葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀の費用が払えない場合は??解決策や葬儀代を低価格に抑える方法


葬儀の費用が払えない場合は??解決策や葬儀代を低価格に抑える方法

葬儀の費用が払うことができない、そのような時はまず身内に相談してお金を工面するのが先決です。

身近な不要な物を売却したり、集めるといった方法もありますが、時間と手間が掛かるのがネックです。

やはり、直接的にお金を確保できる方法が必要なので、信用できる相手に相談を行うのが現実的でしょう。

確かにお金の相談は恥ずかしさを伴うものでしょうが、時間的な猶予は限りあるものですから、早めに相談を済ませるのが賢明です。

依頼する葬儀社によっては、ローンが使用できるケースもあります。

審査を要するので申し込んだらOKとはならないのですが、しかしお金の悩みを解消する現実的な方法なのは事実です。

ローンいうものはカードローン、あるいはキャッシングを活用する手もあります。

このように、借りようと思えば借りられるチャンスはあるので、選択肢をピックアップして比較検討を進めたいところです。

場合によっては葬祭扶助制度が利用できますから、こういう制度についても把握しておきましょう。

費用を確保するのと同時に、葬儀代を安価に抑えることも、支払えない問題の解決のポイントとなります。

プランを一番お手頃なものにしたり、オプションを極力削って費用を減らすのがコツです。

一般葬に拘らないのであれば、一日葬や直葬・火葬式といった選択肢もあるのです。

一日葬はお通夜を執り行わない分、費用を抑えるということができます。

直葬・火葬式はお通夜と葬儀、告別式も飛ばしますから、大幅な費用削減と低価格が実現するでしょう。

この方法はかなりシンプルなので、盛大に故人を送り出したい場合には不向きになります。

逆に、故人が生前に小さな規模を望んでいたり、遺族が盛大なやり方に拘らないなら、十分に検討に値するはずです。

お葬式の代金は、基本的に現金払いが原則ですから、現金を準備できないとなると困ります。

特に、僧侶に支払うお布施は現金が普通なので、クレジットカードを使用した後払いや分割払いは困難です。

ですが、葬儀社によってはクレジットカードに対応で、お金の工面に時間的な猶予を持たせられる場合があります。

市民葬などの自治体が提供しているお葬式も、お金を払えない事態の回避に役立つ可能性を持ちます。

出費を抑えて必要なお金を減らすのは、お金の悩み解消にあたって合理的な考え方です。

故人が保険に加入しているなら、保険金や給付金が受け取れる可能性があるので、それらも是非チェックしてくださいとなります。

お金を借りることができる相手がいない、工面する方法が見当たらない場合は、最寄りの自治体の窓口に相談を持ち掛けるのが現実的です。

葬儀の費用が払えないときは??

