葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】の積立とは


葬儀費用の積立とは

葬儀費用の積み立ては、冠婚葬祭関連の企業が提供する制度によるもので、一般的には互助会の形で取り扱われています。

色々費用が大きくなる冠婚葬祭に備えて、常日頃からお金を少しずつ増やしていくのが特徴です。

また、月々数千円からと手頃だったり、回数が決まっていて長期的に積立てる仕組となっています。

このような会員独自の仕組みは、経済産業省の許可を受けた事業者のみが提供可能です。

現在提供している事業者は約300ほどで、全国でサービス提供が展開しています。

基本として、葬儀費用は選択するプラン、活用するサービスやオプションによって、必要な金額が変わってきます。

その為、積立自体にも選べるプランがあって、複数の選択肢の中で選ぶことになります。

見た感じでは保険のイメージに近いですが、いわゆる共済でもないので、もし満期になっても解約して預けたお金の100%以上を受け取るのは難しいです。

貯金でもありませんから、利息に期待してお金を預けるのでもないことに留意が必要です。

これは、貯金箱に毎月一定貯金をする認識が正解に近いといえます。

ご自宅でタンス預金をするのと何が違うのかと思いがちですが、お金の管理を任せることが出来たり、必要に応じて直ぐサービスが受けられるといった点が異なります。

投資ではないので、増やすことを目的に預けたりはできませんが、いつかやってくる葬儀に備え、堅実に費用を準備しておけるのは心配ありません。

タンス預金だと、うっかりして他の用途に使ってしまうなど、紛失や盗難に遭うリスクがあります。

貯金箱も同じリスクが懸念されますし、壊さないと中身が見られない場合は、そもそも計画通りに積立出来ているのか不明です。

誰かに預けて葬儀の準備をする方法は、信頼できる相手を選ぶ必要はあるものの、透明性の高い費用の準備が実現します。

だからこそ、冠婚葬祭事業の企業は各社共に力を入れて、選びやすい多様なプランを考えて提案を行っているわけです。

どんな人でも十分に預金ができているとは限りませんし、葬儀本番を向かえた時に、お金が足りない事実に気が付くこともあり得ます。

そのような事態を発生させない為にも、万が一の状況を想定してお金を準備することが大切です。

自身が預金口座を管理したり、投資に取り組んで増やす方法もありますが、いずれ年齢によってお金の管理が難しくなる時が出てきます。

その場合を想定すると、身近な人にお金を任せるのが現実的ですが、身寄りの有無や対人関係の問題といった壁が立ちはだかることが考えられます。

企業が提供を行う積立は、こうした問題やしがらみがなくて、誰にとっても選びやすく利用の検討に値します。

葬儀費用が積立できる互助会とは??

