葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

知らないと損!?葬儀費用の払い方と目安について


知らないと損!?葬儀費用の払い方と目安について

一般に、葬儀費用は高額になりがちです。

とはいえ、通常は葬儀を執り行う経験自体があまりないため、どう支払えばよいかよくわからない人も多いでしょう。そこで、ここでは葬儀費用の払い方について詳しく説明します。この記事を読めば、葬儀後に慌てずにすみますよ。

葬儀費用の目安は150万~200万円といわれています。

もちろん、これは家族葬か一般葬か、親族のみで行うのかたくさんの参列者がくるかなどによって異なるものです。

しかし、一応の目安になるでしょう。

この金額には、葬儀そのものにかかる費用のほか、参列者への飲食接待費、寺院など宗教関係者への支払いなども含みます。

お墓がない場合は、このほかにお墓を準備するために費用も必要です。人がひとり亡くなると、想定外に大きな費用がかかることがわかります。

お葬式が終わった後、数日以内に一括で支払うよう求められることが一般的です。契約時に前金としていくらか渡し、残金を葬儀終了後に払うというところもあります。

支払い方法は手渡ししか認めないところもありますし、指定の銀行口座に振り込みを求められることもあります。

どちらの方法になるかは、事前にしっかり確認しておきましょう。なお、葬儀費用を手渡しで払う場合、目の前で葬儀社の担当者に確認してもらって必ずその場で領収書を受け取ることが大事です。

とはいえ、150万円ものまとまったお金を急に支払えといわれても困る家庭も多いでしょう。

そこで、近年はクレジットカード払いや分割払いに対応してる葬儀社も増えています。

クレジットカード払いであれば、多額の現金を持ち運ばずにすむため安心です。

ただし、分割払いにすると大きな利息が発生するので注意しましょう。

可能であれば、利息のつかない1回払いがおすすめです。

また、葬儀社が信販会社と提携していてローンを組んで払えるケースもあります。

クレジットカードと同様、あまり支払い回数を多くすると利息も大きくなりますので注意しましょう。

知らないと損!?葬儀費用の払い方と目安について