葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】の相場や注意点ついて!


葬儀費用の相場や注意点ついて

葬儀費用は、葬儀社が設定する料金と、選択するオプションやプランによって総額が決まります。

ただ、葬儀社の提示する料金はいわゆる言い値ですから、金額に納得の上で選択したり任せることが大切です。

1社の見積もりのみだと、金額が妥当なのか分からないので、相対的に何社か比較する必要があるといえます。

また相場と照らし合わせてみるのも、極端に高額な費用を請求されない為のポイントになります。

時代や地域によって相場は変わりますが、現在は全国平均だと100万円が1つの目安になっています。

しかし、一般葬で上位と下位に開きがありますから、あくまでも平均は平均として捉えるのが無難でしょう。

費用が相場とくらべて妥当な金額か判断するには内訳を理解することが必要になります。

誰もが最初に思い浮かべるのは、祭壇や棺といった、なくてはならないものの費用です。

これは施行にかかるコストで、例えば祭壇を豪華にしたり棺を上位の素材で選ぶと、際限なく金額が上がっていくので注意です。

加えて、葬儀場や火葬場の使用料などは、施設にかかるコストとなります。

葬儀社が保有する施設で執り行う場合は、その分の金額が安くなることもありますが、借りる形だと追加料金が発生するので気をつけましょう。

他にも、飲食やお礼の品というような参列者向けのおもてなし、僧侶に対するお布施や心づけも費用の一部になります。

つまりこれらを合わせた金額が総額で、相場と比較する上での比較材料になります。

全ての内容が1つになっているパッケージプランは、あれこれと内訳を比較する手間がないので、急な不幸で忙しくなる時に役立ちます。

ところが、内訳を確認しないと金額が妥当かどうか分かりませんので、信頼できる会社に相談したり、任せることが大事だといえるでしょう。

見積もりを出してもらうことは、金額の比較の基本ですから、なるべく複数社の見積もりを得ることが肝心です。

更に、固定費や変動費の違いとそれぞれの相場を理解することも、余分な出費をしない為のヒントとなります。

見積もりの依頼を出す時は、後々追加料金が発生したり、請求書の金額が変わる可能性はないか確認するのが賢明です。

何でもかんでもお任せだと、勝手に追加されて総額が膨らむ恐れがありますから、必ず事前の見積もりの内訳に目を通しておきましょう。

実績が不明な比較的新しい会社や、価格よりも簡単さや便利さを前面に出す会社は、価格を高めに設定していることもあります。

葬儀費用の平均はどれくらい??

葬儀費用の平均はどれくらい??

葬儀費用の平均は一般葬だと100万円で、60万円に1つのボリュームゾーンがあります。

50万円~100万円の費用をかける層も少なくありませんが、100万円以上となるとかなり減少します。

ただし、150万円以上は逆に増加傾向が見られる相場ですから、100万円以下と150万円以上に分けられる形です。

切りの良い50万円は人気ですから、葬儀を取り扱う各社もこの価格帯のプランに力を入れています。

100万円の平均相場は、150万円を超える費用の葬儀を執り行う層が引き上げているので、実際のボリュームゾーンはもう少し下です。

50万円未満の葬儀の割合は、それ以上と比べて少なめですから、そういう分布も現在の相場の割合に拍車をかけていると考えられます。

手頃なプランだと、20~30万円の葬儀もありますが、更に低価格な10万円以下も存在します。
ただお葬式は故人を送る最後の儀式なので、安く簡潔に済ませる人は決して多くないと分かります。

