葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】の給付金について


葬儀費用の給付金について

葬儀の費用を出来るかぎり抑えたいときには給付金を使ってみましょう。

葬式が終了した後に所定の手続きを行うことにより現金をもらえるものです。

うまく活用したら葬式代を大幅に安く済ませることが出来るので利用してみましょう。

ちょっと注意しておきたいのが誰でも受けることができるものなのかという部分です。

基本的に葬式を行った方に払われるものなので保険に加入をしている人であれば、誰でも受け取ることができます。

葬式代の目安になる金額は約200万円です。この金額は内容により変動するもので、豪華な葬式をすればするほど料金は増します。最近では10万円程度で利用できるこじんまりしたプランを用意している葬式屋もあります。

どうすれば支援を受けることができるのかというと国民健康保険に加入をしていることが条件になります。

また健康保険に加入をしているときにも支給を受けることが出来るので活用してみましょう。

国民健康保険の場合は加入者の方だと5万円から7万円くらい支給されます。

また後期高齢者保険に加入をしている方の場合は30,000円から70,000円貰うことができます。

申請期間に関しては2年になっているので忘れずに申請をしましょう。

ちなみに給付金は条件を達成している状態で、自己申請をすることにより現金をもらうことが可能です。

注意点は自己申請をする必要が生じるという部分です。

忘れてしまうともらうことが難しいのでしっかり内容を確認しておく必要があります。

一般的に葬式後は遺産相続など多くの手続きを行うことになるので、給付金の申請を忘れてしまう可能性が考えられます。また申請期限というものも設けられているので期間が過ぎると支給を受けることができません。

折角サポートを受けることが出来るのに忘れてしまったら意味がないです。

そのため葬儀をする前に条件から支給される金額の種類などを確認しておくことが大切です。

給付金はいくつかの種類が用意されて利用できる用途なども違うので知っておくと便利です。

国家公務員共済組合の組合員となっている方の場合は10万円から最高27万円くらいまで支給が受けられます。

基本的に組合により内容が変化するシステムなので注意が必要です。

いくつか用意されていますが、いずれも国民健康保険や健康保険に加入している人など、ほとんどの方が条件に該当します。

そのため多くの方が給付金を受けることができるので活用してみましょう。

葬儀費用の給付金の種類

葬儀のときに利用できる給付金ですが、いくつか種類があるので知っておくと良いでしょう。例えば死亡時に受け取ることができるものは埋葬料と埋葬費のほかに、葬祭費というものがあります。名前だけ聞くとどれも似たようなものに見えますが、内容は全く違います。また金額なども違うので注意が必要です。

埋葬料は会社員などが健康保険や協会けんぽに加入していて、業務外の事由で亡くなったしまったときに支給されるものです。一律5万円の現金をもらえるといった内容をしています。ただし業務上の事由によって亡くなってしまったときにはもらう事ができないので注意が必要です。代わりに労災保険が適用されてるといった仕組みです。ちなみに被扶養者が亡くなったときには被保険者の本人が家族埋葬費として5万円がもらえるといった特典もあります。

埋葬料をもらうには健康保険埋葬料(費)支給申請書というものに必要事項を記入して協会けんぽに提出をしましょう。埋葬費は故人が健康保険や協会けんぽの加入者になっている状態で埋葬料の条件に該当しているにもかかわらず、給付金を受け取る人がいないときに適用されるものです。実際に葬儀を行った人に対して埋葬費として支払われるものなので注意が必要です。支給額は5万円を限度として、実際に葬式に使用した費用に相当する金額が支給される仕組みをしています。

例えば火葬料や霊柩車代金などに給付金を使うことが可能です。埋葬費は埋葬料と同じで専用の書類に必要事項を記入して、健康保険組合や協会けんぽなどに申請をしないと支給されないので気をつけましょう。また条件が設定されていて、故人が亡くなった日の翌日から2年以内に申請をしないともらうことが出来ません。

国民健康保険に加入をしている場合、または後期高齢者医療制度の被保険者になっている人は葬祭費というものが支払われます。葬祭費は支給額が自治体によってかなり違うので調べておきましょう。どれくらいもらえるのかというと、5万円から最高7万円までです。こちらも葬儀を行った日から2年間までに申請を行わないと支給されないものなので気をつける必要があります。

申請を行うときには国民健康保険葬祭費支給申請書というもの必要になります。書類に必要事項を記入して故人の保険証や葬儀費用から葬儀の領収書を住所地の市区町村役場まで持っていきしょう。ちなみに必要書類に関しては自治体によって違うので申請前に確認をしておくとスムーズに手続きができます。

葬儀費用の給付金のまとめ

葬儀費用の給付金について

葬式代金をできるだけ安価に済ませたいときには給付金というものを利用するのがおすすめです。特定の条件を満たしている人に対して支給されるものでもらえるお金は内容によって違いがあります。葬式の費用相場は結構高く200万円くらいは必要です。内容も豪華になればなるほど費用が増すシステムになっているので、どこかでコスト削減をしないと予算オーバーになってしまうでしょう。

葬儀屋によっても料金は違うので、しっかりした下調べが肝心です。葬式代金は最低でも数万円以上はかかることになるので、できるだけコスト削減をしたいときには給付金に頼る必要があります。お金をもらうには自分で申請をする必要があることに注意しないといけません。特に葬式後は遺産相続などの多くの手続きなどをしないといけないので大変面倒です。
バタバタしている状態だとどうしても申請を忘れてしまいがちなので、計画的に行いましょう。また申請期間が設定されているものもあるので注意が必要です。申請期間を過ぎてしまうと現金をもらうことが出来なくなくなってしまいます。ただ申請期間は葬式をしてから2年くらいとある程度猶予があるので手続きのやり方だけ覚えておけば、余裕を持って申請手続きが可能です。

ちなみに給付金はいくつかの種類があって、それぞれ内容が違っているので注意が必要でしょう。埋葬料や埋葬費など一見すると似たようなものがあるのですが、これらは支給される条件や金額などが違います。基本的に埋葬料は健康保険や協会けんぽに加入している人が対象で、業務外のトラブルでなくなってしまった方が支給対象です。

ただ業務中になくなってしまうと埋葬料は支給されないシステムなので注意が必要です。業務外で亡くなったときは労災保険が優先されます。上記のようにルールがいくつか設けられているので、必ずしも給付金をもらえるといったものではありません。埋葬料に似たものに埋葬費というものがあります。埋葬費は埋葬料の対象になっているにもかかわらず、受取人がいないときに適用されるものです。

家族などがいない人の場合は実際に葬儀を行う方に支給される仕組みをしています。国民健康保険に加入している場合は葬祭費というものがもらえるので覚えておきましょう。上記の給付金はどれも必要書類がいるので揃えておきます。ちなみに申請をするときには、故人の健康保険証や埋葬許可証さらに葬儀会社の領収書なども必要になります。