葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

JA組合員の方は必読!農協葬儀のメリット・デメリット


JA組合員の方は必読!農協葬儀のメリット・デメリット

農協葬儀のメリットは、葬儀にかかる費用を安く抑えられることや、対応している宗教や宗派が多いことなどです。

農協は、農家の人の生活を守ることを目的として作られた組織なので、JA組合員の方であれば安い費用で葬儀を行えます。

JAは協同組合なので利益などを追及しておらず、JA組合員価格を利用すれば、普通に葬儀を行うよりも、格段に安く済ませることが出来ます。

実際にかかる農協葬儀費用や、どれぐらい安くなるかについては、地域ごとに異なるので、所属している農協への確認が必要です。

また日本では葬儀を行う際には、仏式が一般的で他の宗派は選べないことが多いです。

しかし農協葬儀では仏式以外にも、キリスト教や無宗教などの宗派にも対応していて、幅広い宗派の葬儀を行うことが出来ます。

逆にデメリットとしては、住んでいる地域によって費用やサービスの質に違いがあることや、プランの選択肢が少ないことが挙げられます。

農協は地域によって運営方針などが異なり、地域によっては農協葬儀費用に大きな差が出ることもあります。

また人材の育成が難しいなどの理由から、実際の葬儀の段取りなどは、地域の葬儀社が代行している場合も多いです。

このような場合には、葬儀の内容やサービスの質や、葬儀場のスタッフの質などが低い可能性があります。

農協葬儀費用もサービスも、地域の農協の運営方針によって、大きく変わるので事前の確認が重要です。

プランの選択肢についても、JA組合員であれば安い費用で葬儀を行える一方で、棺桶や祭壇などの選択肢が少ないこともあります。

葬儀は故人とお別れをする大事な儀式なので、後から後悔しないためにも、どのような葬儀が良いのかをイメージしておくことが必要です。

費用が少ない分祭壇や葬儀会場がシンプルな場合も多いので、葬儀の内容やプランについて希望がある場合には、地域の農協葬儀で対応しているかを確認すると後でトラブルが発生しにくいです。

JA組合員の方は必読!農協葬儀のメリット・デメリット