家族葬は50万円~60万円、1日葬だと40~50万円が平均ですから、やはり50万円前後が費用の目安です。

低価格のプランが選ばれるケースは、主に直葬や火葬式と呼ばれる、簡単に済ませるタイプが中心です。

斎場の手配や確保が不要で、祭壇も豪華なものが必要ないことから、身内だけでコンパクトに済ませたい層に人気があります。

費用を大幅に抑えられる点が一番のメリットですが、場所や時間に余裕がないのはデメリットです。

これは安さを重視すると仕方がありませんし、家族葬や一日葬と比較して金額に開きがあるので、予算が限られる都合上妥協が求められます。

参列者が限定的で大きな斎場は必要ない一方、得られる香典が減少してしまう事実もあります。

その為、お葬式の規模を大きくするのは難しく、大きくしようとすると大幅に自腹を切ることになり得ます。

直葬・火葬式のイメージが地味なのは、こういう理由もありますし、一般葬を含めた全国平均と比べて金額の差が大きいのも納得です。

勿論、簡易的な見送り方でも立派な儀式ですから、家族が納得なら全く問題ないでしょう。

相場というのも目安に過ぎないので、予算内で無理なく、選んで良かったと思えるプランを選択することが大切です。

目安は目安でも比較検討のヒントになりますし、見積もりで提示される金額の妥当性を確かめる意味でも役に立ちます。

平均100万円の金額からはとても高額な印象を受けますが、金額が全国平均で50万円~60万円台のプランを選ぶ人が多いことが分かると、相場の実態が見えてきます。

葬儀にかかる費用の内訳は??

葬儀にかかる費用は、祭壇と棺の施行に斎場や火葬場といった施設の使用料、飲食と返礼品などのおもてなしに分けられます。

お布施や心づけも内訳に入りますから、これらも総額や相場に影響を与える要素として、念頭に置くことが大事です。

より具体的には、葬儀前に必要となるご遺体の移動や保存、メイクアップに安置室の使用料が挙げられます。

お通夜からお葬式にかけては、斎場の使用料や祭壇に位牌と、お供え物や水引幕、それに遺影の写真代も加わります。

受付や焼香具一式に会葬礼状、司会進行のスタッフに案内の看板と、送迎なども費用の負担が避けられないものです。

葬儀を終えたら霊柩車に乗って、火葬場に到着したら待合室を使用したり、遺骨や帰宅の送迎も必要です。

一般葬だとこれだけの準備や用意がありますから、高額な費用がかかるのも頷けますし、そう考えると全国平均の相場も理解できなくはないでしょう。

飲食はお通夜や精進落としの場で振る舞われるもので、用意する食事の内容やランクが金額に直結します。

参列者の人数を単価に掛けると、単純計算でおおよその総額が判明します。

1人あたりの料理を豪華なものにすると、最終的に飲食費だけでも高額になって、総額が大幅に膨れ上がります。

飲食と接待に関連する費用だけでも、全国平均で30万円くらいの金額です。

一方で寺院関連には、読経や戒名に御膳料、心づけと交通費が含まれます。

多くの場合は菩提寺の僧侶にお任せすることになりますが、この費用もまた飲食接待費と同様に高額になりがちです。

流石に僧侶にかかるお金を減らすのは難しいので、他の部分を見直すことが、出費を抑えるポイントとなるでしょう。

葬儀社が提案するプランは、基本的に複数の価格帯に分けられているので、予算に合わせて選びやすくなっています。

それでも、プランの中で選べる選択肢が用意されていたり、追加でつけられるオプションがあるなど、総額に影響する要素は少なくないです。

規模の大小や料理のランクは、発生するコストをかなり左右するので、予算オーバーや見直しを要する場合は、このあたりを再検討するのが得策です。

改めて内訳を確認すると、葬儀でかかるコストは施設を始め、飲食接待や心づけに寺院となります。

心づけはチップに相当するもので、世話役の人だと5千円~1万円程度が相場です。

代表を務める人には2万円くらい、反対にお手伝いの人達は2千円~3千円ほどです。

1つの大きな出費が大きいというよりは、小さな出費が積み重なって、総額が50万円や100万円になっているのが実際のところです。

葬儀形式べつの費用相場は??

