葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用が高すぎる??葬儀費用を安く抑えるには??


葬儀費用が高すぎる??葬儀費用を安く抑えるには??

以前に比べると少子高齢化社会の現代では、小規模なお葬式をすることも増えています。とはいえ200万円近く掛かることもある葬儀の費用は、あまりにも高すぎると思う人も多いのではないでしょうか。多くの医療費や介護費を使ってしまった後で、さらに多額のお金を掛けてお葬式をしなくてはならないとなると、それまでにコツコツ貯めたお金がすっからかんになってしまう場合も少なくありません。

実際に、日本のお葬式にかかる代金は諸外国に比べると高い傾向にあるのが特徴です。たとえばアメリカの場合は平均44万円ほどで日本に比べるとわずか4分の1、ドイツは平均20万円ほどなので日本の10分の1程度です。お隣の国・韓国でも平均37万円ほどとなっています。こうしてみるとなぜ日本ばかりがこのように葬儀にかかる費用が高すぎるのか、と疑問に思えてくるでしょう。

ちなみに現代の日本で一般的なお葬式のスタイルは、仏式のものです。それぞれの宗派や地域によって違いがある場合もありますが一般的に前日の夜に通夜をおこない、翌日に葬儀と告別式・火葬までをおこないます。そして費用にはこの通夜と翌日の葬式・告別式を合わせた額になっていて、多くの方が参列する規模の大きな式であるほど金額は高くなる傾向があります。

葬儀代金には式を施設の利用料が含まれているほか、会場で司会や受付・案内をするスタッフの人件費が含まれているのが特徴です。そのほかには病院から遺体を運んだり火葬場へ移動したりするためのお金、遺体を保存しておくための場所やドライアイスなどの代金も含まれています。もちろん仏式でする場合には、祭壇や位牌が必要となるでしょう。祭壇は、昔ながらの白木のものや花で飾るものがあり、一般的には沢山の生花を使用した花祭壇の方が料金が高くなる傾向があります。そのほかにも遺影を用意したり、花立や香炉・燭台をはじめ細かい儀式で使う道具の代金も含まれることになります。

一般的な仏式の葬儀をする場合にはおおよそ200万円前後が相場となっていますが、参列者が少なくなると料金はそれよりも安くなることが多く、近年増えている家族葬の場合には相場は70万円ほどです。通夜や告別式をおこなわない直葬は30万円程度でできることもあります。

何かと高くなりがちなお葬式の費用を安く抑えるためには、必要のない契約をしないようにする必要があるのではないでしょうか。何事もないときであれば、これらの葬儀費用についても内訳を細かく確認する気持ちの余裕があるかも知れません。しかしいざという時になってからでは、慌ただしくなったり動揺したりしている状況の中でお葬式の内容を考えなくてはならなくなります。気持ちに余裕がない場合、紹介されるままに契約をしていまうという事になりかねません。このようなことを防ぐためにも、まだ皆が元気で必要が無いと思われるようなときからお葬式の事を考えておくことをお勧めします。

葬儀費用が高すぎるのはなぜ??

諸外国に比べると数倍、十数倍以上も高いこともある日本の葬儀の費用ですが、なぜこれほどまでに高すぎる値段になってしまうのかと納得がいかない人も多いのではないでしょうか。大切な家族を見送るための儀式は、心を込めておこないたい、という気持ちがあったとしても金銭的な問題からできないということになってしまっては悲しいものです。

葬儀の費用が高すぎるといったことになる原因の1つには、病院で亡くなったときにそのまま病院で紹介された料金の高い会社に依頼しているということが考えられます。それぞれの会社にもよりますが病院で紹介している会社は、お金をかけて病院に営業をおこなっていることもあり、その場合にはお葬式をする際に料金に上乗せして回収しなくてはならないという事情を持っています。そのためお葬式の代金も高くなってしまうことになるのです。

また葬儀の費用が高すぎると感じる理由の1つには、高い戒名料やお布施があるということも挙げられるのではないでしょうか。現代では戒名は人が亡くなった時に寺院の僧侶から授かるものとなっています。宗派や位によって戒名料は違い、一般的には位が高くなるほど料金も高くなるのが特徴です。信士や信女といったものは大体20万から50万円で居士や大姉になると50万から80万円ほど、院居士や院大姉というものになると100万円以上になることもあります。戒名を付けないという選択肢もありますが、仏式でお葬式をしたり寺院墓地に納骨したりする際には必要となるので注意が必要です。

その他に葬儀の費用が高すぎる際に考えられる理由には、葬祭会社にいわれるままにオプションを付けてしまったといこともあるでしょう。一般的にお葬式をする際には、基本プランの他にオプションをプラスできるようになっています。勧められるままに祭壇や骨壺などのグレードをアップさせていくと、料金も高くなってしまいます。そのような場合には、もしかしたら本当は必要ではなかったものも追加してしまう可能性があるので注意して選択するのがおすすめです。

昔から日本にはお互いを助け合う香典の文化がありました。不幸があった家を経済的に助ける意味があり、それによってお互いにお葬式を出すことができたので、今にしてみると高すぎると思われるような葬儀の費用も賄うことができたのです。しかし以前よりも子どもが少なくなり、さらに核家族化しているため昔に比べるとお香典が集まらないようになっています。しかしお葬式代の相場は変わっていないため、出費が多く感じられているのが現代のお葬式です。

このように葬儀の費用が高すぎるときにはいくつかの原因が考えられ、病院で紹介されたところをそのまま利用していることや戒名料やお布施が高い場合が多いこと、もしくはオプションをプラスし過ぎているということがあげられます。さらに香典の文化があることも日本の葬式代が高い理由になっています。

