葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

最低限把握しておく日蓮宗の葬儀が他の宗派と異なる3つの事


最低限把握しておく日蓮宗の葬儀が他の宗派と異なる3つの事

日本における葬儀は基本的には相談に僧侶に読経をしてもらい、故人の成仏を願うことが基本となっていますが、その進め方はそれぞれの宗派によって異なるものです。

そのため、行われる葬儀がどの宗派に基づいて行われているかを知ることが非常に重要なポイントとなります。

その中でも、非常によく行われている日蓮宗の葬儀の内容を知っておくことは、より深く故人の成仏を願うことができるものと考えられている面があるため、その作法を知っておくと良いと考えられています。

日蓮宗の葬儀は大きく分けて3つのポイントがあります。

1つは、南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」の題目を唱えることが、何よりも重要な修行であるとしていることです。

そのため、他の宗派が南無阿弥陀仏といった題目を使用することが多いのに対し、日蓮宗では南無妙法蓮華経を唱えることが中心となっており、これも意識しておくことが大きな違いとなっています。

2つ目は、焼香のマナーにあります。

日蓮宗では、導師が3回、その他の在家信者や一般参列者は1回焼香を行うと言うルールがあり、その方法は香を右手の人差し指と親指でつまみ、額の高さまで持ち上げて香炉に入れる動作となっているため、他の宗派の焼香とは大きく異なります。

3つ目は数珠のマナーです。

日蓮宗では、菊房と呼ばれる形状が使われるのが一般的であり、これは房2本がひとつ、3本がひとつついた形状となります。

また本来、日蓮宗では祈祷の際に木剣と数珠を組み合わせたものを打ち鳴らしていたことかな数珠は黒壇や紫壇など丈夫なものが必要とされる風潮がありました。

そのため現在でも、このような丈夫な素材が選ばれることが多くなっていますが、実際には決まりは無いため、参列する際には自分の宗派のもので良いとなっています。

日蓮宗の人の葬儀に参加する際は、この3つのポイントが身に付くことが多いので、そのしきたりや由来を意識して非常に厳粛に葬儀に参加することができ、また亡くなった人を弔うことができるため、覚えておくと便利です。

最低限把握しておく日蓮宗の葬儀が他の宗派と異なる3つの事