実のところ、葬儀の形式で費用が決まることはなく、様々な要素で総額が決定されます。

しかし一般葬や家族葬、直葬に火葬式といった形式を分けてみると、それぞれに相場があることが分かります。

一般葬は全国平均で100万円が相場ですが、地域によっては優に100万円を超えたり、150万円台に到達することもあります。

家族だけでなく友人や知人、仕事の関係者に趣味仲間、そしてご近所さんも招くことができるのが魅力です。

となると、50名~100名くらい収容できる斎場が必要になりますから、100万円の大台に乗るのはやむを得ないでしょう。

親族のみで執り行う家族葬だと、参列者は精々20名くらいなので、一般葬と比べて斎場にかかる費用が抑えられます。

総額は全国平均で60万円ほどですから、葬儀はコンパクトになるほど金額も小さくなることが理解できます。

オプションを削ってよりシンプルにすると、費用は平均を大幅に下回る金額になります。

それだけコスト削減の余地があることを意味しますから、家族葬は予算が限られていたり、出費を抑えて節約したい場合に便利です。

直葬や火葬式は、葬儀から省けるものを徹底的に省いた形式なので、20万円くらいで済ませることができます。

斎場にあたる場所を用意しないので、多くの参列者を招くことはできませんし、儀式は簡易的で直ぐに火葬へと進みます。

お通夜が不要で1日あれば終わりますから、盛大な葬儀を望まない人達の間で近年人気を集めている形式です。

シンプルといっても、ご遺体の安置や飾り一式にお線香とローソク、保冷剤に棺も勿論セットになっています。

役所や葬儀の手続き代行費用も含まれていたりするので、20万円という相場が高いとはいえないでしょう。

生花や供物に看板、お通夜や告別式と司会進行のスタッフは必要ありませんから、このあたりの費用が一般葬や家族葬との差になります。

1日葬は直葬・火葬式に最も近いですが、生花などの設置はありますし、参列者は倍以上収容することが可能です。

告別式を執り行うので、その担当を行うスタッフの人件費と、会葬礼状や受付事務用品のコストが金額に追加されます。

相場は30万円台半ばが平均ですから、直葬や火葬式の倍まではいきませんが、それでも大幅に金額が大きくなるのは確かです。

これらは良心的なプランの金額で、オプションが沢山つくプランを選ぶと、たちまち総額の数字が増えます。

形式ごとの価格差も無視できませんが、選択肢の選び方や組み合わせもまた、金額に影響を与える要素だといえます。

葬儀費用が上がってしまう場合

葬儀費用が上がってしまう時は、他社に見積もりを出してもらったり、オプションを見直すのが良いでしょう。

葬儀社任せでお得なプランの提案を受けても、内訳を見るとオプションがついていたり、高めのオプションが選ばれていることがあります。

食事のランクを下げたり、飾りも削れるところを削ることで、膨らみがちな費用を抑えることができます。

内容が一般的なイメージと大きく変わるので、選ぶのは難しいと思われますが、思い切って料理の提供をなしにするのも1つの手です。

相場は標準的なプランを選び、オプションをつけた場合の金額なので、オプションを極力削れば費用は安くなります。

当然ですが、選択肢が用意される品物の上位グレードを選んだり、あれもこれもとオプションをつければ、葬儀費用が上がるのも必然です。

参列者以上の斎場を確保したり、棺を高級木材でゴージャスな仕様のタイプを選ぶのも、やはりコストアップに繋がるでしょう。

返礼品の選び方1つ取っても、単価が上がって総額を増やしますから、予算内で収まるように葬儀を計画したいところです。

病院に入院していた人が亡くなった場合は、病院から紹介を受けた会社を選ぶと高額になりやすいです。

金額よりもスピード重視の傾向ですから、じっくり検討する間もなく契約を急かされかねないです。

焦って契約すると、後で費用が高額だと気がつくことになり得るので、一呼吸置き落ち着いて決めることをおすすめします。

故人が健康保険に加入しているのであれば、埋葬費の給付を受けることができます。

国民健康保険、後期高齢者医療制度が利用できる人も、葬祭費の名目で給付が受けられます。

火葬は、市営の火葬場を使用すると、自治体によっては料金が無料になります。

市民葬の活用もコスト削減に有効で、これも自治体ごとに異なりますが、負担を軽減できる可能性があるので要チェックです。

工夫の余地は他にもあって、互助会に入ったり特約つきの生命保険に加入する、安く済ませられる生前契約も検討の余地ありです。

好意で提供する心づけは、一種のチップで金額に決まりはありませんから、少なめにしたり払わなくても良いです。

ところがお手伝いも好意によるものなので、お互いが納得できる形で金額を決めて渡すのが合理的でしょう。

葬儀は形式の選択で大体の相場が決まり、グレードごとのプラン選びやオプションのつけ方で10万円も20万円も変わってきます。

パッケージプランだと、案外無駄な出費を生むオプションが含まれていたりするので、内訳を確認して無駄を減らすことが肝心です。

葬儀費用を安くするには?

