葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

セレモニーホールで葬儀をするメリットデメリット!


セレモニーホールで葬儀をするメリットデメリット!

葬儀を行う場所として認知度が高くなっている上に実際に利用する方が増加傾向にあるのがセレモニーホールであり、葬儀を行う事を専門に作られ管理運用されている施設です。

これまでの自宅やお寺という選択肢と共に存在しつつ、顕著に選定される事例が増えているセレモニーホールですが、選ばれているのはセレモニーホールで葬儀を行う事によるメリットが多いためです。

一言でセレモニーホールとは言っても大きく分類すると公営と民営の2つの種類に分けられるのですが、公営は自治体が運営しているが故に利用料金が低く設定されているため、葬儀を行う上での金銭的な負担が小さくさせられるというメリットがあります。

そのように利用料金が低く設定されていて金銭的な負担が小さくさせられるからこそ、利用を希望する方も多いので利用率が高く、希望した利用日に利用できない事例が少なくありません。

一方、民営で運営されているセレモニーホールは公営に比較すると数が多いので利用したい日に利用しやすいという特徴がありますし、交通の便などが良好な場所を選定して建造されている事例も多いため、参列する方々の負担が小さいです。

同じく利用に際して負担が小さい点として挙げられるのが施設の設備であり、セレモニーホールの全体がバリアフリー化されていたり宿泊施設が併設されている事例も多い様子から、身体に負担をかけずに最後のお別れをする事ができます。

設備が充実していたり宿泊施設が完備されているという事は、料金も高めに設定されているという事になるので、小さな金銭的な負担にしたいと考えている方にとっては金銭面で負担に感じられます。

また、民営の中には葬儀社が有しているセレモニーホールも存在しており、葬儀社が有している場合は柔軟な対応をして頂けるというメリットがあります。

葬儀社が有しているセレモニーホールなので、もちろん葬儀はセレモニーホールを有している業者に依頼しなければならないため、メリットデメリットの双方を念頭に置いておきましょう。

セレモニーホールで葬儀をするメリットデメリット!