葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】のクレジットカード払いについて


葬儀費用のクレジットカード払いについて

大切な人が亡くなった後、即次のことを考えるのは簡単なことではありません。

しかしながら悲しんでいる間にも時間は過ぎていくので、葬式の準備等進めていかなければならない点が多くなります。

ここで問題になるのが、葬式における費用の負担に関した点です。

葬儀というのは、一般的な買い物とは異なるものですから支払い方法も含めて知らない点が多いという方もいるでしょう。

その為に支払い方法も含めて、幅広く考えていくことが重要です。

基本的に葬式を行う場合、費用の負担としてはいくら位の額になるのでしょうか。

具体的な金額に関してのポイントは、葬儀の規模などにおいても異なります。

例えるなら一番安いプランとなるのが、火葬のみを行う直葬という葬式のスタイルです。

お通夜や告別式等は行わずに、火葬のみなので料金を安く抑える事が可能です。

この形式の場合であれば、20~40万円程度が支払い相場となります。

一方お通夜を行わずに告別式と火葬のみというスタイルにするケースも見られます。

お通夜を行わないことで、1日のみで葬式です。

親族や近しい人のみの参列になるので、規模も小さめで済むという特徴もあげられます。

実際に一日葬を行う場合には、費用相場が40~60万円ほどです。もちろん目安なので、利用する葬儀場などによっても条件は変わってくるという点を押さえておきましょう。

さらに家族葬を想定している場合には、費用相場が80~100万円となっています。

親族や親しい人のみで行うスタイルで、お通夜と告別式の両方が行われます。

そして一般的なお葬式を行う場合は、相場は100~120万円になります。

参列者の数が多いのであれば、葬儀だけで200万円以上かかることもあります。

相場を理解したうえで、お通夜や告別式などをどのようなスタイルで行っていくのが適しているのか考えていきましょう。

このとき親族などと相談して決めることも無視できません。

火葬のみで費用を抑えられる選択肢を選んでも、葬儀については20万円以上かかることになります。

20万円以上の費用負担となれば、一括で現金払いは厳しいという方もたくさんいます。

そこで注目するべきポイントが、どういった支払い方法が用意されているのかという点です。

実は現金で支払うのではなく、クレジットカードで払うという選択肢もあります。

実際にクレジットカードが利用できると言っても、どのような形で利用できるかは葬儀社によっても異なります。

そのため現金以外の支払い方法を検討している場合には、最初にどの様な選択肢があるのか調べるところから始めましょう。

またクレジットカードが使用できる場合でも、一括ではなく分割などの選択肢が用意されているか確認しておくことも必要です。

1つ注意が必要なのが、葬式に必要なお金の全体で考えていくという点になります。

葬儀社への支払いはクレジットカードが利用できても、心づけのためのお金等は別になります。

また墓地や墓石の購入等、状況に応じた支払い方法の情報収集が必要です。

大切な方が亡くなったばっかりのタイミングだと、お金のことを考える余裕はないかもしれないですね。

ですが後から苦労しないようにするためにも、きちんと情報を集めて利用しやすい支払い方法を選ぶようにしましょう。

葬儀費用はクレジットカード払いはできる?

葬儀費用を考えていくときに人々が気になる点の1つが、誰が料金を支払うのかという点です。規模が大きく100万円以上の負担が必要な場合には、支払うのが厳しいという方も多くいます。そこでどのような形で支払っていくことになるのか考えていくことが大切です。

一般的に支払いを担当するのは、喪主の方になります。故人の配偶者や長男などが喪主を担当するケースが多くなっています。ただし経済的な理由で、喪主が全額を負担するのが難しいという場合もあるでしょう。そのような場合には、喪主が一人で負担するのではなく兄弟や姉妹などで折半するのも1つの手です。折半する場合には、個々の状況を考慮してそれぞれが納得できる形で負担を分担していくことが大切です。

