葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

喪中の方は必読!喪中はがきの書き方で困らない例文と送る時期とは


喪中の方は必読!喪中はがきの書き方で困らない例文と送る時期とは

親族および身内に不幸が生じた際、一般的にお世話になっている相手に出すのが喪中はがきですが、出す際にもそれなりのマナーや決まりなどが存在しています。

そこで基本的な喪中の際のはがきの出し方としては、時期は相手が年賀状を用意する前の段階で出すことが望ましいため、郵便局で年賀状受付が開始される前に相手に届くようにしましょう。

よって目安としては10月中旬頃から11月下旬あたりの間が最適ですが、遅くなってしまった場合でも、12月前半までには出す必要があります。

そして喪中はがきの内容については、近況報告や年賀などは記さず、敬具や拝啓といった頭語や結語も必要ありません。

記すのはいつだれが亡くなったのかという事実と故人との続柄、お付き合いへの感謝の言葉などが相応しい傾向にあります。

なので例文としては、喪中につき年賀欠礼する旨として、喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきますといった文例とともに、故人の名前と続柄、年齢とともに亡くなった月を記して永眠いたしましたという事実を記し、あとはこれまで賜りましたご厚情に深く感謝いたしますなどの感謝の言葉と、相手側の無事を祈る言葉として、寒さ厳しい時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げますなどと記し、最後に自分の名前と日付、住所を記すようにしましょう。

ちなみに喪中はがきを出していない人から年賀はがきを受け取ったり、喪中はがきを出し忘れた場合は、年始期間である1月7日以降に、寒中見舞いとして喪中欠礼を記したものを出しましょう。

喪中の方は必読!喪中はがきの書き方で困らない例文と送る時期とは