葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀にかかる費用をすぐに用意できない時の葬儀ローンやその他の支払い方法


葬儀にかかる費用をすぐに用意できない時の葬儀ローンやその他の支払い方法

葬儀費用はどんなに安く済ませようとしても数十万円はかかるため、亡くなったときに備えて葬儀を執り行うためのお金はある程度蓄えておきたいものです。

しかし、人はいつどこで亡くなるかはわかりません。

突然亡くなってしまい、葬儀費用のたくわえがほとんどなく、すぐには葬儀社に支払う現金を用意できない可能性も考えられます。

ほとんどの葬儀社では、すぐに葬儀費用を用意できない人たちのために、現金一括払いや銀行振込以外にも複数の支払い方法を用意しています。

例えば、「葬儀ローン」は葬儀社が大手の信販会社と提携して顧客に提供しているもので、選択をすれば分割払いができるようになります。

分割可能な回数は提供されている葬儀ローンの種類によって異なっており、中には36回という非常に多い回数を選択できるようになっているローンもあります。

ローンが実行された後は葬儀費用に利息を上乗せした金額を返済しなければなりませんが、利用すれば遺族の金銭的な負担はかなり軽減されるでしょう。

葬儀ローンを選ぶ場合に注意が必要な点は、他のあらゆるローン商品と同じように信販会社による審査があることです。

葬儀費用ローン審査を通過するためには、返済を行う人が完済するまで安定した収入を維持できるかどうかが重要となります。

葬儀ローン以外の費用の支払い方法には、クレジットカード決済やコンビニエンスストア決済があります。

クレジットカード決済では、通常の買い物と同じように一回払い、分割払い、ボーナス一括払いなどを選択することができますが、分割払いについては葬儀ローンほど多くの回数を選べないことが多いので注意が必要です。

コンビニエンスストア決済は、葬儀費用が安くなるプランを選択した場合に利用可能で、対応しているコンビニであれば24時間いつでもどこでも支払いができる点と、請求書がきてから最大で2週間程度の支払期間が設けられるため、現金を用意するのに時間的な余裕がある点が大きなメリットです。

葬儀にかかる費用をすぐに用意できない時の葬儀ローンやその他の支払い方法