葬儀の費用が払えないときは、家族や親戚にお金を貸して欲しいと相談するのが有力な解決策です。

まとまったお金が必要になるので、十分な信用がなければ難しいですが、それでも相談してみることが大切です。

全額を1人に借りる必要はありませんから、借りられそうな相手を複数人選び、現実的な金額の借り入れを持ち掛けるのが良いでしょう。

身内にお金を借りる宛がない場合は、葬儀ローンを検討して申し込んでみるのが手です。

葬儀社とクレジットカード会社の提携が前提ですが、審査に通ることで費用を借りられる可能性が高まります。

勿論、信用や返済能力が問われますから、誰でも必ず限られる保証はありませんが、審査を受ける価値があるのは確かです。

銀行においては、多目的に使えるローンが提供されていますから、こういう商品を検討してみるのもありです。

経済的に困窮してお金が払えないときは、葬祭扶助制度が利用できる可能性があります。

葬祭扶助制度は国が提供する仕組みで、生活保護法に基づき支給が行われます。

支給対象に制限はありますが、葬儀の場合だと最低限必要と思われる金額が支払われます。

具体的に対象が何処までかは個別の判断によりますが、一般的には故人が棺に納められ、火葬が行われるまでと考えられています。

カードローンやキャッシングは、当面のお金の問題を解消して、費用が払えない状況を回避するのに役立ちます。

故人が生命保険の加入者であれば、お金は保険金で賄うことができますが、請求から支払いまでにタイムラグが生じるのがネックです。

その点、一時的にカードローンなどを利用することで、直ぐに費用の確保や支払いを済ませることができます。

当然ながら返済が発生しますが、後で入ってくる保険金を返済に充てれば、少ない手数料の負担で済ませられます。

借りて後で返すという意味では、支払い方法にクレジットカードを選び、翌月以降に支払いを持ち越す手もあります。

いずれにしても、まずは現金を確保する方法を考え、次に借り入れる方法を検討したり実践するのが得策です。

お葬式を先送りにする、もしくは執り行わない選択は難しいですから、現実的な手を考えて実行に移したいものです。

プランを検討する段階なら、予算や支払いの問題を葬儀社に相談することで、より安価なプランを提案してもらえます。

一般葬から一日葬、直葬・火葬式に変更するのは極端ですが、現実的には選択肢として十分にあり得ます。

一般的な葬儀の費用は??

