葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用で確認しておくこと?葬儀費用は誰が負担するの?


葬儀費用で確認しておくこと?葬儀費用は誰が負担するの?

身内に不幸があった場合、人々が気になる点の1つとして葬式に関する問題があげられます。

喪主の決め方や費用の負担に関することだと、初めての葬式の手配だと戸惑ってしまう方も多くいます。

そこでどのような点に注意したらいいのか確認して、冷静に対応できるようにすることが大切です。

実際に葬儀における費用の負担というのは、一般的に喪主がすべて行うというイメージを持っている方も多くいます。

しかし喪主だけが負担するのではなく、親が亡くなったなら兄弟で支払いをわけるなどの選択肢もあげられます。

状況を把握したうえで、どのような対応が必要になるのか考えていきましょう。

さらに葬儀費用で考える点の1つが、どのくらいの金額が必要になるのかという点です。

実際に必要となる金額の問題は、状況に応じて異なります。

家族だけで葬儀を行う場合と、大勢の知人などが参列するケースだと規模が異なるので金額にも差が出ます。

そのような違いを考慮したうえで、どのような形で葬式を行うのがベストなのか考えていくことが大切です。

さらに同じような規模の葬式だとしても、利用する葬儀屋によっても金額に差が出るケースも見られます。

少しでも金額の問題で納得できるようにするためには、葬儀屋に関する情報を集めたうえで判断するのも1つの手です。

ただし金額だけですべてを決めてしまうのではなく、サービス面などの対応も含めて判断することを忘れないようにしましょう。

また葬式を行う前に忘れてはいけないのが、故人の遺言がないか確認するという点です。遺言によって、家族葬を希望するなどの指定が行われている可能性もあります。

内容を確認することで、故人の希望に合った形で式を実施することが可能です。

さらに葬式の代金は、喪主や家族の預貯金から払えないなら故人の銀行口座から引き出すのも1つの手です。

故人の銀行口座は、死亡通知が銀行側に届くと凍結されます。ですが葬式のための費用の支払いであることを伝えることで、150万円を上限に引き出すことも可能です。

状況に応じて利用を検討するようにしましょう。

ちなみに葬式のために故人の財産を引き出した場合には、相続税の控除対象になります。

その点も考慮したうえで、どのような形で費用を確保するのかという点を考えていくことも忘れないようにしましょう。

さまざまな可能性を考慮することで、状況にあった形で支払いをすることにつながります。

選択肢を把握することが最初の一歩です。

葬儀費用は誰が負担??

葬儀を実施する場合、その費用は誰が負担することになるのでしょうか。

基本的には主催者という立場である喪主が負担をすることになります。

法律上の決まりがあるわけではありませんが、配偶者もしくは故人の長男や長女などが喪主を担当します。

実際に喪主を決める場合のポイントの1つが、故人の遺言があるか確認するという点です。

遺言で喪主が指定されている場合には、その内容に従うようにしましょう。

一方で遺言で故人の希望がない場合には、配偶者など続柄が上位の順番で決まっていくことになります。

血縁者がいない場合には、友人や知人に任せることもできますが、その場合は喪主ではなく友人代表という形で呼ばれることが多くなっています。

喪主が葬儀の費用を負担するといっても、1人だけで全額を支払うのが難しいということもあるでしょう。

規模の大きい葬儀になると、金額も高くなってしまいます。

そこで1人で負担するのが難しいのであれば、兄弟や姉妹などの複数の相続人で分担するという場合も多くあります。

そもそも葬儀を主宰する側といっても、喪主一人ではなく兄弟などのサポートがあるというケースも多くなっています。

そのため兄弟などで費用の分担をすることで、負担を平等にしていくというのも1つの手です。

このとき誰がどのくらいの金額を支払うのかというのは、もめやすいので注意が必要です。冷静に話し合って決めるようにしましょう。

葬儀のためのお金を支払いたくても、喪主や家族の預貯金から払うのが難しいという場合もあります。

そのような場合であれば、相続財産を支払いに充てるというのも選択肢の1つです。故人の銀行口座にお金があれば、その分を先に引き出して支払いのために利用することが可能です。

