葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

キリスト教における法事に相当する儀式の内容と意味


キリスト教における法事に相当する儀式の内容と意味

キリスト教においても法事に当たる儀式が存在しますが、仏教で見られるように決まり事が細やかに決められているのではなく自由度が高い様子が特徴的です。

その理由はキリスト教では仏教のように考え方として供養が存在せず、法要が義務付けられていないためです。

キリスト教では命を全うする事は神の所に戻る事という考え方をするので、悲しむ事ではなく喜ばしい事として認識しているため、キリスト教における法事に当たる儀式では故人の事を思い出したり、個々のけじめを目的とします。

また、一言でキリスト教と言ってもカトリックまたはプロテスタントに分けられそれぞれに違いがあります。

カトリックにおいては追悼ミサと呼ばれる儀式が行われますが追悼ミサでは亡くなった3日目と7日目、30日目に開かれ親族の他に友人知人などが教会に招かれます。

仏教では1年が経過した段階での命日に一周忌が行われますが、カトリックでは記念ミサが開かれます。

1年後の記念ミサの後は取り分けて定められたミサが行われる事は無いものの、10年間が経過した段階や20年間が経過した段階というような節目で行われる事例もあります。

そのような追悼ミサが開かれると聖歌を斉唱や朗読、祈祷が行われ滞りなく終えられた後は教会もしくは自宅にて茶話会が開かれる事も珍しくありません。

このような特定の方に対して行われる追悼と共に11月2日にはこの世を去った全ての方々に向けたミサが行われ、それぞれ墓地のお手入れを行ったり花を捧げます。

プロテスタントではカトリックのように追悼ミサという名称は用いられず、記念集会という名称で呼ばれる上に行う場所も教会ではなく自宅が多いです。

自宅にて行う時には故人の遺影の写真と十字架、祭壇を設けつつ亡くなった後1ヶ月間が経過した命日に牧師と親族、友人知人と共に行います。

礼拝を終えた後は追悼を目的として茶話会が開かれる様子や、命日に記念集会が開かれた後は定められていない様子はカトリックと共通しています。

キリスト教における法事に相当する儀式の内容と意味