葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

いざという時に備えて把握しておく訃報の知らせ方と連絡する内容


いざという時に備えて把握しておく訃報の知らせ方と連絡する内容

家族が突然逝去した場合、訃報連絡はどのようにすべきか対応に困ってしまう方も少なくありません。

亡くなった直後に逝去の一報を伝える場合は、まず相手のことを考えて慌てずに冷静に対応する必要があるので、いざという時に訃報の知らせ方や内容を備えておくことが大切です。

基本的に訃報連絡は出来るだけ迅速かつ、確実に連絡をする必要があるので、親族や故人と親しかった友人には電話での連絡をすることが適しています。

電話を利用する際には慌てないように、あらかじめ連絡する人のリストを作成しておくと安心なので、親族をすぐに連絡の必要がある人、通夜と葬式の日程が決まってから連絡をする人の2つに分類しておくとスムーズです。

電話以外の方法としては、手紙や死亡広告、メールを利用する事ができます。

手紙の場合死亡通知書として、はがきや手紙など書面で郵送する方法となり大勢に向けて通知したい時に有用です。

広い交友関係を持っていた場合や、社会的に立場が高かった人が亡くなったという場合には新聞の死亡広告を出すと幅広い人に通知することが出来るので便利です。

メールは電話と同様にスピーディーに伝えることが出来る方法ですが、目上の方に伝える方法には適していませんし、普段からメールを利用していない方やメールチェックを頻繁に行わない方には向かないため、出来るだけ電話を利用すると確実に相手に伝えることが出来ます。

連絡する順番としては、最優先に家族や親族に伝え、次に故人の友人や知人、会社関係や学校関係に連絡し、次に遺族の関係者、隣近所や町内会という順番になります。

親族の場合三親等辺りまでの範囲で知らせることが一般的です。