葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】は振込が一般的??


葬儀費用は振込が一般的??

葬儀費用の決済は、一般的振込で行うのが定番で、葬儀の後か前に一括で支払うのが基本となっています。

ですが、葬儀社により現金払いも振込と同じくらいに、一般的な支払い方法として取り扱っているケースが少なくありません。

費用を支払うタイミングですが、これはやはり諸々のコストが発生して最終的に総額が決定する、葬儀後になることが多いです。

振込が定番化している理由は、現金で手渡すよりは安全で、直接渡す生々しさがないことがあげられます。

葬儀社も仕事なので、発生した費用がお金で支払われるのは当然ですが、お葬式という都合により、あまり現金でやり取りするのは好まれてないです。

そういった点、振込なら遺族が直接顔を合わせることが必要なく、封筒の用意をしなくても良いメリットが出てきます。

手渡しだと時間の手配することが必要ですから、喪主が忙しいと他の遺族が代理を担うことになります。

ですが、振込は営業時間内であればいつでも手続き可能ですし、ATMや窓口に出向けなくても、ネットバンキングといった手があります。

勿論、期限までに指定の口座に費用を送金するというのは不可欠ですが、ゆとりを持って手続きが行える点が魅力だといえます。

お葬式は、あれこれ一式をまとめると、総額が数十万円にも数百万円にもなります。

これほどの大金は持ち歩くだけでもリスクが多く、紛失や盗難といった恐れにさらされます。

現金の手渡しとなれば、受け取った相手も落としたり盗られる可能性があるでしょうから、お葬式の費用に限定されることなく冠婚葬祭を含めて全般的に推奨されないです。

金庫が備え付けられている事務所で、そこに訪問し窓口で手渡せばリスクは軽減されますが、持ち込む側のリスクが一方的に高くなります。

現金を渡す必要があって、金額が大金と言える額になるなら、相応の安全策が取られる方法を選択するのが合理的です。

ダイレクトでスピーディーに支払いが完了する方法ですと、現金に敵う選択肢はありませんが、次点で金融機関を介する方法が有力な手段になります。

取引の時間が制限されていたり、手数料が発生するなどのネックはありますが、時間的な猶予はあって手数料の負担も限定的ですので、それほどまでに負担にはならないでしょう。

郵便で封筒を利用して送る方法もありますが、限度額が低いので用途に合わないケースが殆どです。

100万円以上の取引にも対応する方法で、スピーディーな決済を要するとなれば、限られる選択肢に絞り込まれます。

葬儀費用の振込以外の支払い方法

振込が定番の葬儀費用の支払いですが、実は手渡しという方法も割と使われています。

現金を用意したり、封筒に入れて保管する手間はありますが、葬儀後に直ぐ手渡せるのがメリットです。

直接現金をやり取りするので、ひと目のつかない場所で取引を完了することが必要ですが、日を跨がずに費用を支払えるので気が少し楽になります。

後日となると、指定の場所に大金を現金で持ち運んだり、場所を選んで手渡す必要が出てきます。

その為、葬儀の直後に支払いを終えるか、日を跨いで手渡すかで気持ちのあり方精神的な負担に差が生じます。

葬儀社にもよりますが、比較的規模の大きい会社であれば、クレジットカード払いも提供しています。

一括だけでなく分割払いも使えたり、ボーナス払いOKというケースもあります。

分割は回数によって手数料の負担が増えますが、直ぐに現金を用意できなくても、少しずつ費用を支払えるのが魅力です。

費用を確保してから支払う振込と違い、将来の収入をあてに信用で支払うのがクレジットカードの特徴です。

利用限度枠がギリギリだと、いざ使おうとした時に満額が使えなかったりするので、事前に確認したり余裕を持って使うことがポイントとなります。

現金やクレジットカードと並ぶ定番といえば、用途に合わせて借りて返す、ローンも支払い方法の定番です。

予め目的が決められるので、目的外の支払いには使えませんが、葬儀ローンならお葬式の費用に使えます。

審査が必要で回数に合わせた利息が発生するなど、クレジットカードと似ていたり異なる点もあります。

ただ、分割払いで1回あたりの負担を減らしたり、即日審査完了で直ぐに借りられるローンが存在するのも確かです。

プランの多様化と低価格が充実する昨今では、コンビニのレジで支払う方法も登場しています。

通販でおなじみのコンビニ払いは、基本的に30万円が限度額なので、100万円前後の一般葬の支払いには使用不可能です。

逆に、手頃さを重視するシンプルなお葬式のプランなら、限度額が30万円でも十分に範囲内に収まる可能性があります。

請求書が手元に届いてからコンビニに出向いて支払う流れなので、支払いの期限までにお金を用意する余裕が生じます。

請求書の到着後も、1週間から2週間くらいの支払い期限が設けられていますから、焦らずに代金を納められます。

このように振込以外の支払い方法も案外ありますし、それぞれタイミングやメリット、デメリットに違いがあることが理解できます。

葬儀費用は振込が一般的??まとめ

葬儀費用は振込が一般的??

葬儀費用は振込が一般的ですが、同じくらいに現金一括払いも行われています。

振込は大金の安全な取引に有効で、現金を持ち歩かなくても良いのが強みです。

期限を守る必要はあるものの、手渡しとは違い相手と都合を合わせなくても良いので、無理なく費用を支払うことができます。

対する現金一括払いは、葬儀後に支払いがタイムラグなしに完了すること、手数料や金利を負担しなくても良い点がメリットとなります。

葬儀後なら直ぐに支払えますし、現金を用意しておけば後は手渡すだけで済みます。

ただし、現金の用意は手間でもあるので、時間を掛けて用意できたり支払える振込に比べると、取引のスピード感が反対にネックになりがちです。

経済的に余裕がない場合は、メリットがデメリットに変わりますから、現金手渡しのメリットが活きるのは余裕を持って費用を用意できるケースに限られます。

クレジットカードは手数料の負担こそ発生しますが、一括払いでも支払いのタイミングをずらせたり、分割やボーナス払いが使える点が優れます。

審査を受けてカードを発行してもらったり、十分な利用限度枠を確保することは必要ですが、既にカードを持っていればそれを葬儀費用の支払いに使える可能性が高いです。

主要なブランドのカードであれば、クレジットカードに対応する葬儀社の支払いで使えます。

カード会社が提供するポイントが貯まったり、24時間何時でも決済手続きができる時間的なメリットもあるので、手数料が負担になるといってもメリットで相殺されます。

ローンは目的別に用意される支払い方法で、審査を経て分割払いが使えるようになります。

目的を決めて審査を受ける必要はありますが、お葬式と決まっていれば話は早いです。

残るは希望に合うローン商品を絞り込んだり、審査の申し込みをして結果を待つだけです。

早ければ即日に融資の可否の結果が出ますから、時間的な余裕がない場合でも安心です。

借りて返す方法なので、利用後に毎月の返済は発生するものの、一括で現金を用意しなくても良くなるので楽です。

提供会社は限られますが、低価格プランの提供に力を入れる会社だと、コンビニ払いも使えたりします。

手元に郵送される請求書を持ち込みコンビニで費用を支払うので、実質的に後払いの形となります。

コンビニ払いには30万円の限度額があるので、それ以上の高額なプランには使用不可能ですが、限定的とはいえ後払いできるのは魅力的です。

支払い方法を振り返ると、一般的には振込が一般的で、現金手渡しもそれに次ぐ方法だといえるでしょう。

その次にクレジットカードやローン、そしてコンビニ払いと並ぶので、種類が増えていても振込が筆頭です。