葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用は分割払いできる??


葬儀費用は分割払いできる??

葬儀費用でどのくらいのお金が必要になるのかという点は、規模やスタイルなどの点に応じて異なります。しかし100万円以上かかることも多いことから、一括で支払うのは負担が大きいと感じてしまう方もいるでしょう。では支払いの負担が大きいと感じる場合には、どのような対処が可能になるのでしょうか。

例えば葬儀の費用について考えていくときのポイントの1つが、分割払いに対応しているのかという点です。分割払いにすることで、負担を分散することに可能です。1度に支払うのではなく、何回かに分けることで無理なくお金を調達できるという方もいるでしょう。分割払いに対応しているのかという点も、含めて幅広く考えていくことが大切です。

ちなみに葬式関連のお金は、分割だけではなく誰が支払うのかという点を考慮することも欠かせません。例えば喪主だけが支払うと、1人だけに負担が集中することになります。ですが兄弟2人で払うのであれば、半分程度に負担を分散できるかもしれません。分割以外にも負担を減らす選択肢もあるからこそ、幅広く考えていくことを忘れないようにしましょう。

また負担を減らしたいという場合には、分割以外の制度に注目するという選択肢も存在しています。その選択肢の1つとしてあげられるのが、補助制度を活用するというものです。補助制度を活用することで、自治体に費用を補助してもらえるかもしれません。実際にどのような制度が利用できるのかという点には、状況ごとに違いが見られます。個別に確認したうえで考えていくようにしましょう。

葬儀にかかるお金というのは、規模の違いなどさまざまな点によって変わってきます。例えばお通夜と告別式の2日間にわけて行う場合と、一日葬のスタイルなら金額の負担が変わってくるのも当たり前のことです。安く済ませたいなら、火葬のみのスタイルにするという選択肢もあります。具体的にどのような選択肢があるのか把握して、適したスタイルを選ぶことも負担を減らすうえでは必要なことです。

具体的にどのような選択肢が適しているのかという点は、個人の状況に応じて変わってくる部分も多く見られます。費用の負担は分散できるという点を理解したうえで、幅広い選択肢を探っていくようにしましょう。そして選択肢を探っていくためには、情報収集が欠かせません。さまざまな視点から情報を集めたうえで、納得のいく形で葬儀が行えるようにすることが大切です。

また分割払いを利用したい場合も、どのような条件で利用できるのかなどの確認が必要です。細かい条件まで1つずつ確認を行ったうえで、納得のいく形で対応できるようにしましょう。困った点があれば、1人で考えるのではなく専門家に相談するのも1つの手です。葬儀会社にまずは相談をしてみて、どのような形式が適しているのか考えていくことも可能です。大切な人が亡くなって冷静に対応できない方もいますが、できるだけ落ち着いて判断することが後悔を防ぐために必要なことです。

葬儀費用は分割払いについて

葬儀費用の支払い方と言われると、現金の一括払いのみというイメージを持っている方も多く見られます。しかし時代の変化と共に、現金の一括払い以外の選択肢も増えてきています。まずはどのような選択肢が存在しているのか把握し、自分に合ったスタイルを選べるようにしましょう。

そもそも支払い方法が選べるようになった理由の1つが、葬式にかかる金額が大きいという点があげられます。200万円以上かかるケースもあることから、現金での一括払いの対応が難しい場合も多いのです。そしてキャッシュレス化の流れが進むにつれて、支払い方法が多様化しているという部分もあります。またどのような方法に対応しているのかという点は、利用する葬儀会社ごとに異なる部分も見られます。個別に確認していくことも忘れないようにしましょう。

例えば実際に利用できる選択肢の1つに、分割払いがあげられます。一括ではなく何回かに分けることで、まとめてお金を用意する必要がなくなります。200万円という金額にもなると、一度に用意するのが難しいという方も多くいます。一方で5万円ずつを40回にわけてという場合なら、無理なく用意できるという場合もあります。負担を分散させられる選択肢だからこそ、状況に合わせて利用を検討するようにしましょう。

では実際に葬儀費用を分割払いで支払う場合、どのような流れになるのでしょうか。基本的な流れとしては、クレジットローン会社の葬儀ローンに申し込むというスタイルになります。無事にローンの契約ができたら、お金を借りたうえで毎月分割で返済していきます。

このときに注意が必要なのが、ローンを組むときには金利の負担が発生するという点です。返済時には金利の負担もあるという点を理解して、返済計画を最初に確認しておきましょう。無理のない形でお金を返せるようにするというのも、借りるうえで大切なポイントの1つです。

またローンを組むためには、審査を受ける必要があります。もしも審査で落ちてしまったら、お金を借りることができません。そのような場合であれば、別の支払い方法の選択肢を探っていくことも必要です。

分割払いにしたいなら、ローンを新たに組むのではなく、現在利用しているクレジットカードでの支払いを検討するのも1つの手です。クレジットカードの分割払いを選択することで、支払いの負担を分散させられます。この方法の場合には、クレジットカードのポイントも貯められるというメリットがあげられます。

実際にクレジットカードで葬儀費用を支払いたい場合、1つ注意しなければならない点があります。その注意点というのが、支払いの上限額を確認するという点です。クレジットカードの月の上限額が60万円なら、100万の費用を支払えません。もしも上限以上の金額を支払いたい場合、1度カード会社に相談してみるのも1つの手です。一時的に上限額をあげるなどの対応をしてもらえる可能性もあります。

葬儀費用の補助制度とは??

