葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

改葬の手続きと流れ


改葬の手続きと流れ

改葬は墓じまいの一つの方法であり、現在の墓地が家から遠い、お墓を継いでいく人がいないといった場合に検討をすることが多いです。

近年では少子高齢化が進み、お墓自体も継承する人がいなくなる無縁墓となってしまうことも多く、霊園やお寺にとっても困った問題となっています。

改葬はただ行えるのではなく、法律が定められており、遺骨が納められている墓地や納骨堂がある市区町村の許可を受けなくてはなりません。

まず、改葬の手続きとして必要なのは改葬許可申請書兼許可証などを手に入れることであり、市区町村によってはホームページからダウンロードをして記入をし、市役所等などに持っていく必要があります。

許可証の申請に関しては、埋葬証明書や受け入れ証明書、なども必要となることが多いので、何の書類が必要なのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

なお、複数のご遺骨を改葬する場合は一人一人のものが必要となります。

改葬の流れとしては、まず移転をさせたい納骨堂や霊園を探し出すことから始めます。

自宅から近いか、施設内の様子はどうなのかをしっかりと考え、費用も吟味しながらきちんと見学をして決めることが大切になります。

移転させたい場所が決まり次第、契約をし受け入れ証明書をもらいますが、これだけでは改葬をすることはできません。

必ずお墓を管理している寺院などに埋蔵証明書を、市町村役場では改葬許可申請書を発行してもらうようにします。

この改葬許可申請書は必要な項目を記入した後、埋蔵証明書と受け入れ証明書を添えて再び市町村役場に提出をすると改葬許可証が発行され、お墓からご遺骨を取り出すことが可能になります。

なお、許可証は故人一人につき、1枚必要となるのでお墓に多くご遺骨がある場合は人数分必要となりますので注意が必要です。

寺院では魂抜きとも言われる併願供養を行い、僧侶にお経をあげてもらい、ご先祖の魂を抜いていきます。

受け入れ先では逆に開眼供養を行い、お魂入れを行います。

改葬の手続きと流れ