実際に葬儀の費用の支払いを考えていくとき、数十万円ということになると現金で支払うのが難しいということもあるでしょう。そのような際に人々が気になるポイントになるのが、クレジットカードでの支払いが可能かという点です。結論からいうと、クレジットカードが使える場合もあるという状況になります。

実は葬式の費用の支払いでクレジットカードが利用できるかは、利用する葬儀社によって対応が異なります。カードでの支払いを認めているところもあれば、非対応というケースも見られます。そのため実際に業者を利用したい場合には、最初にカードでの支払いに対応しているのか確認しておきましょう。最初に確認しておくことで、後からカードが使えないとわかって焦るリスクを減らすことにつながります。

またクレジットカードが使えるかどうかだけではなく、対応しているカードの種類の確認も欠かせません。特定のブランドのカードしか対応していないということもあるので、個別に確認しておくようにしましょう。不安な点があれば、直接確認をしておくことも大切です。事前に確認してから利用することで、問題ない形で業者を利用しやすくなります。

実際にクレジットカードを利用したいときには、一括や分割、さらにはリボ払いなどに対応しているか確認しましょう。分割などに対応していないと、一度に負担する必要があるので後から支払いに苦労する可能性もあります。さらに分割払いにするときには、月々の負担額で無理のない金額を選択することも忘れてはいけません。

ほかにも注意が必要な点の1つが、クレジットカードにおける限度額を確認しておくという点です。月の支払い限度額が50万円だとしたら、60万円の葬儀代を支払えなくなってしまいます。限度額を超えてしまいそうな場合には、カード会社に一時的に限度額を引き上げてもらうのも1つの手です。

注意が必要になるのが、葬儀社がクレジットカード払いに対応していても、お寺への支払いは別になるという点です。お寺に払う読経料などには現金で払う必要があるというケースも多く見られます。そのような点も含めて、具体的にどのくらいの額になるのか確認していくことが大切です。

カードを使って支払えるお金と、対応していない費用を1つずつ整理していきましょう。またすべて喪主が負担するのが、兄弟で折半するのかという点を確認していくことでトラブルを防ぐことにつながります。

葬儀費用その他の支払い方法

利用する葬儀社によっては、費用をクレジットカードで支払うことも可能です。ですがカードでの支払いに絞って考えていくのではなく、ほかの選択肢を把握しておくことも大切です。環境にもよりますが、現金やクレジットカードでの支払い以外にも、複数の選択肢が用意されているケースも見られます。具体的な選択肢を把握したうえで、適切な払い方を考えていくことも必要です。

例えば利用できる選択肢の1つに、分割やローン払いがあげられます。分割やローンの場合であれば、葬儀会社と提携しているクレジット会社と契約をすることになります。提供されている葬儀ローンというものに申し込んで、審査を通過することで分割払いができる仕組みになっています。36回払いにできることもあるので、月々の負担額を減らすことが可能です。

ローンを利用するメリットの1つが、クレジットカードを持っていない方でも利用しやすいという点です。ただし分割・ローン払いの場合には、手数料や年利が支払いの回数によって変わってきます。安易な気持ちで契約するのではなく、事前に確認しておきましょう。確認を怠ると、契約してから年利が高いなどの点に気が付いて後悔するケースも多いので注意が必要です。

そして葬儀費用の支払い方法には、先払いや後払いという形式も存在しています。実際に葬式の手配をするといっても、故人が生前予約をしているというケースも存在しています。故人が生きている間に予約をしていて、お金も先に払っておくというシステムです。生前予約をしておくメリットの1つが、先に形式や必要なものなどを決めておけるという点です。また故人の希望通りのものにしやすいだけではなく、追加料金も発生しにくくなっています。

一方で後払いの場合には、葬儀が終わった後に現金もしくは銀行振り込みなどの方法で支払う仕組みです。100万円以上かかることもあるものだからこそ、銀行振り込みのスタイルが選ばれるケースが多くなっています。そして現金もしくは銀行振り込みの払い方というのが、葬儀費用において最も一般的な方法という点を押さえておきましょう。実際に払う期限は、葬儀が終わってから1週間~10日になります。期限は利用する業者によって異なるので、個別に確認しておくことが大切です。

