葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【唐木仏壇】の豆知識


唐木仏壇

唐木仏壇とは

唐木仏壇とは黒檀や紫檀などといった輸入銘木を用いて作られた仏壇のことを指していることが多いのですが、ケヤキや桑などの国内製の銘木を使った仏壇も含まれることがあります。

そもそも、唐木とは中国が唐と言われていた時代に唐から輸入された木材のことを指していました。

日本では産出され無いものであり、黒檀や紫檀が昔から唐木と呼ばれていたので、それらを用いる仏壇の事を唐木仏壇と呼ぶようになったという経緯が存在します。

その為、中国から輸入した木材をしていない場合でも唐木という名前がついた仏壇になることを知っておくと良いです。

外国で産出された木材が扱われていますが、仏壇の製法には江戸時代に培われた工芸技術が生かされていて、日本独自の伝統的な様式の仏壇だと言えるでしょう。

仏壇には主に2種類のものがございますが、唐木を使用するものの他には金仏壇と呼ばれるものがあります。

金仏壇は全体として黒の漆塗りが施されてるのですが、内部には金箔が貼ってあるもので、一般的には真宗系を信仰する人たちが用いることが多いものだからだと言えます。

一方唐木を使用したものはその他の宗派の人々が用いるものであって、金仏壇よりはシンプルなものです。

シンプルではありますが、木材の風合いを生かしていますから、昔から木で作られたものと馴染みが深い日本人に愛される仏壇と言われています。

唐木仏壇というのは木材の美しさを活かした重厚な雰囲気がある仏壇であり、江戸時代から利用されてきた長い歴史のある仏壇だと言えるでしょう。

唐木仏壇の特徴

唐木仏壇は木材の持っている美しい木目を生かした仏壇であるので、見た目が美しいということが特徴的だと言えます。

この仏壇は木材の色や木目の美しさが重要なので、木の種類や材質などによって見た目や値段が大きく異なるという特徴があります。

黒檀や紫檀が最も良いとされており、こういった木材を使用して作られた仏壇は特に値段が高い傾向があると言えるでしょう。

近頃は黒檀や紫檀などの唐木以外にも、和木が用いられることも増えています。

屋久杉などの和木が使用されることもありますが、いずれの木材を用いた場合も伝統的な製法で仏壇が作り上げられるので、日本特有の美意識である「わびさび」を感じることができる仏壇だと言えるでしょう。

近頃の唐木仏壇の特徴としては、芯材となる木材には唐木以外のものを使用し、上から唐木を貼って作られるものが多いと言えます。

全てを高価な唐木で作ろうとすると驚くような値段になってしまうので、総無垢の唐木で作られた仏壇は非常に少ないです。

ただし、芯材に耐久性が強い木材を用いることができるので、経年による割れやヒビができにくい仏壇が多くなっているという特徴があります。

唐木仏壇の特徴には、種類が豊富であるという点をあげることもできるでしょう。

用いる木材の産地や種類だけではなく、仏壇の産地によっても異なる雰囲気のものに仕上がります。

同じ唐木を用いている仏壇であっても見た目や風合いが異なり、好みに応じて選ぶことができるという点も特徴的です。

主な唐木仏壇

主な唐木仏壇の種類は、木材の種類の仏壇の産地によって分けることができます。

木材の種類としては黒檀・紫檀・鉄刀木・屋久杉・ケヤキ・オーク・メープルなどがあり、特に黒檀や紫檀は唐木として有名です。

黒檀は耐久性が高く、硬くて光沢が際立っていることが大きな特徴であり、紫檀は赤みを帯びた木材で赤褐色や黒色などの縞模様があることが特徴的だと言えます。

屋久杉やケヤキは代表的な日本の銘木であり、特に屋久杉は高級品であるので値段も高くなることが多いです。

唐木仏壇には唐木以外の輸入銘木が用いられることもあり、その場合にオークやメープルなどが用いられます。

仏壇の作られる地域によっても主な種類が異なっているのですが、東京で作られる仏壇はあっさりとした作りのものです。

東京都知事の伝統工芸品の指定を受けているものであり、多くの人から愛されています。大阪でも唐木を用いた仏壇が多く製造されており、他の地域で作られたものと違って仏壇内部が三方金である、金紙が板ガラスによって覆われているなどの特徴があり、こちらも大阪府知事の伝統工芸品の指定を受けているものです。

他には徳島仏壇や静岡仏壇、関東仏壇などが唐木仏壇として有名であり、それぞれ違った特徴を有しています。

唐木で作られた仏壇を購入したいと考えるのであれば、こういった種類の木材を利用したものや、これらの場所で製造された仏壇を購入することがほとんどだと言えるでしょう。

唐木仏壇の値段は??

仏壇を唐木でできたものにしようと考えるのであれば、値段が気になるはずですが、唐木仏壇の価格は木材の種類によって大きく異なっていることを知っておきましょう。

芯材に唐木ではない木材を使用し、表面に使用する木材も安価なものを使用している場合は、数万円で購入できることがあります。

安ければ3万円から5万円ほどで購入できることもあるのですが、黒檀や紫檀、屋久杉などの高価な木材を使用している場合は数十万円から数百万円の価格となることがあると知っておきましょう。

木材の種類によって大きく値段が異なるのですが、それ以外にも板の貼り方や製法によっても大きく価格が違ってきます。

芯材に板を貼る工程だけでも7種類ほどの方法があるのですが、プリント貼りのように唐木の木目が印刷されたものをプリントするだけであれば、非常に安価です。

薄板を貼る、厚板を貼る、唐木のみで仕上げる総無垢という方法で作るなど、作り方は多種多様ですが、使用する唐木の量が多くなればなるほど値段が高くなるので、総無垢の場合が最も高価な唐木仏壇になります。

唐木仏壇の価格は用いられている木材や製法によって大きく違っているので、見た目だけでは何故それほどまで差があるのか分からないというケースもあるので注意が必要です。

それぞれの仏壇には使われている木材の種類や製法の説明があるはずなので、価格と一緒にこういったものをしっかりチェックしておくことが大切だと言えます。

唐木仏壇まとめ

唐木仏壇

唐木仏壇はもともとは古くに唐から仕入れていた木材で作っていた仏壇ですが、現在では和木や他の外国の木材が用いられることも多くなっています。

同じ唐木仏壇という名前であったとしても、使用されている木材の種類や製法によって、特徴が大きく異なっていることを知っておきましょう。

黒檀や紫檀などの唐木が用いられることもあれば、屋久杉やケヤキなどの和木が用いられることもありますし、オークなどの外国産の木材が使用されることもあります。

仏壇の値段は使用されている木材の種類と、その木材がどれほど使われているかに変わってくるので、表面に唐木が使われていても芯材が安価な木材かどうかによっても値段は大きく変わってくることを知っておくと良いです。

一般的に唐木を使用した仏壇は真宗系以外の宗派の人々が使用していたのですが、近頃は家の雰囲気や好みに合わせて真宗系の人でも購入することがあります。

木材の風合いが生かされた仏壇なので、日本のわびさびを感じることができるという点でも、多くの人が魅力的だと感じている仏壇だと言えるでしょう。

唐木仏壇には多様な種類の木材が用いられたり、異なる製法で作られていることが多かったりするので、これを購入したいと考えるのであれば、まずは特徴を詳しく知っておくことが大切だと言えます。

あらかじめ、唐木でできた仏壇の種類や特徴、値段などを知って納得がいくものを選ぶことができるようにしておきましょう。