一般的な葬儀の費用は、一般葬の全国平均だと約200万円が目安となります。

お通夜から火葬に至るまでの葬儀一式が100万円以上、つまり半分を上回るとされます。

食事や接待に掛かる費用が30万円前後、読経を行う僧侶の寺院費用が50万円くらいです。

地域や内容によって上下しますが、身内や生前親しかった友人を招けば、あっという間に規模は大きくなって費用も膨らみます。

式場の確保や祭壇に棺と、葬儀一式ではそれぞれにお金が掛かります。

より大きな式場や豪華な祭壇、立派な棺になるほど金額は増加していきます。

金額があまりに大きくて払えない、そういうケースはごく普通の一般葬でもあり得るでしょう。

普通のプランを選んでも、相場を知らなければ金額に驚きますし、お金の準備ができていなければ実際に払えなくなります。

また、何も知らずに提案通りに各項目のグレードを上げていけば、必然的に金額は大きくなって払えない事態に直面する恐れが強まります。

葬儀の種類によっては、飲食接待費用を減らしたりなくすこともできますが、一般葬だと0にするのはまず不可能です。

参列者は飲食の提供があることを想定して参列するので、香典は相応の金額を用意します。

しかし、飲食接待が行われないとなれば、不満が生じて雰囲気が悪くなるでしょう。

料理のグレードを下げるのにも限界があるので、約30万円の飲食接待費はそのまま葬儀一式に加わります。

約50万円掛かるとされる読経料や戒名料についても、僧侶を招かなかったり戒名をつけないのは非現実的です。

このように、全国平均約200万円というのは必然的に発生するもので、一般葬で避けることは難しいです。

負担を減らすにしても削れる部分が限られるので、相場を知らなかったり準備が不足していると、容易に払えない状況に至ります。

質素に徹しても節約できる限界は低いですから、200万円は掛かるものとして覚悟する必要があるでしょう。

本当に事前に何も知らず、お葬式の本番で金額が判明する場合だと、急に200万円ものお金を用意することになります。

貯蓄や借りる当てがあるなら良いですが、身近に頼れる人がいないと困りものです。

基本的な部分に掛かるお金はほぼ固定費なので、削りたくても削るのは不可能に近いです。

1つ1つの項目が数十万円単位ですから、少しずつ削減したり、項目を丸々なくすのも難しいでしょう。

その為、お金の工面が難しく払えない恐れがあるときは、お葬式の選択そのものをまるごと見直す必要が出てきます。

葬儀の費用を低価格に抑えるやりかた

葬儀の費用を低価格に抑えるには、選択する式場のサイズを小さくしたり、祭壇や棺を最低グレードにするのが現実的です。

祭壇なしや棺の省略は不可能ですから、グレードを変更して抑えるしかないです。

思い切って飲食接待をなくすことで、30万円の節約はできますが、それだと葬儀の印象が悪くなるのがネックです。

寺院費用を削減するのも非現実的ですから、お葬式のプランごと見直すのがベストとなります。

いわゆる一日葬は、お通夜をまるごと減らせるので、費用を圧縮できたり、お金を払えない事態の回避が実現します。

簡略化されるのは間違いありませんが、葬儀の印象を大きく変えずに済むのはメリットです。

一般葬の各項目を見直していくよりも、大きく金額を減らせる選択肢となっています。

直葬・火葬式の選択は、もっと大幅に費用を節約できる方法です。

全国平均で数十万円程度とされていますから、200万円も掛かる一般葬と比べれば、圧倒的にお得だといえます。

式場が不要で祭壇は最小限と、かなり規模は縮小して寂しくなりますが、身近な人達と一緒に最後のお別れをできるのは間違いないです。

お通夜も告別式も省略されるので、経済的な負担の大部分や、お金を払えない悩みや不安が解消するでしょう。

火葬は法律で死後24時間以上の経過が条件ですから、その間の遺体の安置は必要です。

安置のお金は勿論発生しますが、お通夜の会場を用意したり、通夜振る舞いに掛かる費用が節約できる点は大きいです。

直葬・火葬式ではあっさりし過ぎて寂しい、それなら家族葬という選択肢もあります。

小規模ながらも家族や親しい人が集まれますし、ゆっくりと時間を過ごして故人とお別れできます。

香典返し、返礼品といった出費は発生しますが、参列者が少ないので負担の大幅な軽減に繋がります。

小規模ということは、故人や遺族の希望が反映しやすいことを意味するので、より理想的な葬儀が執り行えます。

これまでの価値観からすると、家族葬は理解が得にくく、参列できない人にとっては不満となります。

式場の規模に制限があるので、参列者を選定する必要が出てきますから、選定から漏れる人にも不満が生じるでしょう。

家族葬では、参列できない人を対象に、葬儀とは別の機会を設ける場合があります。

負担は増加してしまいますが、一般葬と比べて負担が小さいのは間違いなく、払えない状況に陥るリスクが減るのも本当です。

何を選択するかは故人の希望や遺族次第ですが、選び方によって低価格に抑えられることは、お葬式の種類を理解したり比較することで分かります。

葬儀の費用が払えない場合まとめ

葬儀の費用が払えない場合は??解決策や葬儀代を低価格に抑える方法

葬儀の費用が払えない場合には、身近な人に借りたり、ローンやキャッシングで未払いを回避する方法があります。

いずれも後に返済が発生しますが、葬儀の時点で払えないという状況は避けられます。

生命保険に加入していて保険金が期待できるなら、当面の費用としてこれらの方法で借り入れるのは現実的です。

返済の当てはあるわけですから、借り入れの手数料負担さえ納得できれば、後は借りて費用を支払うだけです。

ところが現実には保険に加入していなかったり、借り入れできる相手が存在しないことがあります。

ローンもキャッシングも信用と返済能力が物を言いますから、いずれかが不足していると借りる手はなくなります。

生活保護を受けていて生活が困窮している場合は、国の葬祭扶助制度を活用することができます。

葬祭扶助制度は利用に条件があって、誰でも活用できるわけではないですが、選択肢の1つとして覚えておく価値はあります。

借り入れに足る信用があって、後日お金が入る当てがあるなら、クレジットカードで支払いを済ませることが可能です。

クレジットカードは葬儀社が対応することが条件ですが、現金が用意できなくても費用を払えるのは魅力的です。

葬儀費用は全国平均で約200万円といわれ、中でも一般葬は削れる部分が少なく、ほぼそのまま負担が懐に直撃します。

祭壇を簡素にしたり、棺を最低グレードにしても、割合の多くを占める式場と飲食接待費や寺院費は減らせないです。

つまり、削ろうにも削れないのが一般葬で、経済状況によっては容易にお金を払えない状況が発生します。

現実的な答えとしては、一般葬に変わる直葬・火葬式や一日葬、家族葬の選択が低価格に抑える方法となります。

直葬・火葬式はシンプルかつ小規模ですから、最もお金を掛けずに済むお葬式です。

一日葬は期間の短縮が節約に有効で、お通夜の省略によって大きなコストの削減が達成できます。

家族葬は直葬・火葬式で物足りなさを覚える場合に、身近な人が集まってお別れが行える現実的な方法です。

お金の問題は容赦がありませんし、不幸が発生して家族が打ちひしがれていても、現実に負担が伸し掛かることになります。

葬儀そのものを遅らせたり、回避するのはまず無理ですから、直葬・火葬式であっても執り行う必要があります。

ただ、お葬式は選び方次第で約200万円が数十万円まで圧縮されるので、お金が払えない状況でも諦めるのは早計です。

規模や内容が縮小しようとも、現実的な金額の負担でお葬式を執り行えますから、お金の工面と共に代替手段を検討するのがベストです。