葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

お葬式と法事の違いって!?恥ずかしい思いをしないための基礎知識


お葬式と法事の違いって!?恥ずかしい思いをしないための基礎知識

法事関係の言葉は使い分けが難しいにもかかわらず、普段の生活では使いません。

出席した場で質問するのもなかなか難しいので、自分で勉強する必要があります。

法事とは亡くなった人の霊を慰める目的で行う供養のことです。

似た言葉に法要がありますが、法要は僧侶にお経をあげてもらうことを指します。

一方、法事は法要とそのご会食などを含むものを指します。ですからお葬式は法事の一部であり、お通夜も同様です。

法要には忌日法要や年忌法要、納骨関連の法要などの種類があります。

忌日法要は亡くなってからの日数によって必要となるものです。

初七日は7日目に行い、遺族や友人などが出席します。

ただし現在ではお葬式のあとに初七日の読経も続けてあげてもらう形が増えています。

14日目が二七日忌で21日目が三七日忌です。

同様にして42日目の六七日忌まであり、いずれも遺族のみで行い僧侶の読経はありません。

49日目の七七日忌は四十九日とも呼ばれ、故人の霊が極楽浄土に行くため僧侶に読経と焼香をしてもらいます。

遺族や友人が出席し、みなが焼香を行います。

ここまでの7日ペースが崩れますが、100日目には百ヶ日という法要があります。これに僧侶を呼ぶことは一般的ではなく、遺族だけで行います。

亡くなってから決まった年数が経過すると年忌法要を開きます。

満1年が一周忌で満2年が三周忌、満6年が七周忌です。

ここまでは遺族にくわえて友人も列席するのが普通です。

満12年目が十三回忌で満16年目が十七回忌です。

この2つは遺族のみで行うことが多く、友人と知人が出席することは珍しいです。

満22年目が二十三回忌で満26年目が二十七回忌ですが、省略されることも多いです。

満32年目の三十三回忌か満49年目の五十回忌で弔い上げとするのがオーソドックスです。

弔い上げは最後の年忌法要であり、親交の深かった友人が出席するケースもあります。

納骨関連では四十九日の納骨法要と火葬後の還骨法要が重要です。納骨法要は四十九日の読経と合わせて行うことが多く、故人の霊を供養するうえで大切です。

お葬式と法事の違いって!?恥ずかしい思いをしないための基礎知識