葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

知っておけば状況に合わせて選べる。様々な納骨方法と必要な準備


知っておけば状況に合わせて選べる。様々な納骨方法と必要な準備

火葬を行うからこそ日本には様々な納骨の方法が存在している上に、社会の変化などにより個性化や多様化がますます顕著になってきています。

最も多く選ばれている納骨方法が墓石であり、骨壷に入れた骨を墓石の中央部に位置している扉を開けて収めるのですが、墓石の形は従来の縦長の他に洋風の横長のタイプやオブジェのようなデザインが施されている形状も増加傾向です。

墓石は墓地に存在しているという特性上屋外ですが、屋内の施設にお墓が存在している納骨堂も存在しており、屋内という特性上天候に左右されないため冬になると雪が積もる地域や、高齢でバリアフリー化された環境を求めている方に多く選ばれています。

また、今日では家族形態の変化などによって代々継いできたお墓を継ぐ者がいないという事が珍しくないですが、お墓を継ぐ者がいない方に中でも選ばれているのが合同葬です。

合同葬は合葬墓または永代供養墓と呼ばれる事もありますが、名称が異なっても様子は共通していて1990年代に入った頃から特に見られるようになっています。

合同葬は墓地を運営している企業やお寺などによって管理が行われるので、継ぐ者がいなかったとしても管理が行われ続けられるので安心ですし、後継ぎが居たとしても遠く離れた場所で生活をしていて高い頻度で掃除などに来る事ができないという方にも安心です。

同じく1990年代の後半から知名度が高くなった納骨の仕方として挙げられるのが樹木葬であり、樹木葬はこれまでの墓石などを使用せずに自然に存在している木々を使用する納骨方法です。

人生を全うした後は自然に戻りたいと考える方が増えた事によって生前から希望する方が増えていますし、使用する木の種類に関しても桜の木などバリエーションに富んでいます。

樹木葬のように自然に戻りたいと考えている方には海洋などに散骨をする方法もあり、散骨では業者に対して必要書類の提出をしたり業者のみならず、自らも船に乗って沖合に行き散骨をする方法などが選べます。

知っておけば状況に合わせて選べる。様々な納骨方法と必要な準備