葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

永代供養とは?種類と費用を徹底解析!


永代供養とは?種類と費用を徹底解析!

永代供養とは埋葬方法の種類の1つになります。

通常の場合は、お墓参りをする人が供養をする事になりますが、永代供養の場合は、お寺等が変わりに供養をして頂くことが出来ます。

但し、供養をしてもらう事ができる期間はお寺等によっても異なりますので、頼む際には確認をすることが大切です。

次に永代供養の種類ですが、3つのタイプに分かれています。

屋外に納骨をする場合のタイプですが、納骨壇型と呼ばれる物があり納骨をする際には施設を利用することになります。

納骨塔型の場合は、塔の地下に納骨をする事になりますので、安心して利用することが出来ます。

最後は、合祀型と呼ばれる物になり、一人だけを納骨するのではなく、纏めて納骨をする事になりますので費用も安く抑えることが可能です。

永代供養の費用ですが、種類によっても大きく異なります。基本的には初回の一括払いになっており、延々と費用を請求される事はありません。

永代供養の種類の中でも合祀墓を利用する場合には、比較的安価で利用をする事が出来ます。

大凡3万円から10万円代になっていますので、永代供養を安く抑えたいと考えている人にはおすすめです。

納骨堂を利用して、永代供養をする場合には、高額な場合100万円程する事もあります。

納骨堂はロッカー式の安価な物もあれば、機械式になっている高額な物もあります。

お寺によっても設備が異なりますので、利用をする場合には直接確認をするのが一番です。

永代供養を行う場合の費用ですが、消費税等はかかりませんので、安心です。お寺は宗教法人になりますので、消費税が発生することは有りません。その為、消費税を気にすること無く依頼をすることが出来ます。

日頃からお付き合いのあるお寺を選ぶことで、相場は大きく変わることもあります。

先祖代々利用をしているお寺を選ぶと、安価で受けて頂くことが出来る場合もあるのでおすすめです。

後々費用でもめないようにする為にも必ず費用は確認をしておきましょう。

永代供養とは?種類と費用を徹底解析!