誰かがなくなってしまったとき、悲しみに浸る間もなく葬儀の準備をする必要がありますよね。

誰が亡くなったかによって準備も変わってきますが、特に自分が喪主となる場合は準備がたくさん必要なので、すぐにでも用意をしておきたいものです。

また最近は終活という言葉がはやっており、残した親族に負担をかけないためにも、自分で段取りをしておきたいという方も増えていると思います。

そこで今回は葬儀費用の相場や、準備をするときの注意点について紹介していきます。

準備をするといっても何からすすめていいのかわからないという方も多いかもしれませんが、中でも気になるのが費用です。

地域やどんな葬式をするのか等によっても価格は様々なので一概には言えませんが、だいたい平均は約200万円程度と言われています。

最後の見送りなので削りたくないという方も多いと思いますが、知識がないまま準備をすすめていくと、平均よりも大幅に膨れ上がってしまうこともあるので注意が必要です。

では価格を適正に保って葬儀を準備するためにはどうしたらいいのでしょうか。まずはプランを見直すところから始めましょう。

最近では一言で葬式と言っても、一般葬だけではなく、一日葬や家族葬など様々なプランがあり、その中から故人の希望などに合わせて適正なものを選ぶことで、費用を抑えられる可能性があります。

また地域によっては市民葬や区民葬などで、一般の葬儀場であげるよりお得な価格で利用できる場合もあります。

その他にも補助や扶助制度などが利用できる場合もあるので、自治体に確認してみると抑えられるかもしれません。

また終活で自分の葬儀を準備したいという方は、かかった費用が遺族の負担にならないように、保険等に加入しておいたり、自分で段取りをして生前予約申し込みをしたりすることで、自分で事前に支払いができるという場合もあります。

遺族が用意するにしても事前に用意するにしても、故人がどのような葬式にしたいかということでもプランの選び方が変わってきます。

その想いというのはとても大切な部分になってくるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また相場は平均約200万程度ではありますが、その費用の一部はご香典で賄うというケースがほとんどです。

参列してくれるであろう方の人数をだいたい計算してみることで、どんなプランが選択できるかということも分かるようになるので、まずはその計算をしてみるのも一つの方法といえます。

葬儀社への費用の支払い方

もちろんいくらかかるのかというのは一番気になるポイントではありますが、それだけでなく費用が高額となる関係で、支払い方法も気になりますよね。

支払い方は葬儀場によっても変わってくるので一言では言えませんが、タイミングとしては葬儀後に喪主が葬儀社に払うのが一般的です。

支払い期限も会場によって変わりますが、終了後1週間以内や1カ月以内とする場合が多いようです。

ですが中には即日に支払いが必要な場合もありますし、前金が必要な場合もあるので、方法が心配という方は事前に確認しておくことをおすすめします。

また生前予約制度のプランを利用した場合は、事前にある程度の費用を入金しておけることもあります。

遺族に負担をかけたくないという方は、そのようなプランを選ぶようにしましょう。

またその支払い方法ですが、主流と言えるのは会場で現金を手渡しするか銀行に入金するというものです。

手渡しで支払う場合も特別な封筒に入れる必要はなく、銀行の封筒などに入れておけば大丈夫です。相場が約200万円という高額な費用ですが、支払い方法がこの2択の会場も多いので注意が必要です。

最近ではクレジットカードで支払いができる会場も増えてきています。利用できるときは通常の買い物と同じように支払いをすることができますが、利用金額の上限が低くなっているとすべての金額を支払えなくなるので、利用したい場合は上限を上げておくのがおすすめです。

