葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

「香典は辞退します」を参列者が迷わないようにしっかり伝える方法


「香典は辞退します」を参列者が迷わないようにしっかり伝える方法

最近では、亡くなった人の意志や遺族の考えなどにより、香典を辞退する場合が増えています。

この場合には、参列者が止まることのないようにしっかりとその意志を示すことが必要になりますが、どのように伝えれば良いかと言う点に関して悩む場合が少なくありません。

また、あまり明確に辞退をすると参列者の気分を害してしまうといった考えが及ぶことも多くなっています。

しかし、香典を辞退する事は参列者の負担を減らすと言う意味もあるため、明確にしっかりと伝えることが重要です。

そのためまずは、葬儀前に訃報の連絡や葬儀の案内状で伝えることが重要となります。

訃報を伝える際に通夜の日程や告別式の日程を合わせて記載することが多いのですが、その際に香典の辞退する旨を書き添えることを行うのが良い方法となっています。

その際には、『誠に勝手ながら、御香典の儀は固くご辞退申し上げます』といった表現や、『故人の遺志により、御香典は辞退させていただきます』といった文言を使用するのが良い方法です。

また、葬儀当日には取り急ぎ駆けつけると言う人も少なくありません。

このような人にも明確に辞退の意思が伝わるよう、受付の側に表示をしておくことが有効です。

例えば、『誠に勝手ながら、故人の遺志により香典は辞退しております。

お気持ちだけありがたく頂戴いたします。』といった内容を記載した看板などを受付の横に立てておくと非常にわかりやすいものです。さらに合わせて、受付の際に口頭で伝えるとわかりやすくなります。

香典は参列者の亡くなった人に対するお悔やみの気持ちを表現するものと考えられているケースが少なくありません。

そのためお断りをしても是非にと渡されることもあるものです。

その場合には、あまり固辞せずにありがたく頂戴し、お返しをするのも1つの方法となっています。

基本的には受け取らないと言うスタンスを示すことが大切ですが、それでも渡したいと言う人に対しては、その気分を害さないようにすることも重要なポイントです。

「香典は辞退します」を参列者が迷わないようにしっかり伝える方法