葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】で相続税から控除できる??


葬儀費用で相続税から控除できる??

葬式の費用と言いましても、具体的にどういったものがあてはまるのか把握していないという方も多くいらっしゃいます。簡潔に言うなら、葬式というのはお通夜や葬儀、さらには告別式や火葬を合わせたものを呼ぶものと言えます。では問題になるのが、そういった儀式を行うのにいくら位の費用が要するのかという点です。

実際に葬式でどのくらいの費用がかかるのかという部分は、規模によっても差が見られます。数十万円~200万円辺りが相場という所を理解したうえで具体的に考えていくようにしましょう。また葬儀にかかった費用は相続税から控除の対象になる可能性があります。条件を確かめたうえで、必要に応じて行動するという点も注視すべき点の1つです。

具体的に相続税の問題について考えていく前に、まずはどの様な費用が必要になってくるのか項目別に考えていくことも必要です。例えば葬式全般でかかるお金としては、お通夜や告別式の式場使用量、供物や供花などの料金などがあります。他にもスタッフの人件費や火葬のための費用がかかるという点を押さえておきましょう。

そして葬式の前後には、死亡診断書といった発行にかかる費用、葬儀場までの遺体の運搬にかかる費用さらには墓石や墓地の購入に必要な金額などがあります。状況によって金額は異なるので、ケースに合わせてトータルでどのくらいの金額になるのか考えていくことが大切です。

実際に葬儀費用が相続税から控除できるといっても、全ての金額が控除の対象となるわけではありません。そのため控除を受けたいと考えているのであれば、まずは対象になる項目を整理することが大切になります。同様に葬儀に関わる金額だとしても、対象となる項目と対象外となるものがあります。その違いを把握しておかなければ、損をしてしまうなど思うように相続税の控除の制度が利用できないかもしれません。正しい知識を得ることが初めの一歩です。

葬式に関わる費用というのは、喪主一人が支払うのではなく配偶者や兄弟が分担して支払うというケースも見られます。支払う人によって、控除の考え方には違いが出てくる部分もあります。控除される金額だけではなく、誰が払うのかという点も含めて検討していくことも忘れないようにしましょう。さらに喪主などが払うのではなく、故人の銀行口座のお金を利用するという選択肢もあげられます。トータルで考えたうえで、状況を整理して問題なく葬式が行えるように検討していくことも必要となります。

葬儀費用で相続税から控除されるもの

葬儀にかかる費用は相続税から控除されるといっても、すべての金額が対象となるわけではありません。そのため葬式とお金の控除の問題を考えていくのであれば、対象となる項目を最初にチェックしておくのもポイントの1つです。正しい知識を得たうえで、相続と税金の問題について正しく対処できるようにしましょう。

基本気に葬式の費用において、直接的に関わる金額であればすべて控除の対象と考えても問題ありません。例えば死亡診断書の発行にかかるお金、さらには葬儀や通夜などにかかった金額も控除の対象です。さらに喪主や施主が負担した供花や供物の金額も対象になります。ほかにも葬儀場までの遺体の搬送にかかる費用や火葬代なども含まれています。

手伝ってくれた方への心づけやお布施に関わる金額も対象です。納骨費用なども控除されるため、1つずつの項目を確認しておきましょう。事前に確認を行っておくことによって、後から控除に関する内容で焦って行動するリスクを減らすことにつながります。正しい情報を集めて行動することが大切です。

実際に葬式にかかるお金について考えていくときに、注意が必要な点もあります。その注意点の1つとなるのが、心づけなどの場合には領収書が出ないケースもあるという点です。領収書がない項目のお金の動きだと、控除の対象にはならないと思ってしまう方も多くいます。しかし領収書がない項目のものでも、具体的な金額と内訳を示したメモがあれば対象にできます。