ただし故人の財産を支払いに利用できるといっても、いくつかの条件があるので注意しましょう。

そもそも個人の銀行口座は、銀行側に死亡通知が届くことで凍結されます。凍結状態なので、勝手にお金をおろして使うということはできません。

銀行側に葬式のためのお金だという点を伝えることで、一行につき150万円を上限にして引き出すことが可能になっています。

ちなみに葬式のために使った費用は、相続税の控除対象になります。

支払った人のみが控除を受けることになるので、相続人全員から了承を得たうえで費用の分担を決めることも大切です。

トラブルを防ぐためにも、事前に確認しておくことを忘れないようにしましょう。

葬儀費用の負担する前に確認することは??

葬儀費用の負担について考えていくとき、どのような点に注目したらいいのでしょうか。まず最初に確認するべきポイントになるのが、遺言書があるかどうかです。

故人の遺言書がある場合、相続財産の処分方法については書かれている内容が優先されることになります。

遺族であっても、遺言書の中身を無視して相続財産を勝手に運用するのは違法になります。

そのため遺言書の内容を確認したうえで、行動するようにしましょう。

また遺言書を見つけたとしても、勝手に遺族が中身を開封するのは違法行為になります。

正しい手続きを踏んだうえで開封して、問題の内容に葬儀のための準備などを進めていけるようにしましょう。

もしも勝手に開封してしまった場合、罰金刑が課せられる可能性もあるので注意が必要です。

実際の開封の際には、家庭裁判所に提出して内容の検認を請求するというパターンが一般的です。

さらに葬儀費用の負担について考えていくとき、故人が終活を行っていたのかなどの確認も忘れてはいけません。

故人が終活を行っていた場合、事前に葬儀社と生前契約を結んでいるケースも見られます。生前契約というのは、葬儀の内容や支払い方法を先に決定しておくという選択肢です。

この場合には、相続財産の中から支払いをするように指示されていることもあります。

もしも生前契約を結んでいない業者を選んでしまうと、契約不履行にあたります。

さらに故人の遺志を無視するということにもなるので、必ず確認することを忘れないようにしましょう。

また自宅に遺言書がない場合でも、故人が遺言信託を契約している可能性もあります。

遺言信託というのは、信託銀行や信託会社などに遺言書の作成や保管を依頼するサービスを指します。

この場合には、家庭裁判所の検認を必要とせず遺言執行を行うことができます。

実際に信託銀行や信託会社などに遺言を預けている場合、家族に知らせているケースがほとんどです。

故人の遺言があるという場合でも、葬式に関する記載がある場合とない場合にわけられます。

状況はケースによって異なるからこそ、まずは確認したうえで具体的に考えていくことが可能です。

故人がすでに葬式の生前契約をしている可能性もあるからこそ、内容を確認してから行動できるようにしましょう。

また遺族が困ることがないように、遺言や生前契約の有無は日ごろから家族に伝えておくというのも大切なポイントの1つです。

お互いが今後のことを生前に話し合っておくことで、トラブルを減らすことにもつながります。

葬儀費用の負担を軽くするには?