葬儀費用の積立が可能な互助会は、名前の通り助け合いの精神に基づく取り組みのことで、冠婚葬祭のお金を積立てる仕組みのことです。

このようなサービスは全国に沢山ありますが、毎月の負担が現実的で少なく、一定期間お金を支払うだけで良いのがポイントです。

お金を預かる事業者は、経済産業省の許可を受けていますから、お墨つきがあって信頼できます。

預けたお金は厳格に管理されますし、万が一事業者の経営が難しくなっても、国による保全があるので安心です。

互助会によっては、他のサービスと協力することで、片方のサービス継続が難しくなっても、もう片方が引き継ぐといった工夫を行っています。

葬儀の互助会は、満期の人を対象に割引を提供したり、会員特典がつくというようなサービスもあります。

費用は月々数千円程度ですし、入会した当日からサービスを利用できるケースも珍しくないです。

小さい負担で大きな恩恵が受けられますから、葬儀の費用を積立てる互助会は注目を集め、人気が高まっている傾向です。

毎月決まった金額を支払い、満期になることで葬儀サービスが受けられるので、お得感があって安心感も得られます。

景気の動向や物価に左右されにくく、加盟店ならどの地域でも利用できるといったサービスが多いです。

サービスの提供に安定感があって、賢く堅実に費用が積立てられますから、互助会が人気なのも頷けます。

もし満期の前に加入者が亡くなってしまっても、差額分を支払えば葬儀が執り行えます。

しかも、電話1本で対応する事業者が殆どですから、スピーディーに準備を始めたり進められます。

事前に何の備えもないと、冠婚葬祭を問わず、急な事態の発生に対応できなくなります。

冠婚葬祭は最低でも数十万、大抵は数百万規模の費用が掛かるので、貯蓄もないとなれば大変です。

しかしお互いが助け合う会員サービスに入会すると、お金の心配がなくなるので、突然もしもの状況が発生しても冷静に対応できます。

積立は保険や共済ではないので、基本的に払い戻しはなく、利子もつかないことは念頭に置いておく必要があります。

返金という形で預けたお金を受け取れなくはありませんが、手数料が発生することに留意すべきでしょう。

解約による返金を想定していない事業者もいるので、スムーズに解約を行ったり返金可能かは相手によります。

つまり、利子に期待したり投資商品のような使い方はできませんが、冠婚葬祭の出費に備えられる点は優れていて魅力的です。

葬儀費用が積立できる互助会のメリット、デメリット

葬儀費用の積立を行う互助会のメリットは、物価の変動に強くて契約時の内容が変わりにくい点が挙げられます。

保険や共済だと、物価変動に合わせて契約内容を見直すケースがありますが、こういう心配がないのは間違いなくメリットです。

契約開始からの期間で安くなることもありませんが、逆に値上がりの恐れもないのは安心に繋がります。

満期になれば割引が受けられたり、提携するお店が割引で利用できるなどの特典もあります。

貯蓄ではないですが、毎月決まった金額を積立として預けるので、お金の管理が難しい人に適しています。

銀行預金は、預ける金額が大きかったり期間が長いと利子がつきますが、いざ葬儀となってもお金を引き出せるとは限らないです。

それは故人の口座が凍結されるケースの問題で、貯蓄で積立てた葬儀費用が引き出せなくなるトラブルが懸念材料です。

家族が名義人の死亡を伝えなければ凍結は避けられますが、何処からか伝わって凍結されることもあるので要注意です。

その点、互助会なら凍結そのものが存在しませんし、葬儀が必要となれば速やかに手配が行われます。

互助会の運営する斎場が使えたりするので、手続きが簡単に済んだり、質の高いサービスを受けられるメリットがあります。

一方のデメリットは、満期になっても利子がつかず、預けたお金以上の払い戻しは受けられないことです。

むしろ、解約しようとすると手数料が発生しますから、保険や預金感覚で利用することはできないです。

提供サービスが希望に合えば問題ないですが、気が変わったり解約を行う可能性がある場合は、念入りに検討を重ねた上で入会を決める必要があるでしょう。

互助会運営の斎場が利用可能な点には、手配がスピーディーでサービスの質が高いメリットと共に、斎場の選択肢が限られるデメリットがあります。

互助会は民間の事業者が提供するものなので、経営にトラブルが起こればサービス提供が難しくなります。

そうした場合、気になるのは預けた積立金ですが、少なくとも半分は保証されることになっています。

言い換えると半額は失う恐れがあるので、そのリスクをデメリットと捉えることができます。

中途解約も不可能ではないですが、当然ながら全額は返金されないことに注意しましょう。

経営の安定性や積立の信頼性は、サービスの提供を行う事業者で違ってきます。

全国規模の事業者なら、実績と合わせて比較的信頼性は高いでしょうが、それでも絶対というものはないので、長期的な視点で比較検討を行うことが必要になります。

葬儀費用の積立方法ポイント

