葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用の一覧、内訳


葬儀費用の一覧、内訳

葬式にはお金がかかるというイメージを持っているものの、具体的な葬儀費用がどのくらいになるのか理解していないという方も多くいます。全体でかかる金額を理解していなければ、一覧で考えていくのが難しくなります。そこで最初に確認するべき点となるのが、相場です。平均的な価格である相場を把握したうえで、費用の工面方法など次のステップへと進んでいくことが大切です。

実際の葬式全体にかかる金額は、平均で200万円前後となっています。ただし葬儀のお金を考えていくといっても、状況によって必要となる金額は変わってきます。葬儀の形式や規模、さらには地方の習慣などさまざまな要素によって費用には差が出ます。規模などさまざまな視点で考えたうえで、状況に応じてどのくらいの費用が必要になるのか考えていくようにしましょう。

また最近の葬式では、身内の少人数だけで行われる家族葬や火葬式も人気を集めています。特に火葬式では、お通夜や告別式も行われずに火葬のみというスタイルです。火葬のみという形式になるため、費用を抑えられるというのがメリットの1つです。

平均で200万円といわれると、高いと感じてしまう方も多くいるでしょう。実際に葬儀会社のホームページなどをチェックすると、30万円のプランなども見られます。しかし30万円のプランに申し込んだつもりの方でも、最終的には4倍以上の価格がかかるというケースも見られます。そのような状況になってしまう理由というのは、最低限の葬式のみを行う金額になっているからです。さまざまなオプションなどをつけていくことで、費用が高くなるという点を押さえておきましょう。

実際に葬式の費用を考えていくときには、一覧を確認して内訳をチェックするのも1つの手です。内訳の項目を1つずつ把握していくことで、どのような点にお金がかかるのか把握することにつながります。お金をかけるべき点とそうではない点を整理して、より良い形で葬式を行えるようにすることも大切です。

まず葬式で必要なお金の項目の1つが、寺院に支払う金額です。寺院の規模などによっても変わってきますが、50万円以上これだけでかかることもあるという点を押さえておきましょう。次に内訳の多くを占めるのが、飲食接待費用になります。飲食接待にかかるお金は、参列客の数などによっても条件は変わってきます。多くの参列客がいるなら、その分だけ飲食のために必要な金額は高くなります。

また飲食費については、お金がかかるだけだから必要ないと考えてしまう方もいます。しかし飲食費を0にしてしまうと、待合室でお茶やせんべいなども何もない状態になるという点を理解したうえで判断することも忘れてはいけません。

さらに近所の人などに手伝いに来てもらう場合であれば、心づけが必要になるという点も押さえておきましょう。心づけはチップのようなもので、お世話になった度合いや関係などを考慮して金額を決めることが大切です。目安としては世話役には5000~10000円で、近所の手伝いの方には2000~3000円となっています。

そして葬儀にかかるお金の内訳には、寝台車や遺体の搬送費、ドライアイスなどのお金も忘れてはいけません。特にドライアイスなどの場合には、基本的プランとは別にオプションとして設定されているケースが多くなっています。1日あたり1万円という形で使われることが多いので注意が必要です。

実際に葬儀に必要なお金の内訳といっても、さまざまな項目が存在しています。初めての喪主などの場合には、どのような内訳があるのかわからないということもあるでしょう。1つずつのポイントを確認していくことで、より良いお金の使い方をすることにつながります。

葬儀費用の一覧、内訳

儀にかかる費用を一覧で考えてみると、さまざまな項目が関係してくることがわかります。1つずつのお金の使われ方を把握することで、全体の費用についてより深く理解していくことにつながります。

例えばお通夜や葬式を行うときにまず必要となるのが、式場使用料です。この式場使用料は、利用する葬儀会社などによっても異なります。個別に確認しておくことを忘れないようにしましょう。そしてお通夜などの準備には、裁断をセッティングすることになります。このとき白木祭壇か花祭壇か好きなほうを選ぶことが可能です。造花もしくは生花の種類や数が異なることで、費用にも反映されるので注意が必要です。

実際にお通夜や葬式の場では、遺影写真の準備も必要になります。さらに受付用品や焼香具にもお金がかかります。例えば受付用品であれば、筆記具や記帳用紙、貴重品袋などを用意します。一方で焼香具の費用には、線香やろうそくなどが含まれるという点を押さえておきましょう。式場で音響や照明設備を検討しているという場合は、別途お金がかかります。備え付けの場合の設備であったとしても、有料というケースが多いので必ず確認しておくことが大切です。

式場内の準備だけではなく、会場外のセッティングでもお金がかかる部分があります。例えば参列客の案内として、看板を立てるケースも多く見られます。そして室内に十分な受付スペースなどが確保できないときには、屋外にテントを設置するかもしれません。そのためにも別途お金がかかるという点を理解しておきましょう。

費用の一覧を考えていく場合では、参列客の移動について検討していくことも欠かせません。現地集合にしたくても、遠方から参加する人が多くて駅からも遠い場所だというケースもあるでしょう。そのような場合であれば、バスやハイヤーを手配するのも1つの手です。バスやハイヤーを手配することで、駅からの移動手段や足腰が弱っている高齢者なども参列しやすい環境を作っていくことにつながります。

