葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

戒名は自分でも作れる!自作する場合に把握しておく注意点と参考事例


戒名は自分でも作れる!自作する場合に把握しておく注意点と参考事例

戒名とは、故人が仏門に入ったことの証として、現在では菩提寺の僧侶に授けてもらうのが一般的です。

しかし実はこの戒名は、僧侶に授けてもらわずに、遺族が自分でつける事も可能なのです。

菩提寺がある場合はもちろんの事、通夜・葬儀を営む際にお願いする寺院の僧侶には、事前に了解してもらう必要があります。

事前に相談せずに、勝手につけると、もめる事になるので、まずこの点に注意する必要があります。

もちろん、僧侶なしで通夜・葬儀を営まれる場合には、こうした配慮は不要と言えます。

その上で、実際に戒名を自作するのですが、その場合でも一定のルールに従って決める必要があります。

このルールを説明すると共に、実際にどの様に作られるのか、例を示したいと思います。

戒名は基本的に、院号・道号・戒名・位号の4つの部位で構成されます。

院号は仏教に深く帰依した故人に授けられるもので、寺院に多大の寄付を行うと言った特別な貢献をした人にのみ与えられるものです。

道号は故人の人柄・性格・職業・趣味などを元にしてつけられます。

また戒名には普通2文字が用いられ、故人の名前の一文字と、仏の名前や経典から一文字をとる事が多いと言えるでしょう。

そして最後の位号は、戒名の位を示すためのもので、成人男性の場合は信士・居士・院信士・院居士が、また成人女性の場合は信女・大姉・院信女・院大姉などがあり、いずれも後になるほど位が高い人に授けられます。

僧侶に戒名を付けてもらう場合には、生前のお寺に対する貢献度や、お布施の額を勘案して、位号が選定され戒名全体を名付けられるのが一般的です。

例として、美空ひばりさんの「茲唱院美空日和清大姉」を見てみたいと思います。

偉大な歌手であり、茲唱院と言う院号がつけられており、さらに位号も大姉と最高位がつけられています。

しかし自分でつけるからと、美空ひばりさんの例のように院号や最高位の院居士や大姉と言った最高位の院号は、避けた方が無難と言えるでしょう。

遺族にとっては大切な故人でも、余りにも立派過ぎるものをつけると、知識のある方に変に思われる事もあり、この点にも配慮されるのがお勧めです。

戒名は自分でも作れる!自作する場合に把握しておく注意点と参考事例