取ってもらえる寺院を探すことです。

一つのお寺だけでなく、複数の寺院に相談をしてみることで、自分の住んでいる地域の相場がわかります。

その中から一番安い費用で依頼できる寺院に頼めば、予算を最小限にすることが可能です。

寺院に依頼する場合には菩提寺に引き取ってもらうことで、予算が安くなる場合もあり、相手が檀家の場合には無料や安めの予算で引き取っているような場合もあるので、相談してみるのも一つの方法です。

仏具店に依頼する場合にも、できるだけ安く引き受けてもらうためには、複数のお店に確認することが必要です。

一つのお店に確認しただけでは、その地域の仏具店の引き取りサービスの相場がわからないので、できるだけ多くのお店に相談して、その中から最安値の店舗を見つける必要があります。

自宅に出張してもらうよりも、自分で直接お店に持ち込んだ方が料金が安くなる場合もあるので、確認が必要です。

自治体に回収を依頼する場合には、木でできている仏壇ならば、あらかじめ自分でばらばらに分解して、燃えるごみとして出す方法もあります。この方法ならば無料で処分することができます。

仏壇の処分費用まとめ

仏壇の処分費用はどれ位?? 仏壇の処分方法別費用

仏壇の処分にかかる費用は、行う方法によってそれぞれ大きく異なっています。

同じ方法でも依頼する相手によって料金が大きく異なっている場合もあるので、あらかじめ確認が必要です。

仏壇の処分方法として一般的に行われている方法の一つが、寺院に引き取りを依頼する方法です。

この方法で引き取ってもらうことの利点は、引き取りと一緒に開眼供養も一緒に行うことができることです。

仏様をまつっているものであることから、処分する前には仏壇からあらかじめ亡くなった人の魂を抜き取っておく必要があります。

寺院ならば開眼供養をしてからそのまま引き取ってもらうことができるので、手間がかからないという利点もあります。

仏具を販売しているお店に引き取りを依頼する方法も広く行われている方法で、購入したお店にそのまま引き取りを依頼することができます。

仏具店の中には仏具の販売と一緒に引き取りをサービスとして行っているようなお店もあるために、購入していない場合でも引き取ってもらえる場合があります。

宗派などに関係なく依頼できることもこうしたお店の利用しやすいポイントで、近所に特定の宗派のお寺がない場合でも利用することができます。

住んでいる地域の自治体に粗大ごみとして回収してもらう方法もあり、回収にかかる費用は自治体によってそれぞれ異なっています。

粗大ごみとして回収していないような自治体もあるために、ホームページや広報誌などであらかじめ確認が必要です。