葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬式費用】の保険について


葬式費用保険について

葬式費用保険は、葬儀による負担を考え開発され販売が行われている商品のことで、負担軽減を目的に提供されています。

ほとんどは少額短期保険とも呼ばれ、急な出費でも無理なく対応できるのが魅力的です。

これらの商品に加入する為には、加入者と葬儀保険会社との間で契約を結ぶことが必要です。

ただ審査はあんまり厳しくなく、簡易的な告知審査で済むケースが多いといえます。

場合によっては告知も必要ないので、費用軽減の為のハードルは非常に低いと考えられます。

元々は2006年に改変、施行された制度に基づく商品で、少額かつ短期間の引受を行う事業者が該当することから、ミニ保険という呼称もあるのです。

どちらにしても、保険料は月額数百円からと非常に低く、小さな負担で安心感が得られるのが特徴です。

価格の規模が小さいので、商品を提供する事業者は登録制で提供する決まりであり、必要な資本金は最低1千万円からと金額が低めです。

割とゆるい規制で取り扱い商品の内容が簡潔ですから、誰にとっても分かりやすく、比較検討や選択しやすい強みがあります。

提供期間は1年か2年、死亡時に受け取れる金額は300万円以下になります。

葬儀費用は地域にもよりますが、全国平均で約200万円が1つの指標となります。

内訳として、お通夜や告別式を含めた葬儀費用一式に、通夜ぶるまいや精進落しといった料理などの接待費、そして僧侶に対する謝礼になります。

葬儀費用一式は、式場の確保や祭壇の設置、遺影の準備や棺に遺体の運搬と、いずれも外したり減らすのが困難なものばかりです。

供花や骨壷にドライアイスもここに含まれますから、総額で平均でも100万円を上回っていきます。

一方で、料理は参列者の規模によりけりですが、返礼品を含めて40万円~50万円になるといわれています。

僧侶に払う謝礼などのお布施も、宗派や誰に読経をお願いするかで異なってきますが、最低でも15万円~20万円は掛かります。

金額が大きくなるケースだと、50万円の負担はかかりますから、突然不幸が発生すると経済的に大変です。

それらの時に安心できる制度が利用できると、少なくともお金の心配はなくなります。

貯蓄やまとまったお金があったら良いですが、どの家庭でも200万円の備えがあるとは限らないわけです。

ですから加入して受けられる商品があることは、選択肢の1つとして大切だと言えるでしょう。

より手頃で負担の少ない葬式の選択も可能となりますが、金額を下げると内容も縮小するので、後悔しないように選択したい所です。

葬儀費用の保険とは

葬儀費用保険とは、文字通り葬式で発生する費用の負担に備える、準備金を目的とした商品のことです。

少額短期な特徴からミニ保険とも呼ばれ、各社共に商品の内容がシンプルだったり、独自の付加価値をつけているケースがあります。

貯蓄が残せるならお金の不安はありませんが、貯蓄を増やせない場合、高齢者は特に今後や亡くなった後のことが心配になるものです。

しかし、葬儀費用保険は自分で自分の葬儀費用を準備したい人にとって、現実的で魅力的な選択肢となるでしょう。

保険業法の契約者保護機構の補償対象外なので、万が一商品を提供する会社が経営破綻しても、資金援助などの措置は行われないです。

その為、支払ったお金が戻ってこなくなる可能性はありますが、毎月の費用負担はとても小さいので、それほど懐に響かないのが嬉しいところです。

加入できる期間は短いので、加入のタイミングを見極める必要があるものの、支払う金額の総額が算出しやすい点は便利です。

気軽に加入可能ですし、決まった少ない負担で大きな安心感が得られますから、加入を前向きに検討する意味は大きいと思われます。

死亡時の保障が50万円や100万円、あるいは最大で300万円と手厚いので、葬儀で高額な負担が発生すると分かっていても安心です。

契約可能な年齢は商品によりますが、30代や40代から加入できたり、10代後半から80歳以上と、幅広い年齢層に対応する商品もあります。

どちらにしても、目的が明確で加入期間が決まっていますから、今後1年~2年を見据えて検討しやすい商品です。

