葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

喪主が通夜を迎える際の正しい服装!


喪主が通夜を迎える際の正しい服装!

自分が喪主になった場合に悩むのがその通夜の席の服装です。

紋付の着物で正装をしなければならないのではないかと考えている人も多いのですが、最近では洋服を着る機会も非常に増えており、これが正式な喪主の服装として認められつつあります。

男性の場合には、基本的には黒のモーニングに黒のネクタイというのが正式な洋風の喪服で、ベストは上着と共布のシングルとし、ズボンは縞柄とするのが基本です。

その裾はシングルとし、シンプルな形とするのが基本的な服装となっています。

もちろん和装でもよく、この場合には黒羽二重の染め抜き五つ紋月に羽織袴と言う、基本的な和式礼装が一般的です。

ここで注意したいのはお祝い事の際には重ねる下着の襟は重ねずにすることがポイントです。

女性の場合には着物と言うイメージを持つ人が少なくありません。

着物の場合には羽二重に染め抜きの五つ紋をつけた黒の無地が生色となります。

またお土産や小物も黒で統一し、白度に黒の草履と言うのが基本です。

ただし最近では女性でも洋服を着用することが増えています。

洋服の場合には黒無地のワンピースやフォーマルスーツなどが好ましく、アクセサリーや光ものは極力避けることがポイントです。

またボタンなども光沢のないものとするのが基本となっているため、この点に注意をすることが重要です。

通夜の席は非常に混乱していることも多いため、服装もついつい乱れてしまうと言うことも少なくありません。

そのため、最も良いのは男性の場合には羽織袴、女性の場合には着物と言う印象があるのですが、近年では洋服を着用すると言うケースも少なくありません。

男性の場合にはモーニングと言うのも急遽用意できないことも多いため、この場合は黒の礼服などで済ませることも多くなっています。

ただし正式な服装は洋服の場合には黒のモーニングであることを意識し、通夜の席では礼服でも正式な告別式の場合などはモーニングを着用するようにすることがポイントです。

喪主が通夜を迎える際の正しい服装!