葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用を安くする3つの方法。支払いはこれで大丈夫!


葬儀費用を安くする3つの方法。支払いはこれで大丈夫!

葬儀を開く場合、葬儀費用がどれぐらいになるかは多くの人の関心ごとです。

その後のことも考えて、可能な限り葬儀費用の支払いを少なくすることが重要になります。

葬儀費用を安くするための方法の一つは、小さな会場を借りることです。

小さな会場の場合には、収容人数も少なくなりますがその分だけ費用を安くすることが可能になるでしょう。

例えば、家族葬をする場合などは、それほど大きな会場にする必要はありません。

収容人数が30人程度ぐらいのところならば、日本中どこにでもありますのでそのぐらいの規模のところを選びましょう。

次に、お坊さんを呼ばない葬儀をする方法もあります。

仏教の場合には、お坊さんを呼ぶのがしきたりとなっていますが、絶対にお坊さんを葬儀に呼ばなければいけない訳ではありません。

最近は、お坊さんを呼ばない音楽葬や自由葬などと呼ばれるものが流行しており、自分たちだけで葬儀を行うことも可能になります。

もちろんこれらは、故人が事前にお坊さんに来てもらいお経をあげてほしいなどと望んでいた場合は別ですが、特にこだわりがなければ自分たちの好きな形で葬儀をしても問題ないでしょう。

ちなみにお坊さんを呼ぶ場合には、20万円から50万円前後の支払いが必要になることが多いです。

場合によっては、戒名をつけてもらいそれだけで20万円ぐらいのお金を支払わなければならないこともあります。

あえて過去の常識にとらわれず、新しいスタイルの葬儀をしてみましょう。

料理や花の飾りつけなども様々な種類がある中で、すべて質素にすることも十分に可能です。

花の飾りつけは最低限にして、お金を節約する方法もあります。

また料理も家族葬ならばあえて用意をしてもらわない手もあります。

そして、自分たちで好きな料理店などに行き料理を注文すれば支払いを抑えることが可能です。

支払い方法は、民間の葬儀会社ならば事前に積み立てておく方法もあります。

また、最近はカード払いなどが利用されていますので、カード払いを積極的に使うことで安全に取引をすることもできるでしょう。

葬儀費用を安くする3つの方法。支払いはこれで大丈夫!