貯蓄の心配がなくなったり、家族に金銭面の迷惑を掛けずに済むようになるなど、改めてこのタイプの保険は魅力が大きいです。

葬儀の際に直ぐお金が支払われるか、間違いなく受け取れるか事前に確認することは不可欠ですが、不慮の事故や病気の基本的な備えになる点は見逃せないポイントです。

多くの商品は掛け捨てなので、そこは留意する必要がありますが、納得できればかなり有力な選択候補になるはずです。

比較的手頃な商品は1ヶ月に1千円も掛かりませんし、不幸の際に速やかにお金が支払われるようになっているので、加入後はあまり意識せずに利用できます。

とはいっても、契約期間ごとに契約を更新しますから、その場合に契約内容を見直したり更新するか否かを決めることが重要です。

長期加入が前提ではなく、安心感を得たい時に加入できるので、柔軟性が高い上に手軽にお金の心配が解消できるのが良いです。

葬儀費用保険のメリット、デメリット

葬儀費用保険のメリットには、生命保険の加入が難しい年齢でも、加入したり利用できる点が挙げられます。

年齢制限があったり、病気の罹患で商品の提供が拒否されると、入りたくても入ることができないです。

しかし、葬儀費用の負担軽減を目的とした商品であれば、加入可能な年齢の幅が広く、割と誰でも入れるチャンスがあります。

勿論、入院中だったり直近で病気の診断や怪我を理由に入院した経験があると、加入を断られる可能性は考えられます。

該当しない人は加入のハードルが大幅に下がり、掛け捨てながらも少ない月額保険料で利用が始められます。

流石にワンコインとはいきませんが、現役世代で早めのタイミングだと、1千円未満で利用できる可能性が高いです。

50歳を過ぎると毎月の負担は増えますが、それでも1千円くらいで済むので負担が楽です。

このタイプの商品最大のメリットは、契約者が何らかの理由で亡くなった場合、直ぐにお金が遺族に支払われることです。

生命保険だと、書類の作成や審査に時間が掛かるので、早くても1週間くらい待たされることになります。

その待ち時間が解消しますから、殆どお金に悩まずに済みます。

魅力的な商品であっても、やはりデメリットはあるわけですが、特に注意が必要なのは保険の責任開始期でしょう。

これは契約を結び加入しても、即サービスの提供が開始しない期間のことです。

加入に成功しても一定期間は、お金を受け取る条件を満たしても保障の対象外なので要注意です。

基本的なことではありますが、契約者の保護機構の対象外で、商品提供会社の破綻に関する保障を行う機関は存在しないタイプの商品に位置づけられます。

つまり、契約者保護の仕組みがないので、経営破綻のリスクを理解して商品を選択したり、加入を決めることが問われます。

商品内容の金額的な規模が小さいことから、保護機構が存在しておらず、消費者自身に選択の責任が問われるわけです。

商品は掛け捨てで、長期的に利用すると元本割れの可能性もありますから、その点もデメリットに捉えられます。

決してデメリットがないわけではありませんが、総合的に改めて考えると、メリットの方が上回ると思われます。

身内の不幸は、家族にとって心理的な負担が大きく、同時にお金の負担や悩みが追加されます。

貯蓄が限られていたり殆どない家庭だと、葬儀が必要になった時に資金が用意できなくなります。

お金を借りるという方法もありますが、葬儀に掛かる金額が金額なので、前もって準備できて費用をまかなえる方法こそが安心に繋がります。

葬儀費用保険、手続きの流れ

葬儀費用保険に加入する場合は、商品を選んでプランの選択を行い、契約を結ぶという流れとなります。

商品は、契約者が死亡した時に受け取れる金額を始めとして、加入可能な年齢や支払い方法に多様性があります。

中には男性と女性でプランが分けられていたり、更新年齢が違う商品もあるので、事前に良く確認を行いましょう。

多くの商品は、要介護認定を受けていると加入できなかったりしますが、一方では要介護認定でも契約可能な商品が存在します。

他にも、医師の診断書が不要だったり、法定相続人以外を受取人に指定できる場合もあります。

一般的には、保険会社をリストアップして商品を比較検討したり、希望に合うものを絞り込むのが基本です。