中には上限を一時的に引き上げることができるサービスのあるクレジットカード会社もあるので、カード会社に直接確認してみましょう。

もし支払いが難しいという場合、ローンを組むことが出来る葬儀場も中にはあります。

ですがローンには審査が必要ですし、まだまだ利用できる会場が少ないというのも現状なので、利用したいという方は確認が必要です。

支払はすべてが終わった後という会場が多いですが、相場である約200万円すべてがご香典で賄えると考えるのは危険です。

実は会場に払うお金以外にもお墓がない場合はお墓を立てる費用やお坊さんにお渡しする謝礼金、集まった親族で食事をするお金や返礼品など様々な費用が必要となる場合もあります。

式中にそわそわしないためにも、事前にどのくらい支払う必要があるのかという試算はもちろんのこと、支払い方法に関しても会場に確認しておくと、より安心して故人をおくることが出来るようになるので、その点にも注意しておきましょう。

葬儀費用を抑える為の注意点

出来るだけ負担を減らすためにも葬儀費用をおさえたいと考える方も多いかもしれませんが、抑えるだけでなくいくつかのポイントに注意する必要があります。

トラブルを引き起こさないためにも、注意点について詳しく説明していきます。

まず費用を抑えるためには適切なプランを選ぶというのが大切になりますが、そのプランが故人の希望にそったものかということを確認するのが大切です。

できるだけ負担を減らしたいというのはあたりまえのことですが、故人のための式という事を忘れず、希望に寄り添える最低限のラインを見極めることも重要となります。

もし故人が葬儀をしてほしくないという希望があったときは、大きな式にしないというのも希望に寄り添う一つの形です。

家族葬という形をとって親族や親しい友人のみに見送ってもらえば、故人の希望に寄り添えるだけでなく、自分の負担も減らすことが出来ます。

一般葬の相場は約200万円程度というのが主流ですが、家族葬であれば50万円程度に抑えられることもあるので、大きい式が故人のためになると思わず、家族葬も選択肢に入れることをおすすめします。

また本当に家族だけで見送ってほしいという希望があった時には、直葬や火葬と呼ばれる方法もおすすめです。

通夜や告別式を行わないという方法なので、家族葬より費用を抑えることが出来ます。

費用を出来る限り抑えて負担を減らすというのは大切ですが、価格を重視して業者を選びすぎると、対応がずさんというケースに発展しかねません。

安いということはどこかでコストダウンが行われているという事なので、価格だけで選ばず、しっかりと対応してくれる業者なのか見極めることも大切です。

口コミや評判などを事前に確認して依頼をするのも注意点の一つとなります。

さらにシンプルな葬儀にしすぎると、しっかりとお見送りをしたいと思っている親しい友人や親戚とトラブルになってしまう可能性があります。

シンプルなスタイルにしたのはあくまでも故人の希望であるので理解してほしいという事情を事前に説明しておくことで、トラブルを避けることができるので、家族葬や直葬を選ぶときにはその点も注意しておくことをおすすめします。

費用をできるだけ抑えて負担を減らせるというのはメリットといえますが、当然デメリットもあるので注意が必要です。

故人の希望や見送る側の希望、そして自分の負担など、様々なことを総合的に考慮することが、適切なプランを選ぶことにも繋がってくるので、細心の注意を払えるようにしていきましょう。

葬儀費用のトラブルの注意点

せっかく故人の見送りをする場なのに、トラブルを起こしてしまうのは避けたいですよね。

ここからはトラブルを起こさないためのポイントをいくつか紹介していきます。

まず一般的に葬儀の費用はご香典をあてにしているという方も多いと思いますが、ご香典で全ての支払いができるとは限りません。終わった後に支払いができないという事を防ぐためにも、参列していただけそうな方の人数を計算しておくことで、支払いのトラブルを避けることができます。