領収書がない項目のものを見逃すと、本来は受けられる相続税の控除が減ってしまう可能性もあります。後から損をしたことに気が付くということがないようにするためにも、先に正しい知識を得たうえで対応することが欠かせません。確定申告などの時期になってから気が付くと、メモもしていない状況だとかかった金額がわからずに対応できない可能性が高いので注意が必要です。

また控除の申請の際、嘘をついたとしてもバレるということを忘れてはいけません。虚偽の申請をすると、自分が不利な状況になってしまう可能性もあります。正しい内容で申告ができるように忘れないようにしましょう。

葬儀に関わる費用の相続税の控除でわからない点があれば、専門家に相談するのも1つの手です。税理士のほかにも、葬儀場のスタッフでもある程度の相談に乗ってもらえるケースも見られます。不明な点があれば詳しい人に聞いたうえで、より良い形で対応ができるようにすることが大切です。

葬儀費用で相続税から控除されないもの

人によっては、葬儀に関わる費用ならすべてが相続税の控除の対象というイメージを持っていることもあります。しかしすべての金額が対象となるわけではなく、葬式関連のお金でも相続税の控除にはならないものもあげられます。そのため対象にならない項目を把握したうえで、控除の問題について考えていくことも忘れないようにしましょう。

例えば相続税の控除の対象にならない項目としては、香典返しや喪主・施主負担分以外の供花や供物があげられます。さらに仏壇や暮石、墓地の購入や借入に関わる金額も対象外です。もちろん墓石の彫刻に関わる金額も控除の対象にはなりません。

また葬式の費用はOKでも、初七日以降の法事に関わる費用も対象にはならないという点を押さえておくようにしましょう。具体的にどのような項目が関わってくるのか理解していないと、思わぬところで損をしてしまう可能性もあります。正しい知識を得たうえで、適切に対応できるようにすることが大切です。

具体的に相続税の控除の対象となるかどうかの判断基準の1つが、葬式に関わる一連の内容に直接的に関わっているのかという点です。葬儀場の手配などに関する費用であれば、直接的に関わっていると判断できます。一方で香典返しというのは、直接関連する項目ではありません。また初七日以降も葬式には直接関わっていないので、制度の対象外になるという点を押さえておきましょう。

さらに火葬などは葬式に直接関わっていても、その後の仏壇や暮石の手配というのは直接関わる内容ではありません。このような違いを考慮したうえで、相続税から控除される費用なのかどうかという点を幅広く判断することが大切です。

また実際に誰が払うのか、具体的にいくらかかるのかなどの点を個別に確認していくことも忘れてはいけません。葬式に関するお金というのは、控除の対象になるかどうかに関わらずさまざまな項目が存在しています。そのような項目を1つずつ確認していくことで、準備を円滑に進めていくことにつながります。

故人が亡くなったばかりのタイミングというのは、冷静に対処するのが難しいというケースも多く見られます。そのような状況だからこそ、1つずつの項目を確認しながら準備を進めていくことが欠かせません。不明な点があれば葬儀場のスタッフなどに質問をして、正しい知識のうえで準備を進めていくことも忘れないようにしましょう。控除されるかどうかだけではなく、トータルの金額で考えていくこともポイントの1つです。

葬儀費用の控除制度を利用できない方

葬儀の費用が相続税の対象になるといっても、注意しなければならない点があります。その注意点の1つが、葬式に関わる費用を誰が支払うのかという点です。例えば葬式の費用を支払う方として、配偶者となる方も多く見られます。ここで注意が必要になるのが、配偶者控除の枠に関する問題です。相続税における配偶者控除の枠があれば、葬式に関わる金額が控除の対象になってもあまり意味がないというケースも見られます。そのため節税を考えるなら、配偶者以外が支払うのも1つの手です。

