葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

韓国式の葬儀は3日間が基本 全体の流れや日本と異なる参列マナーとは


韓国式の葬儀は3日間が基本 全体の流れや日本と異なる参列マナーとは

日本と韓国は非常に近い国ですが、様々な文化やしきたりが大きく異なります。特に基本となる宗教が日本は仏教であるのに対し、韓国は儒教が中心となるため、その作法の考え方が大きく異なるのです。

その中でも、お葬式についてはその作法も日数も異なるため、韓国式の葬儀の作法を覚えておくと、思わぬところで役に立つ場合が少なくありません。

韓国の葬儀の基本はサミルチャンと呼ばれる葬儀で、3日間かけて行われるものです。3日3晩の間弔問客を迎え入れ、食事を振る舞うことになるため、日本の葬儀と比べると非常に長期間にわたるものとなり、遺族の負担も非常に大きなものとなっている反面、血縁が強い韓国では親族の広い範囲で対応するものとなっているのが特徴です。

韓国の葬儀は、1日目は亡くなったことを知らせることや葬儀の準備が行われ、2日目は日本の通夜と同じように弔問客を迎えながら告別式の準備を進め、3日目は正式な告別式を行うことになります。また3日目には個人の魂を弔う祭祀も行われることから、日本の告別式に比べて非常に多くの時間を費やすことになります。

韓国の葬儀では、喪服を着なければいけないのは2日目からとなっており、亡くなった人の8親等以内の親族に正装が求められるのが特徴です。そのため、参列マナーは日本に比べて非常に厳しいものとなっています。

韓国式の葬儀では弔問客の参列マナーも非常に厳しいものとなっているのが特徴です。

その中でも、焼香のマナーは非常に厳しく、クンジョルというお辞儀の方法で行うことが必要となります。

クンジョルは立った状態から膝をつく深いお辞儀のことで、目上の人に対して挨拶をする際に行われる方法です。

韓国ドラマなどで見かけることも多い方法ですが、焼香の際には遺影に向かってこのクンジョルを2回、立った状態1回と言うお辞儀をするのが一般的です。

また、韓国式の葬儀ではその三日間の間常に弔問客が訪れる可能性があるため、家族や親族が交代でその受付を行うのが一般的です。

そのため日本の場合に比べ非常に大々的なものとなっており、家族や親族の負担が大きくなりがちな点も特徴となっています。

韓国式の葬儀は3日間が基本 全体の流れや日本と異なる参列マナーとは