葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

終活フェスタに行ってみた「最新現地レポート!」を紹介


終活フェスタに行ってみた「最新現地レポート!」を紹介

近年では終活という言葉が注目を集めるようになりました。しかし終活と一言で言ってもどのようなことをすればよいのか、何から手をつければよいのかわからないという人は多くみられます。自分の最期に不安を感じながらも、どうすればよいかわからないという人にお薦めなのが、終活フェスタと呼ばれるものです。

終活を行いたいと考えている人、実際に行っている人が注目するイベントが終活フェスタと呼ばれるものです。大規模なものから小規模なものまで、イベント名も異なりますが、全国各地で開催されているのが事実です。中には参加型の終活フェスタも行われるようになり、これから準備を具体的に行う上で非常に参考になるといえます。

終活と聞くとマイナスなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、人生の終わりを考えることで、自分を見つめ現在よりも自分らしく生きる活動として定義されていて、あくまでも前向きな活動としてとらえていることがほとんどです。

終活フェスタには様々な企業がブースを展開していますが、お寺や生命保険会社、遺品整理業者や霊園など、その種類は多岐にわたり、様々な具体的な情報を知ることにつながります。

実際に2016年に東京で行われた終活フェスタ レポートとしては、証券会社による資産の引き継ぎに関するセミナーが行われたり、近年注目を集めている自然葬の具体的な行い方や費用に関する相談会、実際に棺の中に入ってみる入棺体験や遺品整理業者の遺品の整理や生前整理の相談などのブースが出展されました。

現在終活フェスタが注目を集めている理由としては、残される遺族にできる限り負担をかけたくないという考えを持つ人が増えてきていることがあげられるでしょう。

高齢となると多くの人が自分の親や祖父母をみとった経験があるという人も多いものです。後になって故人の思いをつぐことができたのだろうかと後悔する人も多いことでしょう。

終活を行うことによって自分の意志を明確にし、遺族に示しておくことで、遺族への負担を大きく軽減することができるでしょう。

フェスタに参加することによって具体的な意志を示すことにもつながります。

終活フェスタに行ってみた「最新現地レポート!」を紹介