例えば配偶者ではなく、子供が葬式に関わるお金を払って相続税の節税を検討するという選択肢もあげられます。喪主だけが葬儀に関するお金を払う必要はないので、施主で分担することで相続税の控除制度の利用の形も変わってきます。節税について考えたいという場合のポイントになるのが、状況に応じて適切な選択肢は変わってくるという点です。節税を考えた選択肢を探りたいのであれば、専門家などに相談したうえで決めるのも1つの手です。

さらに葬儀費用の控除制度について考えていくときには、判断が難しい項目に関する確認も忘れないようにしましょう。例えば判断が難しい項目の1つが、親族の交通費や宿泊費になります。遠方に住んでいる親族がいるとき、交通費や宿泊費を家族側が負担するというケースも見られます。このとき親族間にそのような習慣があり、家族が支払わなければならない理由がある、そして妥当な金額だと認められれば控除の対象になるケースも見られます。

また会葬返礼品を用意するということもあるでしょう。このときの控除の対象になるかどうかは、実は状況に応じて違いが見られます。例えば会葬返礼品のほかに香典返しをしないのであれば、対象外という扱いになります。香典返しの代わりの返礼品という扱いになるので、対象外なのです。別に香典返しをしているのであれば、会葬返礼品に使った金額も控除の対象とすることが可能です。

葬儀の費用は遺族が出すのではなく、故人の凍結口座から引き出すという選択肢もあげられます。故人の財産は死亡通知後に凍結されるので、手続きが必要になります。具体的な手続きとその後の相続税に関する注意点などを確認したうえで利用するようにしましょう。また相続財産を葬儀のために1円でも利用した場合、その後の相続放棄などはできなくなります。もしもマイナスの財産が多くても、その分も含めてすべて背負うことになるという点を押さえておくことが大切です。

葬儀費用で相続税から控除できる??まとめ

葬儀費用で相続税から控除できる??

大切な人が亡くなった後、すぐに葬式のことを考えるは辛いという方もいるでしょう。しかし無視するというわけにもいかないので、大切な人との最期のお別れを検討していくことが大切です。そして最期のお別れの機会になる葬式を行うためには、お金がかかります。相場は数十万円~200万円になるので、人によっては負担が大きいというケースも見られます。負担を少しでも減らすために注目するべきポイントになるのが、相続税の控除に関する問題です。

実は葬儀に関わる費用というのは、相続税から控除される可能性があります。この制度を確認しておくことで、葬式にかかった費用の負担を減らすことができるかもしれません。

実際に控除について考えていくとき、1つ忘れてはいけないポイントがあげられます。そのポイントというのが、控除の対象となる項目を把握するという点です。基本的には葬儀に直接的に関わるお金全般が対象となります。葬儀場の使用料金や火葬などの費用は控除の対象です。一方で香典返しや初七日のお金というのは、葬式には直接関わっていないと判断されるので控除にはならないので注意しましょう。

初めての大切な人の葬式だと、お金に関する部分でよくわからない部分が出てくる方も多く見られます。そのようなとき冷静に対応することで、後から損をしたとわかって後悔するリスクを減らすことにつながります。正しい知識を得たうえで、問題なく対応できるようにしましょう。

正しい知識で対応するといっても、いきなりすべての項目について調べるのは簡単なことではありません。短い期間で準備に追われていると、控除のことを考える余裕がないという方も多くいます。そのような場合であれば、まずは基本的な内容を調べてみるのも1つの手です。基本的な内容を知っているだけでも、より良い形で対応しやすくなります。

心づけなどの費用は、領収書がなくても控除の対応になります。具体的にどのくらいの金額を支払ったのか、項目と金額をメモで残しておくことも忘れないようにしましょう。

また葬儀の費用と相続税の控除について不明な点があれば、専門家に質問することも大切です。税理士などに相談することで、状況に応じて適切なアドバイスをもらうことも可能です。葬儀場のスタッフも、ある程度相続税の控除に関する知識を持っているケースが多く見られます。そのため不明な点があれば、スタッフに質問をして対応するのも1つの手です。