また棺を運ぶ際には霊柩車が必要です。この霊柩車にも別途お金がかかるということを忘れてはいけません。1つ注意が必要になるのが、運送する距離が長いほど霊柩車はお金がかかるケースもあるという点です。病院から葬儀場への移動も含めて、どのようなところで葬儀を行うのかなどの点を考えていくことも大切です。

火葬料も葬式のための費用と別に考えていくべきポイントの1つです。そして火葬場に行く場合に注意が必要なのが、どのくらいの人数が行くのかという点です。火葬には1~2時間かかるものですが、待合室は別にお金がかかるケースも見られます。特に10名以上の場合には、待合室を利用する場合があるので注意が必要です。

葬式において寺院にかかる費用としては、平均で50万円近くかかるケースが多くなっています。読経料だけでも、お通夜から初七日までの金額で20~25万円ほどかかります。そして戒名料の相場は5~10万円です。一方でお布施のための金額の相場は、20~50万円になります。ただし読経や戒名が不要という場合には、必要な金額を節約することも可能です。状況に応じて考えていくことも忘れないようにしましょう。

このように葬儀費用を考えていくといっても、一覧にするとさまざまな項目が存在していることがわかります。ほかにも飲食費など必要な項目があるので、個別に確認していくことが大切です。ですが大切な人を亡くしたばかりだと、冷静にお金の問題を考えるのが難しいこともあります。そこで1人だけで考えるのではなく、何人かで協力して確認するのも1つの手です。何人かで確認をして、納得できる形で葬儀が行えるようにすることが大切です。

葬儀費用の一覧、内訳のまとめ

葬儀費用の一覧、内訳

初めての喪主などの場合には、葬儀費用の一覧と言われてもどのような項目があるのかわからないという方もいるでしょう。わからないからといって病院などで紹介された葬儀会社にすべてを任せてしまうと、予想以上の金額になって後悔してしまう可能性もあります。後悔を防ぐためにも、業者に任せきりにせずに自分で確認していくことが大切です。

実際の葬儀にかかるお金を考えていくとき、最初に相場を確認するのも1つの手です。平均で200万円ほどかかるという点を把握しておくことで、検討していくための基準を得ることにつながります。ただし相場の話なので、実際にお通夜や告別式を行う規模などによっても金額は大きく異なります。例えばお通夜や告別式などを行わない火葬式のスタイルであれば、最低限の人数で行う火葬のみなので、費用を抑えることにつながります。

一覧で費用を考えていくとき、葬儀前の準備にかかるお金から当日の会場の中や外のセッティングにかかる項目などがあげられます。また参列者の当日の飲食費や、火葬にかかる金額も別に考えていく必要があります。心づけや僧侶に支払うお布施のことも忘れないようにしましょう。

相場が200万円といわれると、大切な人とのお別れのためでも支払うのが難しいというケースも見られます。そのような場合には、節約するための選択肢を探っていくことも欠かせません。節約するためのポイントになるのが、オプションなどを可能な限り亡くしていくという点です。セット料金やオプションを最低ランクにすることで、費用を抑えることにつながります。

ただし金額を抑えるといっても、オプションを最低ランクにしたいときには注意が必要な点もあります。例えば祭壇の飾りつけを最小限にすることで、節約することが可能です。ただし生花や飾り物などを少なくすると、貧相な印象になってしまうケースも見られます。削ればいいとだけ考えるのではなく、必要なのか不要なのかという点をしっかりと考慮していくことが大切です。

同じようにお通夜のときの飲食代も参列客が多い場合にはお金がかかる要素の1つです。飲食代は内容を質素なものにするもしくは無しにすることで費用を抑えられます。ですが無しにしてしまうと、当日のお茶なども何もない状態なので待ち時間が長い可能性がある場合には注意が必要です。

また内訳の項目で節約できる可能性があるのが、火葬料になります。実は市営の火葬場の場合は、市民だった方なら使用料が無料などの制度が用意されていることもあります。最初に無料もしくは割引になる制度が存在していないか確認することが大切です。

そして市民葬などの葬祭扶助が用意されているケースも見られます。例えば区民葬や市民葬などの仕組みを利用することで、費用を安く抑えられる可能性が広がります。利用するための条件を確認して、少しでも良い形で葬儀ができるようにしましょう。

葬儀の喪主というのは、一生のうちに何度も経験するものではありません。経験することが少ないものだからこそ、お金の問題もどのように判断したらいいのかわからないという方も多くいます。もっと安くできたなどの形で後悔しないようにするためにも、一覧や内訳を把握しておくことが大切です。

また実際に必要な費用は、規模だけではなく利用する葬儀会社によっても変わってくるケースが見られます。病院から葬儀会社を紹介されたら、そのまま契約してしまうということもあるでしょう。しかし紹介されたところにそのまま契約するだけだと、後悔するリスクも高くなります。後悔を防ぐためにも、最初にしっかりと情報収集を行って、適切な形で対応できるようにすることが大切です。