葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

故人の確定申告は済ませましたか?代理で行う準確定申告の進め方


故人の確定申告は済ませましたか?代理で行う準確定申告の進め方

納税者が亡くなった際に、相続人によって行なわれる故人の確定申告のことを、準確定申告と呼んでいます。

亡くなった人すべてに準確定申告が必要になるわけではなく、給与所得以外に20万円以上の収入がある人や、事業所得や不動産所得などがあるケースなど、通常の確定申告が必要なケースの場合には準確定申告も必要となります。

給与所得があり源泉徴収が行われているケースや、高額な医療費を支払っていた場合には、申告を行うことによって還付を受けられるケースも出てくるでしょう。

準確定申告の進め方としては、ほとんど確定申告の内容と変わりません。

しかし相続人が行うことから、手続きを進めるうえで確定申告とは異なる点もあるので注意が必要です。通常の確定申告の場合には、毎年2月16日から3月15日の間に手続きを行うことになりますが、準確定申告の場合には申告が必要となる人が亡くなった事実を知ってから、4カ月以内に相続人が行わなければなりません。

また故人の相続人となる人すべてが行う必要があり、確定申告付表と呼ばれるものを使い、すべての相続人が連署を行います。

準確定申告を行う場所は、相続人の住所の管轄税務署とは異なり、納税者の住所地を管轄している税務署で行うことになります。

遠方などの理由で足を運ぶのが難しい場合には、郵送でも提出することが可能です。

その際には控えの返送に必要となる切手を貼った返信用封筒を同封します。

通常の確定申告と同じように、故人の源泉徴収票や保険料などの支払い証明書などは、事前に準備しておく必要があります。

手順としては通常の確定申告とほぼ同じですが、申告者の氏名欄は被相続人の氏名だけではなく、相続人の代表者名を記入し、用紙の表題の確定申告の先頭部分に順という文字を付け足しておきましょう。

提出期限は相続の開始が分かってから4カ月以内になっていますが、必要な書類をそろえるためにかなりの時間を要することも考えられます。

相続の手続きを行うとともに、手際よく準備を進めていく必要があります。

故人の確定申告は済ませましたか?代理で行う準確定申告の進め方