さらに事前に支払い方法について確認しておくというのも、トラブルを避けるために大切になってきます。

クレジットカードで支払えると思っていたらできなかったので現金がないというようなことになってしまえば、終わった後に焦ってしまうことになるので、見積もりを取る段階でいつのタイミングで支払えばいいのか、どんな支払方法があるのか等を確認しておきましょう。

また、いくかの葬儀場から見積もりを取って比較するのも大切です。

相場は理解していても、実は会場によって同じような内容で費用がお得にできることもあるので、会場を決めてからもっとお得な方法があることをしった、という事がないようにするのも、一つの注意点です。

一言で葬儀の費用と言っても、会場に支払うものの他に、親族や友人にふるまう飲食代や寺院に支払うものなどもあります。

見積もりを取った段階でどこまで含まれているかを確認しておかないと、終わってみたら費用が膨れ上がっていたというトラブルにも繋がりかねないので、見積もりにどこまで含まれているかの確認は必須です。また葬儀をするにあたってどんな費用が発生するのかということを知っておくと、トラブル回避にも繋がるので理解を深めておくようにしましょう。

また親しい方が亡くなった時は焦ってしまうのが当たり前だと思いますが、プランを選ぶときにはできるだけ落ち着いて選択できるようにしましょう。

慌てて選んでしまって故人の希望にそっていないプランを選んでしまったり、高額な会場を選んでしまったりしたら、それがトラブルとなってしまう可能性があります。

あとになって後悔してももう遅いというパターンが多いので、最後のお見送りを精一杯するためにも、落ち着いてプラン検討できるようにするのがおすすめです。

もしその時になって落ち着いて選ぶ自信がないという方は、事前にどんなものがいいのか考えておくと、焦ってもトラブルを引き起こす可能性も減らすことができます。

葬儀費用の相場や注意点まとめ

葬儀費用の相場や注意点まとめ

親しい方が亡くなれば、最後に盛大に見送ってあげたいと思いますよね。

でもあまり大事にしてほしくないという故人の希望があったり、かけられるお金が限られていたりするので、出来る範囲で適切なプランを選ぶ必要があります。

ただ一言で葬儀費用を抑えると言っても、その方法は様々です。

まずは葬儀にかかる費用の相場を知っておくことで検討材料になるので、相場と比べて検討中の会場はどうなのかを最初に確認できるようにしましょう。

会場やプランによっても費用が変わりますが、簡単に言うと一般葬が、一番お金がかかるというのは当たり前のことです。

様々なプランがあるとはいっても、今でも主流なのは一般葬なので、家族葬などにすると少しさみしい気がするという方も多いかもしれませんが、かえってアットホームで親しい人のみで手厚く見送りが出来たので満足だという声も多いんです。

また一般葬でも最近はプランも多様化しているので、儀礼的なセレモニーを排除したり、祭壇を工夫したりすることで、費用を抑えながら希望通りの葬儀をすることも出来ます。

あらかじめ予算を伝えておくことでその予算に合ったプランを提案してくれるだけでなく、支払いのトラブルを避けることもできるので、まずは会場に相談してみるのがおすすめです。

さらに一言で一般葬、家族葬といっても、人数は何人というように決められているわけではありません。

故人がこぢんまりと見送って欲しいと希望していたので家族葬にしたのに、気づいたら人数が膨れ上がってしまっていたという事がないよう注意が必要ですし、葬儀は何人くるか予想がつかないものでもあるので、ある程度人数が変わる想定をしておくことも大切です。

費用を抑えるというのは、負担を減らすという意味では大切です。

でも最後気持ちよく見送りをしてあげるためにも、トラブルは出来るだけ回避することも、同じように大切になってきます。

大切な方が亡くなって焦る気持ちは当然ですが、喪主になった時などはまずはいったん落ち着いて、どのように見送れば自分の気持ちや故人の気持ちを尊重できるのかということを考えてみるようにしましょう。あわただしいとは思いますが、複数の業者から見積もりを取ることで、さらにトラブル回避にも繋がるのでおすすめです。

その時になったら焦ってしまって冷静な判断が出来そうにないという方や、遺族に負担をかけたくないという方は、生前に葬儀についてよく相談しておくことをおすすめします。