葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

初七日はいつに行う?初七日法要を営む際に必要な準備と当日の流れ


初七日はいつに行う?初七日法要を営む際に必要な準備と当日の流れ

仏教では、亡くなられてから7回、7日毎に行事を行います。

最後の7回目は49日でありますが、初めて行うのが初七日です。

初七日と書いて、しょなのか、しょなぬか等と読みます。

それでは、初七日は何をするのでしょうか。

宗派により異なるのかもしれませんが、最近では繰り上げ法要と言って、告別式後お骨が自宅へ戻られた際、その日のうちに行う事もあるようですので、その点も注意が必要だろうと想われます。

繰り上げ法要では無く改めて初七日を行う場合、参列者の方に、葬儀に列席された方々に対しその場でお香典がえしが必要となりますので、まずひとつ目はそのお香典がえしの準備が必要です。

調べましたところ、相場は3000円から5000円くらいだろうとの事です。

お香典がえしには、食べ物や消耗品など使い切ってしまえるものが良いようです。

また、精進落しと呼ばれる会食も行われるためお食事の準備も必要となります。

これは、読経をされた僧侶へのねぎらいの気持ちを伝えるものですが、喪主をはじめご遺族の方々の知人やご友人、会社関係者の方々ももちろん参加されます。

その際には席次に気を付けなければなりません。

僧侶を上座に、次いで会社関係者の方々、そして知人や友人、親族と続き、喪主は入り口近くに座る、と言った具合です。

その際お酒も出しますが、喪主が献杯の挨拶をします。

精進落としでの会食中は、喪主の方は参列者の方に初七日の挨拶を致しますので、ある程度挨拶の内容を整理しておくと良いと思われます。

さらに、法要を営まれる僧侶へのお礼も必要となって来ます。

お布施と呼ばれるものがそれです。

日蓮宗に浄土真宗、真言酒や浄土宗など日本には色々な宗派がありますが、どちらの宗派でも大体相場は3万円から5万円の宗派が多いようです。

色々と書いて来ましたが、上記のマナーを守ることはもちろんの事ですが、亡くなられた方を偲ぶ、気持ちが一番大切な事なのだろうな、と思いました。

初七日はいつに行う?初七日法要を営む際に必要な準備と当日の流れ