葬儀費用を安く抑える方法

それぞれの家に不幸があったときにお互いに助け合う香典という文化がある日本では、かつては葬儀の費用が高かったとしても十分賄えるような状況がありました。しかし少子化のために子どもが少なくなっているほか、亡くなる方も高齢である場合が多くなっているうえ、核家族化のために近所や地域との付き合いも減っている人が多い現代においては、受け取る香典も少なくなっています。そのために高額な葬式の代金が負担に感じられることも少なくありません。そのような中で高すぎる葬儀費用を安く抑えるには、いくつかのポイントに注意してお葬式の内容をチェックする必要があるのではないでしょうか。

亡くなる方が高齢であることの多い現代では、すでに引退してから何年も経っているため仕事関係の付き合いがなく、参列する方の人数が少ないお葬式がおこなわれることも多いです。そのため、一般葬よりも規模の小さなプランを提供している葬祭会社も多くあります。参列者が少ないお葬式は会場や祭壇のサイズが小さいもので良いため、多くの人が参列するものに比べると費用を安く抑えることが可能です。あまりお金を掛けずに葬儀をおこないたいという場合にはそのようなプランを選ぶというのも1つの方法です。

例えば一日葬は、通夜をおこなわず一日で葬式と火葬をおこなうもので、一般葬が2日掛けることに比べると短い期間で済ませられるので料金も安く済みます。また家族葬は前日の通夜と当日のお葬式・火葬の2日でおこないますが、参列する人数が少ないため会場も小さな場所で済ませられ、返礼品の用意なども不要であるため金額を抑えることができます。これらよりもさらに費用をおさえることができるのが直葬です。直葬は通夜や告別式などの儀式をすることなく火葬のみをするというもので、身内だけでおこなわれるものです。宗教にこだわることなく、お金をかけずに見送りたいという時に適しています。このような小規模な葬儀をするというのも、一般的なお葬式のように高すぎる費用をかけることなく故人を見送る方法の1つです。

このようなプランから見直して葬儀をおこなうということのほかにも、含まれている内容をよく確認するという事も大切ではないでしょうか。それほど必要のないオプションを付けてしまっていていると、費用が高くなってしまうこともあるものだからです。

また仏式でおこなわれることが多いのが現代の日本のお葬式ですが、近年では宗教儀式がない無宗教葬も増えています。この場合には僧侶へのお礼が不要である分、安くお葬式ができるでしょう。

また葬儀会社を選ぶ際には、いくつかの会社から見積もりをとって決めるという事も、高すぎる料金を支払ってしまわないために必要です。既に亡くなったあとで選ぶ場合には、時間的な余裕がないかも知れません。そのためにも元気なうちからどのようなお葬式をするかを考えておくのも、高すぎる料金を払わないために大切です。

葬儀費用が高すぎる??葬儀費用を安く抑えるには??まとめ

葬儀費用が高すぎる??葬儀費用を安く抑えるには??

一般的に葬儀の費用には平均200万近くかかるといわれていますが、この額には高すぎると考える人も少なくありません。アメリカの場合は平均44万円、ドイツでも平均20万円と言われているのが葬儀費用の平均ですが、日本に比べるとかなりリーズナブルな価格に思えるものです。このように日本での葬式代が高いと感じられる理由には、香典という互いが助け合う文化があったためにこれまではそれほど負担にならなかったということが挙げられます。また提携している病院に紹介されるままに会社を選んだり、葬祭会社に勧められるままにプランを選んだりしていることも葬儀費用が高くなってしまう理由でした。

とはいえ少子高齢化や核家族化しているために地域や近所との付き合いが減っている現代の日本では、受け取ることができる香典の額も少なくなっています。そのため不本意に思いながら高すぎるお金を掛けてしまうことのないよう、お葬式をおこなう際には葬祭会社やプランを自分で選んで、それぞれの人に合ったものを選ぶ必要があります。

葬儀費用を安く抑えるには、必要のないオプションを付けないということが大切です。しかしそれまでお葬式をどのようにするか考えたことがなかった場合、つい勧められてしまうがままにオプションを付けてしまう可能性があります。そのため喪主がしっかりとした基準を持つことが大切になるのではないでしょうか。

また葬儀費用を安く抑えるためには、一般葬以外のプランも検討してみるのも1つの方法です。通夜をおこなわず1日で火葬までを済ませる一日葬や、家族をはじめごく親しい人のみが参列するため小規模で済ませられる家族葬、火葬のみをして通夜・告別式はおこなわない直葬などを利用すると、安く故人を見送ることが可能です。さらには仏式に拘らないのであれば、宗教儀式のない無宗教葬を選ぶことでも、僧侶へのお礼が不要なので安く抑えることが出来る可能性があります。そのほかには自治体と葬祭会社が協力しておこなう市民葬・区民葬なといったものを利用するのも、一般的なお葬式と比べると安く済ませられる傾向にあるので検討してみても良いでしょう。

そしていくつかの会社から見積もりをもらうということも、大切なポイントになります。1社だけを見ただけではその費用が適当であるのかどうか分からないものです。そのため比較をして決めるためにも、いくつかの候補の見積もりをとり検討することをおすすめします。
まだ元気だと思っていたのに急に亡くなってしまったというときには、十分な時間を掛けて葬祭会社やプランを選ぶ余裕はないかも知れません。しかし差し迫った状況で急いで決めてしまうと、後になってからもっとほかの方法があったのではないかと後悔する可能性もあるでしょう。このようなことを避けるためにも、余裕のある時に検討しておくのも、高すぎる料金を払ってしまうことなく安くお葬式をするためのポイントです。