葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

自由な形の葬儀を行う無宗教葬とは?


自由な形の葬儀を行う無宗教葬とは?

葬儀というと宗教色の強いイベントだと考えている人が多いでしょう。

各宗教で定められた伝統的な方法で、厳かに進められていくのが一般的となっています。

しかし、実はまったく宗教色の強くない葬儀も存在するのです。

自由なスタイルで行われるのが特徴であり、故人や遺族の好みや願いを繁栄しやすいというメリットがあります。

ただし自由とはいえ、無宗教葬式方法にも定番があるので覚えておきましょう。

最初に参列者が入ってきて、それが終わると司会者が葬儀のスタートを宣言します。

仏教のようにお経は読みませんが、故人に対して黙とうを行う点は変わりません。

ここからが独特となっており、音楽を演奏するなどの演出が実施されます。

故人について紹介が行われるのはこの後が多いです。

たいていの場合はスライドで画像や動画などを表示し、それを見ながら懐かしむ時間が設けられています。

そして、遺族の代表が前に出てメッセージを読むという流れです。

続けて、参列者は棺に花を入れながら別れを述べていきます。

ここで長めの時間をとるのが一般的ですが、全員が終了したらその時点で葬儀も終わりです。

実際には、もっとアレンジが加えられることも少なくありません。

柔軟に行えるというメリットをうまく活かすことで、故人へ最大限の敬意を払うことが可能になります。

ただし、これまで通常の葬儀を行ってきたのであれば、注意しなければならない点も多いです。

たとえば無宗教葬納骨もその一つであり、仏教で定められた手順を踏んでいたないということで、他の親族と同じお墓に骨を収められない恐れがあります。

したがって、最終的にどのような状態にしたいのか考えたうえで実施しなければなりません。

もし同じお墓に入れたいなら、前もって寺院などの管理施設に確認をとっておくのが望ましいです。

参列者に、無宗教葬であることを前もって知らせるのも忘れてはいけません。

特に年配の方にはしっかりと説明しておきましょう。

自由な形の葬儀を行う無宗教葬とは?