葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】の支払い方法は??


葬儀費用の支払い方法は??

葬儀の支払い方法を尋ねられて即答できる人は多くないかと思います。

自分は葬儀と無縁と思っていても、1人でも身内がいるなら、突然支払う立場になることは十分にありえます。

そのときになって焦らないように、正しい方法を把握しておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、自分で調べるのは難しいケースが多いと思います。

周囲に経験者がいれば尋ねられますが、そのような相手がいないという人は少なくありません。

書籍なども支払いに関してはあまり触れていないことが多いです。

そのような事情があるので、この機会にしっかりと確認しておくと安心です。

そもそも葬儀にかかる費用を把握していない人が多く見られます。金額を知らないことが油断につながる場合もあるので注意してください。

たとえば数万円程度の少額であれば、支払の方法やタイミングに神経を使う必要はないと思う人もいるでしょう。

多少遅れても大きな問題にならないと考える人も見受けられます。

しかし実際には、費用は他のイベントの支払いと比べても決して少なくありません。

ある調査によると全国の平均は150万円以上になることが知られています。

それだけの大金なので、間違った方法で支払おうとすると大きな支障が出かねません。

遅れた場合もトラブルに発展する可能性があるので、そのような事態を避けるように正しい知識を身に付けておきましょう。

重要になるのは支払いのタイミングと種類をチェックしておくことです。

両方を正確に把握することが大事なポイントとなっています。

たとえば、種類を知っていてもタイミングを間違えると意味がありませんし、タイミングを知っていても種類を把握していないとスムーズに実施できません。

平常時であれば落ち着いて確認できますが、自分が喪主になると冷静な判断ができなくなる恐れがあります。

慌ただしいなかでも費用を抑えたいという心理が働いて、どうするのが正解なのか分からなくなってしまういます。

それどころか深い悲しみの中で、精神が乱れた状態が続いてしまうケースも珍しくありません。

ある程度そうなってしまうのは仕方がないことなので、自分が不安な状態だと自覚した段階で、業者に相談してみるのが得策です。

支払いに関してアドバイスをしてもらえることも多いので、困っている状況を素直に伝えてみてください。

そのような対処法があることも踏まえたうえで、以下に紹介する支払いの基礎知識を習得しておくと良いでしょう。

いつ葬儀費用を支払う??

多くの人にとって葬儀は何度も経験するイベントではありません。

特に自分が主催する側になることは、長い人生において1度か2度程度しかないのが普通です。

そのため支払い方法を把握している人は少ないですし、支払いのタイミングについて知っている人も多くありません。

せっかくお金を用意しても、タイミングが分からなければ気持ちが落ち着かない可能性があります。

遅れてしまうとマナー違反と見なされるケースもあるので注意しましょう。

葬儀は厳粛なイベントであり、他のイベントよりもマナーを守ることが重要です。

費用の支払いはお金が絡むことなので、とりわけシビアに考えておくのに越したことはありません。

少しぐらい間違えても問題ないと思っていても、自分の知らないところでマイナスに作用することもあるのです。

特に田舎の場合、葬儀でマナー違反があると高齢者などは目ざとく見つけてしまいます。

後々まで噂をされる恐れもあるので、お大袈裟かもしれませんが細心の注意を払ったほうが良いでしょう。

そう言われると不安になるかもしれませんが、事前に把握しておけば問題はありません。

正しいタイミングでスムーズに支払えば、それだけで株が上がる場合もあります。

ただの支払いだと甘く考えずに、的確にこなせるように準備をしておきましょう。

ただし支払い方の多様化が進んでいるので、上記の話が当てはまらないケースも多くなってきました。

支払い方の詳細は後述しますが、ここまでの話は厳禁を手渡しするケースだと考えておいてください。

そのうえで、支払の一般的なタイミングが存在することを理解して、具体的に知っておくことが大切です。

地域や業者によって異なる場合もあるので一概にはいえませんが、先払いをするケースは少なくなっています。

こちらも詳細は後述しますが、基本的には後払いであることを覚えておきましょう。

ただし後払いといっても、遅くなっても良いという意味ではないので気を付けなければなりません。

経済面の事情により支払いが困難な場合を除いて、すみやかに支払うことが求められます。

支払いが困難であれば扶助制度を利用するという方法もあるので、できるだけ早く業者に相談してみてください。

生活保護法をベースとして支給されますが、条件をクリアしている必要があるので、詳しく教えてもらわないと判断が難しい場合もあります。

以上のような実情があるため、支払うタイミングを十分に意識しておくことが重要です。

葬儀費用の支払いは後払い??

基本的には費用は後払いとなっています。

喪主が支払うのが一般的であり、葬儀が終わったら速やかに実施しなければなりません。

厳密な起源は業者によって違いますが、どれだけ遅くても1週間以内に行う必要があると考えておくと良いでしょう。

また、完全な後払いではなく、前金を支払う制度を採用しているところもありますし、その金額にもいろいろなパターンがあります。多くの場合は半額となっていますが、前金が必要と分かった時点で早めに問い合わせて確認したほうが良いでしょう。また、業者によっては葬儀完了後の即日払いを原則としているところもあります。

