葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

仏壇の価格の相場はどれ位か調べてみました!


仏壇の価格の相場はどれ位か調べてみました!

仏壇は価格の幅が大きく、手頃なものだと1万円台、上を見れば数千万円と超高額になります。

つまり相場はあってないようなもので、常にどの価格帯にも商品が存在している状況です。

値段の変動が少ないといえばそうですし、割と安定している商品だといえるでしょう。

やはり、安価な仏壇は素材がそれなりで、質感は上と比べると明らかに差があります。

しかし手頃な仏壇のニーズが増えているからか、安価であっても質が値段以上に感じられたり、満足感が高くなっています。

実は、価格帯による商品の充実具合の違いは殆どなく、予算に合わせて十分に購入の比較検討が可能です。

それだけ市場に対する供給に余裕があって、消費者は相場の変動を気にすることなく、何時でも予算内での購入ができるわけです。

仏具も組み合わせるとなるとまた違ってきますが、仏壇だけなら安定した値段で手に入ります。

売れ筋は極端に安すぎず、なおかつ無理しなくても手が届く範囲に収まります。

金額的には10万円前後と、20万円~30万円台が売れ筋で、それぞれ予算に合わせて選ばれています。

何度も買い換えるようなものではなく、ご先祖様に礼拝する為のものですから、金額だけで選ぶ性質ではないです。

ただ、現実的に予算を決めて購入を検討する必要があるので、多くの人にとって手の届く価格帯が売れ筋になっているといえます。

一見すると高価なものは高いだけという印象を抱きがちですが、高いことには相応の理由があります。

例えば、木材が希少だったり熟練の職人が手作業で1つずつ作っているなどです。

逆に安価なものは大量生産が前提で、木材はありふれた素材、作業の大半が機械といった感じです。

1万円未満となれば流石に木材の多用は難しく、プラスチックの割合が増えてきます。

定番の18号サイズは5万円未満と、10万円以上で商品が充実しています。

様々なニーズがある激戦区ですから、各メーカー共に拡充に力を入れていたり、豊富なラインナップで期待に応えられます。

高い仏壇の価格の相場はどれ位?

高い仏壇は価格を確認すると、50万円前後~70万円台と、100万円以上の相場があることが分かります。

10万円単位でどの価格帯にも商品は存在しますが、50万円あたりとそれ以上で大きく分かれる印象です。

希少な木材を作った職人技は、本物に拘る層に人気ですから、相場は100万円に留まらないです。

大型や金仏壇、紫檀といった木材を使ったものは、500万円を超えることが珍しくないです。

沢山売れる商品ではありませんから、必然的に高い根づけになっています。

更に凄いのは1,000万円以上で、国産木材は当たり前ですし、細部にまで拘って妥協なく作られているのが特徴です。

素手で触れるのも気が引ける高級品ですが、上には約2,500万円、そして約4,000万円という商品があります。

最も高いものは7,000万円を超えますから、もはや美術的価値のある工芸品の域に達します。

サイズが大型という理由はあるものの、それでも単純に一般的な商品のサイズを大きくした以上に、値段の上げ幅が大きいです。

安い仏壇の価格の相場はどれ位?

安い仏壇の価格相場は1万円未満で、安価であっても売れ筋の1つになっています。

核家族化が進んだ昨今では、いわゆるミニサイズの需要が高く、仏具を含め一通りセットになっている商品が人気です。

素材は薄く、デザインはシンプルで飾りつけは最小限ですが、天然の木材が使われていたりします。

コストカットの為に輸入木材に頼っているので、流石に国産の木材をこの価格帯で求めるのは無理です。

他にも随所にコストカットのあとが見受けられますから、高級感を追求するニーズには不向きです。

しかし、コンパクトで簡潔にという現代のニーズにマッチしているので、1万円前後やそれ未満仏壇も売れ筋になっているわけです。

特定の宗派であれば、1万円どころか9千円を切る相場で商品が手に入ります。

一般的なイメージのデザインの場合は、やはり1万円前後が狙い目となるでしょう。

安いには安いなりの理由があるわけですが、10万円やそれ以上が当たり前だった時代からすると、下限が随分と下がっています。

仏壇の価格の相場の比較方法は?

仏壇の価格の相場は、比較する際に号数や宗派、それに種類と素材などで絞り込めるのが理想的です。

比較検討候補の母数も重要ですから、仏壇情報を取り扱う価格比較サイトの利用が便利です。

値段の高い順や安い順で並び替え可能ですし、中には売れている順に一覧を表示できるサイトもあります。

特定の条件の範囲で絞り込めるので、希望する条件に合致する商品の相場を知ったり、より安い商品を探すことができます。

ネット通販サイトの場合は、専門店に目を通すケースが多く、こちらもカテゴリ別に絞り込みやすかったりします。

値段の順に並び替えが行えるなら、簡単に安い商品を見つけられますし、反対に高いものも見つけて比較検討可能です。

高い安いで比べる為には、比較対象が欠かせませんから、複数の商品情報を取り扱うサイトが狙い目です。

1店舗で高額商品あるいは最安商品を探すのであれば、新聞の折込チラシが情報源として役立ちます。

複数店舗の折込チラシを用意すれば、どちらのお店が安いか見比べることもできるでしょう。

仏壇の価格の相場まとめ

仏壇の価格の相場まとめ

仏壇の相場が幅広く、上は100万円の商品が普通にあって、更に500万円や1,000万円、7,000万円以上といった破格まで存在します。

家が建つどころか、平均的な住宅価格を大幅に上回るので、一般家庭とは無縁でしょう。

現実的な価格に目を向けると、5万円前後や10万円あたりが売れ筋で、値段と品質のバランスの良さが窺えます。

高級感を求めるにしても、精々20万円~30万円台が多くの人に選ばれる値段です。

50万円を超える商品については、素材が希少木材だったり職人の手作業で、大型なのも値段に反映されるポイントです。

安い方の相場は1万円が1つの目安で、手頃かつ商品の数が充実していますし、コンパクトサイズが多いので現代において人気があるのも頷けます。

仏壇の比較検討を行いたい場合は、専門的に情報を取り扱うサイトが正解です。

条件での絞り込みや並び替えが容易ですから、まさに比べて希望する値段、条件で商品の候補をリストアップするのに便利です。