葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

檀家にはなるべき?寺院との関係性と得られるメリット


檀家にはなるべき?寺院との関係性と得られるメリット

檀家になると納骨堂や霊園に比較すると住職から受けられる供養が手厚くなるというメリットがある上に、年末年始やお盆というようにお寺が多忙な時期であっても檀家なら優先的に法事の依頼がお願いできます。

また、檀家制度を利用すれば住職に対して葬儀または法事などの仏事に関する事柄が相談しやすくなります。

檀家は他の方々に比べると仏事に詳しい事例が多いですが、家族全員が共通して詳しく理解しているとは限らないため、葬儀または法事を行いたいのにも関わらず始めるべき事や、行うべき事がわからないという場合に頼もしく感じられます。

そして、不幸というのは突如としてして訪れてしまうものですが、檀家になっていればお寺に対して葬儀に関する事柄の全てを取り纏めて頂けるようになります。

檀家制度を利用していないと葬儀を行って頂けるお寺を探さなければならなかったり、葬儀社に依頼をしなければならなくなるため、慣れていない方においては大きな負担です

こうしたメリットが受けられる檀家制度を利用して入檀する場合には、所属を決めたお寺に対し自身のお墓を有する事が求められるので、新たにお墓を購入する事から始めます。

檀家制度の手続きで行うのは、志納金と入檀料といった檀家費用を納めながら檀家の契約書と墓地の契約書にサインを行う事です。

入檀料については10万円から30万円の事例が多いですが、墓地使用量については入檀料に入れられている場合と入れられていない場合に分かれているので、よく確認しましょう。

加えて、位牌のための費用も要するので位牌堂として10万円が必要になる事も念頭に置きつつ進めていくようにすると良いですが、檀家制度を利用する時に重要なのは入檀の纏わる契約を行う前段階に住職のお話をきっちりと耳にして、墓地や寺院などの見学をしっかりと行っておく事です。

隅々に至るまでしっかりと確認や見学を行っておきながら気になる事柄についてよく理解しておけば、安心して檀家になれます。

檀家にはなるべき?寺院との関係性と得られるメリット