その場合は、お金を用意できていないと揉めることになりかねません。

支払い方法も確認しておき、スムーズに支払いを終えられるように準備をしておくことが大切です。

ただし、費用を簡単に用意できないケースがあるのも当然で、そのような事態になることを想定しているも少なくありません。

そのため早い段階で相談をしておけば、支払に猶予を持たせてくれるケースも見受けられます。

もちろん業者のスタンスによって結果は大きく変わりますが、困っているなら真摯な態度で頼み込んでみる価値はあるでしょう。

家族や近しい人が亡くなると、普段のように対応するのは難しくなるのが一般的です。

したがって後払いと知っても、期日に余裕があると思って油断しないでください。

葬儀の準備をしていると驚くほど早く時間が過ぎていくので、支払いのタイミングはすぐにやってくるでしょう。

そのときになって焦らないで良いように準備を進めておいてください。

また後払いが一般的とはいえ、先払いを採用している業者もあるので決め付けてはいけません。

経営状態が悪くて資金繰りが厳しい場合などに、これまで後払いだった業者も先払いに変更する可能性があります。

確率としては高くありませんが、急に先払いと分かると非常に焦ることになるでしょう。

そのため先入観を持たずに問い合わせておくことが不可欠です。特に注意が必要なのは生前予約をしているケースであり、この場合は前払いであることが珍しくありません。

参加者の人数などが事前に分かっているため、費用の見積もりもすでに出ていることが多いです。

全額でなくても基本料金に該当する分だけ支払いを求めらえることは十分にありえます。

もちろん生前予約であっても後払いのケースもあるので、いずれの場合も事前に確認しておくことがポイントです。

葬儀費用の支払い方法の種類は??

葬儀費用には複数の支払い方法があるので、指定されたなかから都合の良いものを選択すると良いでしょう。

昔から最も一般的なものとして現金での支払いが挙げられます。

慣習的に手渡しが当たり前になっている地域もありますが、銀行振り込みに切り替える業者も多くなっているのが実情です。

いずれにせよ現金以外の支払いを認めてないケースも見受けられるので、しっかりと事前に確認しておくことが欠かせません。

手元や口座にすぐに準備できるのであれば、現金払いを選択するとスムーズに進みやすくなります。

しかし実際には、お墓の購入や病院からの請求、遺品整理などで多くの費用が発生してしまいます。

そのため、現金が不足してしまうことも多いので予算を踏まえたうえで検討しましょう。

手渡しを選択するなら、基本的に封筒などに入れておく必要はありません。法要で僧侶に渡す場合と混同しないように注意してください。

銀行から引き出したままの状態でも問題はありません。
世の中のキャッシュレス化が進むにつれて、クレジットカード払いに対応する業者も多くなってきました。

その場合は普段のショッピングと同じ感覚で利用できるので非常に便利です。

一括払いの他に分割払いやボーナス払いもあるので、自分の収入を計算したうえで選択すると良いでしょう。

クレジットカードによってはポイントが貯められることも見過ごせません。

多額の出費になるのでかなりのポイントがつくことを期待できます。

一方、金額が大きいと利息も膨らみやすいので、分割を選択するときは注意しなければなりません。

さらに、利用限度額に引っかからないかチェックすることも大事です。

足りない場合は枠を一時的に広げておく必要があります。すぐにはできない場合もあるので、早い段階でクレジットカードの発行会社に問い合わせおくことが大事です。

その他の支払い方法としてはローンが挙げられます。お金を用意するのが難しい場合は、業者が提携している金融機関のローンを利用できる場合があるのです。

即日審査を実施しているケースが多いので、基本的には進行の妨げにはなりません。

ただし返済について計画を立ててから申し込まないと、後で困ることになりやすいので用心してください。

また、コンビニでの決済を行える業者も徐々に増えてきています。

コンビニまで行く手間がかかりますが、土日や休日でも支払えることが大きなメリットです。仕事で忙しい場合などに選択すると良いでしょう。

葬儀費用の支払い方法まとめ

葬儀費用の支払い方法は??

以上のように、葬儀費用の支払いについては一般的な方法とタイミングがあります。

それを知らないからといって必ずしも困るわけではありません。

しかし家族や近しい人が亡くなった場合、行わなければならないことが山のように発生します。

ややこしい手続きもありますし、相続の問題が起こるケースも珍しくありません。

つまり非常に慌ただしく多くのことをこなす必要があり、その状況で支払い方法のことまで考えている余裕を持つのは困難です。

すべてが終わってから間違っていたと気付いて後悔する人も見受けられます。

粗末な対応をしてしまうのは喪主として避けたいところです。

故人に対する誠意を示す意味でも、支払いはスマートに行えるようになっておくのが望ましいです。

心がけ次第で十分に可能なことなので、プレッシャーを感じる必要はありません。

他の支払いであれば、何度もこなすうちに要領をつかんで慣れてきます。

最初は手間取っても、10回もこなせば問題なくこなせるようになるでしょう。

しかし葬儀は経験する機会が少ないですし、地域などによってもスタイルが異なることも多いです。

そのため、たいていの人は経験や知識が不足した状態で臨まなければなりません。

せめて後払いが基本であることを覚えておきましょう。

ただし前払いのケースもありますし、前金を求めてくる業者も存在するので確認を欠かしていけません。

大金を用意するのが難しい場合もあるため、できるだけ早めに準備に取り掛かるようにしましょう。

普通の精神状態でないことが多いので、トラブルを避けることを意識して対策しておくことが重要になります。

単純にお金を用意するのではなく、その先のことまで考えておくことが大事です。

支払い方法の種類の中で、自分に合っているものをチェックしておきましょう。

クレジットカードで支払う人が増えているので、自分もそうしようと思う人が多く見受けられます。

その方法を選択するなら、自分のカードが対応しているのか確認することも忘れてはいけません。

業者の支払いのフォームに書かれているのが一般的ですが、記載が見つけられなければ電話やメールで問い合わせてみましょう。

もちろん他の種類を選ぶ場合でも、疑問があればできるだけ早く尋ねることが欠かせません。

とにかく先手で動いていくことが、支払に関するトラブルの回避につながります。安心した状態で支払いを行えるように、今回紹介した内容をしっかり理解しておきましょう。