葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

繰り上げ法要ってどんな意味?当日に済ませちゃう訳は?


繰り上げ法要ってどんな意味?当日に済ませちゃう訳は?

最近では葬儀と同じ日に法要を済ませてしまう繰り上げ法要を行うケースが非常に増えています。一般的に初七日や四十九日と言う、葬儀の後日数が経過してから行うものですが、多くの親族が集まる機会がなかなか少ないため、葬儀で集まった時に同時に済ませてしまうと言う発想から起こっているもので、その段取りを踏むことで故人に対して失礼には当たらないと認められているものです。
一般的に人は亡くなった後四十九日までは魂が成仏せず、近隣を漂っていると考えられています。そしてこの間に7日単位で閻魔大王を始めとする10大王の現世での行いに関する裁きがあると伝えられており、その裁きにおいて様々な罪を許され、極楽浄土に旅立ってることができるよう祈るのが法要となっているのです。そのため初七日にまず1回目の法要を行い、以後7日ごとに行われるのが本来の姿となっています。
しかし現在では初七日に行い、その後四十九日に行って故人を送るのが通例ですが、なかなかこのタイミングで集まることができないと言う親族も非常に多くなっており、初七日の分を葬儀の際に行ってしまおうというのが繰り上げ法要と言う方法です。すなわち、初七日の法要当日に集まることができないことから、皆が集まっている葬儀の時に初七日の法要を同時に行ってしまおうと言う点から繰り上げ法要が生まれているのです。
繰り上げ法要の基本的な方法は、葬儀を行った後いちど葬儀場に行って本人を送った後、もう一度会場に戻って初七日の法要を行うスタイルが一般的です。これを戻り法要といい、一般的な繰り上げ法要のスタイルとなっています。
ごくまれに四十九日の分も繰り上げ法要で行われると言うケースもありますが、これはあまりにも日にちが空きすぎるためにあまり推奨されてはいません。四十九日の場合には再度集まって亡くなった人を忍びながら祈りを捧げて思い出話をするのが1つの風潮となっており、繰り上げ法要を嫌うと言う人も多くなっています。しかし初七日の繰り上げ法要は非常に多くなっており、その場で皆が集まった時に行うのが良いと考えられている面があるのです。

繰り上げ法要ってどんな意味?当日に済ませちゃう訳は?