葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

位牌は必要?作る時期は?位牌作成時のよくある疑問に答えます


位牌は必要?作る時期は?位牌作成時のよくある疑問に答えます

位牌は故人の戒名や法名が書かれた木牌のことで、仏教では故人と同じように取り扱われるものであるため、非常に重要であると考えられているものです。

最近では、費用面や亡くなった人の意志等により占いと言うことも増えていますが、故人の分身と位置づけられるものでもあるため、作っておく方が良い物です。

さらに、家族にとっても心のところになることが多いため、非常に有効なものとなっています。

また位牌を作ったあとに開眼供養をします。

これを行うことで、位牌としての役割を持つとされていることもあるため、基本的には四十九日を迎える前に作っておくことが良いと考えられており、その後の手続きも含めると、できるだけ早く作る方が良いとなっています。

位牌作成を行うには費用も必要となりますが、その代金は使用する木材の性質や作業をするための時間なども大きな影響を受けることが多く、その費用もまちまちです。

ただし一般的な人であればおおむね5万円程度で充分に効果を発揮することができると考えられているのが特徴です。

あまり価格の安いものの場合には、木材が腐ってしまったり、壊れてしまう恐れもあるため注意をしなければなりません。

そのため価格をあまり意識せずにしっかりしたものを選ぶことが重要となります。

位牌は亡くなった人の分身であることから、長期間でも壊れたり汚れたりするようなことがなく、丈夫なうことが重要となっています。

そのため、長期間使用するものであることも考慮し、適正な素材を利用しているものを選ぶことが必要です。

位牌作成の際には、普段からお世話になっている会社を選ぶことが必要です。

短時間で流れに合わせて良いものを制作してくれる可能性が高く、また秋花のもよく理解しているため安心して依頼することができるのです。

さらに位牌作成と同時に開眼供養もしっかりと行わなければいけないため、代々お世話になっている菩提寺に依頼すると、良いものを効果的に作成することがポイントです。

位牌は必要?作る時期は?位牌作成時のよくある疑問に答えます