葬儀費用は200万円以上かかることもあることから、支払いの負担が大きいという方も多くいます。そのような負担を減らすための方法の1つが、ローンを組んで分割払いにするというものです。分割払いにしたくても、ローンを組むことができないと利用できません。そこで支払いの負担を減らすために、補助制度に注目するのも1つの手です。

実は葬儀費用は、さまざまな補助制度が用意されています。その制度を活用することで、支払いの負担を減らせる可能性があります。まずはどのような補助が用意されているのか確認し、利用できるものは積極的に活用するようにしましょう。

代表的な葬儀費用の補助制度となるのが、国や社会保険で整備されているものです。例えば国が運営しているものなら、市区町村の役所に設置されている社会保険担当部署に申請を行います。注意が必要なのが、自分で申請しなければもらえないという点です。ただし住民票がある市区町村での申請になります。

また補助金を申請する際に忘れてはいけないのが、故人が加入していた保険を確認するという点です。国民健康保険であれば、加入していない方は申請して補助金が受け取れなくなります。必ず個人が加入していた保険証を持参して、手続きを行うようにしましょう。

ここで問題になるのが、葬儀費用の補助制度があるといっても、どのくらいの金額を受け取ることが可能なのかという点です。例えば葬祭費として、国民健康保険に加入していた場合には1~7万円ほど支給されます。具体的な金額は自治体ごとに違いがあるため、個別に確認していくことを忘れないようにしましょう。

また葬祭費だけではなく、埋葬料の補助が用意されているケースも見られます。故人の遺骨を埋葬する際に発生した費用を補助する制度になります。上限5万円などの条件が存在しているので、確認したうえで問題なく制度が利用できるようにすることが大切です。

実際に補助金を受け取りたいという場合、忘れてはいけないのが申請期間の問題になります。葬祭費や埋葬料などの補助がありますが、申請できる期間は故人が亡くなってから2年間と決められています。2年間を過ぎると受け取る権利が亡くなってしまうので、忘れずに活用するようにしましょう。

申請をするときには、必要な書類を事前に確認しておくことが欠かせません。必要なものを確認して忘れずに持参することで、問題なく手続きを進めることにつながります。故人の健康保険証や死亡診断書など、複数の書類が必要になるので事前に確認しておくことが大切です。

また故人が勤めていた会社によっては、葬祭費の補助を行っているケースも見られます。具体的にどのような対応になっているかは、勤めていた企業ごとに異なります。個別に確認したうえで、補助金が受け取れる可能性があるのか確認しましょう。自治体や勤務先に応じて対応が異なるからこそ、個別に情報を集めることが欠かせません。

葬儀費用は分割払いはできる??まとめ

葬儀費用は分割払いできる??

葬儀費用は200万円以上かかることも多いことから、負担が大きいと感じてしまう方も多くいます。そこで負担を減らすために、どのような選択肢が用意されているのか把握することも大切です。

実際に負担を減らすための選択肢の1つが、どのような支払い方法を選ぶのかという点です。葬儀費用の支払い方法と言われると、現金の一括払いをイメージする方も多くいます。ですが金額が高いことから、現金でそのまま支払うのではなく銀行振り込みが利用できるケースも増えています。そして一括という選択肢だけではなく、分割が利用できる場合もあります。

葬儀費用の分割払いが利用できる仕組みの1つが、ローンを組むというものです。葬儀専門のローンを利用することで、お通夜や告別式にかかるお金を借りることが可能です。実際にローンを組んで分割払いにすることで、支払いの負担を分割させることにつながります。

ローンを利用する場合、いくつか注意しなければならない点があげられます。注意点の1つが、返済時には金利も支払う必要があるという点です。金利の負担額を把握したうえで、無理のない返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。そして審査を通らなければローンでお金を借りることはできません。

クレジットカードを利用している方は、カードでの支払いを検討するのも1つの手です。分割払いでクレジットカード払いを選ぶことで、支払いの負担を分散できます。ただしカードを利用するとき、月々の支払いの上限額に注意しましょう。上限を超えそうな場合には、カード会社に相談して一時的に上限額を変えてもらうのも1つの手です。

また支払いの負担を減らしたいなら、自治体などの補助制度を活用するのも1つの手です。申請しないと受け取れないものの、補助金が受け取れることで負担を減らせるかもしれません。具体的に受け取れる可能性がある補助金の種類と金額を把握したうえで、問題なく対応できるようにしましょう。

実際に費用の支払いの負担を減らしたいという場合、分割払いのほかにもさまざまな選択肢があげられます。適した選択肢というのは、個々の状況によっても異なります。まずは自分の状況を整理したうえで、どのような選択肢が適しているのか考えていくことを忘れないようにしましょう。

例えば喪主1人が負担するのではなく、兄弟がいるなら複数人でお金を用意するのも1つの手です。全体で100万円かかるとしても、2人で50万円ずつなら無理せずに用意できる可能性もあります。

また費用の負担が大きいなら、葬儀の形式を変えることも可能です。お通夜と告別式を別々に行うのではなく、1日で実施する一日葬を選ぶこともできます。ほかにも火葬のみのスタイルもあるので、予算に応じて検討するのも1つの手です。さまざまな選択肢を把握したうえで、より良い形で葬式が行えるように考えていきましょう。不明な点があれば、専門家に相談して検討することも大切です。