後払いにするメリットの1つが、香典を費用の一部として使うことが可能だという点です。参列者の数が多い場合には、ある程度のまとまった金額の香典が集まる可能性もあります。その費用を支払いにあてることで、金銭的な負担を減らせるかもしれません。ただしその後の香典返しなども必要だという点を押さえておきましょう。

最近ではクレジットカードが利用できる業者が増えているものの、全体の割合としては少なめになります。別の支払い方法を把握したうえで、どのような形で必要なお金を用意していくか考えていくことも欠かせません。

また生前予約のスタイル以外でも、故人の財産から費用を用意するという選択肢も存在しています。その選択肢というのが、故人の財産から払うという方法です。財産がある場合には、故人の口座からお葬式のための費用を引き出して利用することも可能です。

葬儀費用はクレジットカード払いできるのか??のまとめ

葬儀費用のクレジットカード払いについて

大切な人が亡くなった後、葬式のことを考えたくてもお金のことが心配という方も多く見られます。一括での支払いが難しければ、クレジットカードで分割にして払えるのかなどの点を検討していくことも必要です。費用の負担を減らすために、どのようなポイントがあげられるのか考えていきましょう。

実際にお金の問題について考えるときに大切なのが、葬儀にはどのくらいの金額がかかるのかという点です。必要な金額というのは、形式などの点によっても異なります。例えば一般的な葬式を行うのであれば、100~150万円ほどかかるというケースが多くなっています。一方で火葬のみのお通夜や告別式も行わないものにするならば、20~40万円が相場です。相場や状況を考慮しながら、どのような形式のものにするのか考えていくことが大切です。

また葬儀費用を考える場合には、誰が支払うことになるのかというのもポイントの1つです。一般的には配偶者などの喪主が費用負担をすることになります。ただし喪主が支払うのが難しいという場合には、親族などで折半することも可能です。折半する場合には、親族間で話し合ってどのように負担をわけあうのか考えていくようにしましょう。

そして実際に葬儀費用の支払いを考えていくとき、クレジットカードが利用できるケースも見られます。ただしカードが利用できるといっても、対応しているかどうかは利用する葬儀社によっても違いがあります。カード払いを利用したいと考えているのであれば、事前に葬儀社に確認することを忘れないようにしましょう。

またクレジットカードを利用するとき、支払い方法が選択できる仕組みになっています。一括だけではなく、分割やリボ払いなどにも対応しています。それぞれの方法の特徴を理解したうえで、自分に合った選択肢を選びましょう。1つ注意が必要になるのが、利用限度額の問題です。利用限度額をオーバーすると、支払いに利用できなくなります。カード会社に交渉して、一時的に限度額を変更してもらうというのも1つの手です。

クレジットカードに対応している葬儀社が増えているといっても、非対応のケースが多くなっています。現金や銀行振り込みのみの対応のケースも多いので、個別に確認していくようにしましょう。また分割・ローンに対応しているケースも見られます。分割・ローンの場合なら、クレジットカードを持っていない方でも1ヶ月あたりの負担額を減らすことにつながります。

ほかにも先払いや後払いなどの支払い方法も存在しています。先払いの選択肢というのは、故人が生前予約をしていたケースに適応されるものです。遺言などを確認して、生前予約の有無を最初に確認しておくようにしましょう。

また葬儀の費用をクレジットカードで支払えるといっても、非対応のお金も多くあります。お寺に払うものは現金対応のみという場合もあるので、個別の確認も欠かせません。具体的にどのような方法に対応しているかは、利用する業者や項目によっても異なります。個別に確認していくことで、トラブルを防いでより良い形で利用することにつながります。不明な点があれば業者側に問い合わせることも大切です。