葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀で必要な喪主は一体誰がするものなの?喪主の決め方とその役割


葬儀で必要な喪主は一体誰がするものなの?喪主の決め方とその役割

喪主とは葬儀における最終決定権を持った人物のことを言います。

喪主の役割は葬儀の形式や日時、費用に関する取り決めを行うだけでなく、各種手続きや関係者への連絡なども行うことが決まりになっています。

また、葬儀の挨拶においても喪主が担当ことが多いです。

告別式の挨拶では喪主が遺族の代表として行っています。

そのため、喪主 施主 決め方は亡くなった方の血縁者や親族であることが多いです。

ただし、必ず決まったルールがあるわけではなく、亡くなった方の配偶者が高齢の場合は、その兄弟や息子、娘などが担当することがあります。

喪主を務める人がいない場合は、親戚が務めることがあります。

優先順位は長男や直系の男子であることが多いですが、遺言書に書かれていた場合はその限りではありません。

すぐに行うべき役割は、式を行うための葬儀社を探すことです。

病院で亡くなってしまった場合は長期間安置することができない場合があります。

そのため速やかに葬儀の手続きを済ませて、式を終えた上で遺体を埋葬する必要があります。

病院や施設などから葬儀社を紹介されることもあるので、有効に利用しましょう。

基本的に葬儀社は24時間365日対応可能になっていることが多いので、年末年始に亡くなられた場合でも問題はありません。

すぐに式の準備を行うことが可能です。

決まった後は喪主が亡くなられた方の関係者や想定される参列者に連絡する必要があります。

埋葬する家族のお墓がある、お寺にも連絡を行う必要があります。

葬儀を終えたら、喪主は関係各所にお礼の連絡を入れます。

参列した方々は予定を割いて亡くなった方の冥福を祈りに来た背景があります。

そのためにも、参列者への挨拶周りをしておく必要があるのです。

式が終わった後から最低でも7日までには挨拶回りを済ませておかなければなりません。

参列者の他にもお世話になった病院やお寺などにもお礼の手紙を送付しておくことで喪主の役割は完了です。

葬儀で必要な喪主は一体誰がするものなの?喪主の決め方とその役割