葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

お葬式であった失敗談から学ぶ葬儀マナー


お葬式であった失敗談から学ぶ葬儀マナー

お葬式の失敗談として最も多く挙げられるのは、お葬式の厳かな儀式が執り行われている真っ最中にスマートフォンの着信音が鳴り響いてしまうというものです。

マナーモードのバイブレーションの音も静かな空間の中では、結構響き渡りやすいと言えます。

このことから学ぶことが出来る葬儀マナーとして挙げられるのは、葬儀場に入る前にはスマートフォンの電源は切っておくことです。

また音にまつわる別の、お葬式の失敗談として挙げられるのが突然お腹が鳴ってしまい恥ずかしい思いをするというものになります。

ですので、お葬式に参列するときには軽い食事をしておき、お腹に何か入れておくという葬儀マナーを学ぶことが可能です。

お葬式を執り行っている最中は静かなので、ついつい居眠りをしてしまったというお葬式の失敗談もあります。

そのため前もって睡眠時間は充分に確保しておき、それでも眠くなってしまう場合は周囲の参列者に気づかれないように指先をマッサージなどをして刺激を与え眠気を覚ますようにするのが良い葬儀マナーの1つです。

長い時間に亘って正座をしていると、脚が痺れてしまい立ち上がろうとした瞬間に転んでしまい恥ずかしい思いをしてしまうという、お葬式の失敗談もあります。

そのようなことがないようにするためには痛みを感じたときに、あまり無理をせずに足の裏を立たせた状態で座ると多少痺れが和らぐので、おすすめです。

すり足で後ろ向きに歩くのも脚の痺れを比較的早めに解消することが出来る方法なので、人目に付かないトイレなどで実践してみるのも良い方法になります。

お香典に包む紙幣を新札の状態で入れてしまい、しばらく経ってから、お香典には新札を入れてはいけない葬儀マナーを知り失礼なことをしてしまったと後悔するという、お葬式の失敗談も少なくありません。

これは、新札を半分に折って入れるだけで対処することが出来るので、前もって葬儀マナーを知っておくことが重要です。

お葬式であった失敗談から学ぶ葬儀マナー