次に、候補を絞り込んだら資料の請求を行い、より詳しい商品内容のチェックに進みます。

月々の負担は商品や加入希望者によって違いますから、見積もりを受けるまで正式な金額は不明です。

その為、目安となる月額保険料を鵜呑みにせず、必ず見積もりを出してもらうことが大切です。

注意点を挙げるとしたら、保険金が課税対象で相続税や贈与税が掛かることです。

これは契約者と受取人が異なる場合で、逆に同じだと今度は所得税が発生します。

こういう部分についても理解が不可欠ですから、忘れずに説明を受けて納得してから加入を決めましょう。

診断や告知書を提出する際は、嘘の内容を記したり、不都合なことを隠さないように注意が必要です。

告知義務違反をしてしまうと、受け取れるお金が受け取れなくなるので、不利にならないように告知義務を守ることが大事です。

1年契約の商品は、1年毎に契約を更新する必要がありますから、加入を続けるなら更新手続きも不可欠です。

もし不幸が発生して葬儀を執り行う状況になったら、保険金請求書を作成して会社に提出を行います。

後は内容を確認次第問題がないと判断されれば、翌営業日には所定の方法でお金が支払われます。

契約者が亡くなったことを証明したり、受取人に関する本人確認書類の提出は必要なので、これらを準備して提出するのが手続きの流れです。

分からないことは教えてもらえますし、担当者のサポートが受けられますから、不幸な中で混乱したり悩む心配はないです。

手続きを順番に済ませれば、契約の不備がない限りはお金が受け取れるので、なるべく速やかに手続を始めましょう。

葬儀費用の負担は間違いなく発生しますから、その負担の直撃を受けないように、早めの手続きで安心感を得ることが重要です。

葬儀費用保険のまとめ

葬式費用保険について

葬儀費用保険は名前のように、葬儀の際に発生する費用の負担軽減を目的としています。

保険金は最大300万円で、月々数百円から加入できる場合がありますから、少ない負担で大きな安心感が手に入ります。

契約期間は基本的に1年で、責任開始期が設けられているデメリットは存在しますが、病気や怪我がない限り、年齢を理由に加入できないことはあまりないのが魅力です。

しかも、医師による診察が不要で審査のハードルが低いなど、気軽に加入できる点が優れています。

告知義務を守ることや、契約者保護の仕組みがない部分の理解は欠かせませんが、メリットは依然として大きいです。

繰り返しの契約更新による元本割れに注意は必要ですが、上手く活用すると小さな負担で大きな安心感が得られます。

葬儀費用保険で受け取れるお金は、課税対象なので留意を要しますから、誰を受取人にしてどのような税金が発生するか予め良く確認しましょう。

葬式は何かとお金が掛かるもので、100万円で済むどころか容易に200万円に到達します。

葬儀費用一式と料理や返礼品に僧侶の謝礼を合わせると、全国平均が合計約200万円ですから、内容を見直しても大幅に負担を軽減するのは困難です。

家族葬なら負担は軽減できますが、まとまったお金が必要になることは間違いないです。

葬儀費用保険の加入手続きは、他のタイプの商品と基本的に同じで、資料を請求したり見積もりを受けて契約に進みます。

契約希望者は告知書を提出しますが、これは質問に対してはい・いいえの形式で答えることになります。

質問の内容は、入院や入院に準じた自宅療養をしているか、特定疾患を発症して要介護認定を受けているかなどです。

更に、数年以内に病気か怪我で7日以上医療機関に入院したかなども、質問に答えることが必要です。

過去10年の診察や治療も問われますから、間違えたり嘘をつかないように気をつけましょう。

ちなみに市販薬やサプリメントの使用、診療を受けずに完治した病気に関しては告知義務がないです。

不幸に直面してまとまったお金が必要な時はまず、受取人自身が加入している会社に連絡を行います。

加入者の名前や死亡日、死因に亡くなる前の状況が問われますから、これらをメモしておくことをおすすめします。

それ以降は保険会社が対応してくれるので、何をしたら良いか分からなくても心配無用です。

メリットが分かりやすく、加入の有無でここまで負担の大小が大きく変わる商品はあまりないですから、加入を前向きに検討してみるのは賢明です。