葬儀の費用負担を考える場合に、香典をあてにするとい方も多くいます。

参列者の数が多ければその分だけ香典の集まる金額も高くなるので、費用負担を減らせる可能性があります。

そのため葬儀のプランを考えていくときには、参列者の見込みと香典の総額から検討していくことも可能です。

ただし状況によっては、香典の費用以上に葬儀にお金がかかってしまうという場合も多く見られます。

そのような場合であれば、相続人で分担して支払いをすることになります。

具体的にどのくらいの負担額になるのか考慮したうえで、支払いを考えていくことを忘れないようにしましょう。

実際に香典で葬儀の費用を賄うのが難しいという場合には、どのように負担を減らしていけばいいのか考えていくことが欠かせません。

生命保険を頼りにしたくても、実際にお金が払われるまでには時間がかかります。

故人の財産を頼ろうと思っても、銀行口座は凍結されるので支払いが大変というケースも多いのです。

そのため負担を軽くするための選択肢を把握したうえで、どのような対応が可能なのか確認しておくことも忘れないようにしましょう。

まずポイントの1つになるのが、葬儀の規模を考えていくという点です。規模が大きいもののほうが、香典が集まりやすいかもしれません。

しかし香典が多く集まる一方で、規模が大きいものだと飲食費など会食にかかるお金も高くなります。

例えば一般葬ではなく家族葬を選択することで、予算の削減につながります。

家族葬にするのであれば、お通夜を省略して一日葬や火葬のみなどのプランを選択して、安く抑えることも可能です。

またお金の問題を考えるのであれば、補助や扶助制度に注目するのも1つの手です。

例えば各保険や組合に加入しているのであれば、補助金を申請することで葬式のために費用を受け取れることもあります。

例えば国民健康保険加入者であれば、最大で7万円受け取ることが可能です。

一方で国家公務員共済組合の組合員なら、最大で27万円が葬祭費として支給されます。

ただし給付金を利用したいというとき、注意しなければならない点があります。

その注意点というのが、葬式が行われた後に支給されるという点です。実際に行った後で申請をして給付を待つという流れになります。

申請には期限があるので、忘れずに手続きをするようにしましょう。

利用できる制度がないか確認しておくことで、支払いを少しでも楽にできるかもしれません。

葬儀費用の負担する際のまとめ

葬儀費用で確認しておくこと?葬儀費用は誰が負担するの?

葬儀費用の支払いと言われても、初めての喪主という立場だとどのように考えていけばいいのかわからない部分も多くあるかもしれません。喪主だけが負担をするというわけではなく、相続人で分担することで1人にかかる負担を軽減していくことが可能です。

また実際に葬儀の費用を支払うといっても、香典を支払いにあてるなどの選択肢もあげられます。状況を考慮したうえで、どのような形で負担していくのか考えていくことが欠かせません。

葬儀について考えていくときに忘れてはいけないのが、故人の遺志を尊重するという点です。故人によっては、遺言で具体的にどのような式を行ってほしいかなどの指定がされているケースも見られます。もしも指定がある場合には、その内容に従ってどのような内容にすればいいのか考えていくようにしましょう。

さらに遺言という形ではなく、生前契約で事前に葬儀社と契約をしているという場合もあります。故人が事前に契約をしている場合には、すでにプランや支払い方法が決まっている可能性が高いです。

もしも決められているのであれば、その内容に従って準備を進めるようにしましょう。

また実際に生前契約をしている場合、故人の銀行口座などの財産から支払いができるように指定されている場合も多く見られます。

また準備を進めていく際に忘れてはいけないのが、相続人全員が納得のうえでできるようにするという点です。葬儀費用というのは、相続税の控除の対象にもなる金額です。

そのような面もあるからこそ、相続人でしっかりと話し合ったうえで手続きを進めていく必要があるのです。

具体的にお金の問題や遺言の内容などについて考えたくても、どのように話し合っていけばいいのか戸惑ってしまうという方も多くいます。

困ってしまうことがあるのであれば、詳しい方に相談するのも1つの手です。

葬式を行う業者や相続に関する問題を相談できる弁護士などに話を聞いてもらうことで、準備に関する不安を解消して準備を進められるかもしれません。

実際に相続や費用の問題というのは、法律の面でも気をつけなければならない点が多く見られます。

注意点が多く存在している問題だからこそ、詳しい知識が豊富な業者や専門家に相談するのも1つの手です。

相談だけなら無料という場合も多いからこそ、まずは気軽に相談してみましょう。

業者の場合であれば、直接行かなくても電話やメールなどの方法で問い合わせができるケースも見られます。