葬儀費用を積立てる上でのポイントは、将来的にいくら掛かるかを想定して、毎月の金額を算出することにあります。

継続的に一定期間、それも5年10年単位で積立ていくので、無理のない計画性と、確実な目標の実現を目指すことが重要となります。

大まかな計算で実際に掛かる費用と誤差が大きいと、葬儀になった際に費用が大幅に足りなかったり、金策に走る必要が出てきたりします。

加入者本人はこの時既に亡くなっているので、苦労をするのは残された家族などの人達です。

家族や周りの人に迷惑を掛けず、葬儀に集中してもらうためには、お金の不安や問題を残さないことが大前提です。

互助会はお金の問題を解消する現実的な選択肢ですが、葬儀本番で必要な費用を確実に賄えることが不可欠です。

そう考えると賢い選択のポイントが見えてきますし、何が大切か明確になります。

葬儀にはいくつかのプランがあって費用が異なるように、互助会でも選択肢が用意されています。

手頃な積立のプランを選べば、毎月の負担は小さく抑えられますが、肝心の本番でお金が不足する恐れが出てきます。

これは選択ミスによって生じるトラブルですから、最初に一般葬や家族葬などを決めておき、掛かるお金を算出して最適な積立プランを選ぶことが重要です。

できれば少し余裕を持たせて、不足するよりも余るくらいのつもりでサービスの利用を始めるのが得策です。

銀行口座やタンス預金、貯金箱に少しずつお金を貯めるやり方もありますが、これらはいずれも一長一短です。

銀行預金は万が一の際にお金が引き出せなくなること、タンス預金は紛失や盗難、消失といった懸念が拭えないです。

貯金箱は気持ちの変化で貯金額も変わってくるので、計画通りにお金を貯められるかはその人次第です。

株やFXなどの投資は現金化の手間がありますし、金地金のような実物資産も換金が必要となります。

どのような形で積立てるかは自由ですが、どれも一筋縄ではいきませんし、ベストな選択肢があるかは疑問です。

ただし互助会は別で、選択を間違わなければ安心してその時に備えることができます。

金額が手頃なプランは、毎月の出費が抑えられる代わりに、支払う期間が長くなる傾向があります。

反対に1ヶ月あたりの負担を増やせば、その分早く払い終えられます。

しかし、月々の負担を減らせる互助会なのに、負担が重たく感じては本末転倒ですから、無理なく支払える金額のプランを選ぶことが肝心です。

葬儀費用の積立はできる?互助会や方法についてのまとめ

葬儀費用の積立とは

葬儀費用の積立は可能かどうかといえば、互助会が有力かつ現実的な答えとなります。

実際に掛かる費用は選択するプランやオプションによりますが、一般葬だと100万や200万は掛かります。

それと、仏壇仏具などは別ですから、改めて葬儀の費用的な負担の大きさが窺えます。

預金をしたり株、FXで投資して積立てる手もありますが、葬儀費用の積立を目的とした利用には不向きです。

というのも、故人の銀行口座は凍結のリスク、株やFXは現金化の手間と手数料が発生するからです。

実物資産も換金が必要になりますし、相場の状況で受け取れる現金の額が変わってしまいます。

互助会は入会時にプランを選び、一定金額を決まった期間だけ支払うのみです。

解約を除き手数料は発生しませんし、凍結の恐れや換金の手間もないので楽々です。

葬儀の際は直ぐに斎場が手配されますし、満期の前で費用が足りなくても、差額を支払えばそれでOKとなります。

斎場の利用に割引が適用されたり、加盟店の利用がお得になるなどの特典も用意されます。

満期になっても利子がつかないことや、解約や払い戻しが受けにくいなどのデメリットはありますが、トータルではメリットが上回ります。

注意点を挙げるとしたら、事業者による互助会のサービス継続が難しくなる可能性が存在すること、保証されるのは預けたお金の半分などです。

ただ、複数の互助会が協力して万が一に備えていたり、保証は最低でも半分以上が対象となっています。

一度契約内容を確認して入会を決めてしまえば、後は毎月一定金額のお金を支払うだけで済みます。
期間は長めですが、いずれは全額を支払い終えて満期を迎えます。

満期だからといって利子はもらえませんが、斎場が利用できたり、必要な手配が行われる権利が受け取れます。

高額な出費が発生する状況に対して、お金の面の心配がなくなるわけですから、それだけでも十分に魅力があります。

銀行預金だと、計画性を持ってお金を預ける必要があるので、ついつい誘惑に負けてお金を使ってしまう人には向かないです。

投資は資産を損ねる恐れがありますし、現金化が必要な時に必要な金額が受け取れる保証はないです。

ところが、互助会は最初に目標を定め、物価の影響を受けない形で毎月積立てられます。

積立の安定性においては、他の方法と比べて一線を画しますから、やはり現実的な方法として検討に値するでしょう。

ちなみに、サービスの性格が似ている葬儀保険は、入会からサービス提供開始までに一定期間が設けられていたり、保険金が課税対象などの違いがあるので気をつけましょう。