葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

年末年始に葬儀ってできるの?慌てない葬儀の心構え


年末年始に葬儀ってできるの?慌てない葬儀の心構え

普段、突然発生するだけでも大変な葬儀ですが、それが年末年始に葬儀となると更に大変です。
そもそも年末年始に葬儀ができるかといえば、火葬場の都合によって難しいといえます。
多くの火葬場は大晦日前から翌年の三が日に掛けて、お休みをするところが少なくないのが理由です。
葬儀社については年中無休で対応する会社が多いので、葬儀の準備そのものは年末年始でも可能でしょう。
ただ、年末年始は家族とゆっくり過ごすのが一般的ですが、参列者の負担を考えるとずらした方が賢明です。
葬儀を三が日以降と決めれば、余裕を持って葬儀の準備ができますし、参列者に掛ける負担も減ります。
年末に家族が亡くなったとしても、年を越してから葬儀は可能で、三が日より後でも十分に余裕が持てます。
年末年始に家族のみで密葬、その後に落ち着いてから本葬を行う方法もあります。
ただ、年末年始に葬儀が難しいのは火葬場の都合だけでなく、お寺や僧侶の都合もあることに注意が必要です。
年始は葬儀以外で多忙なのが僧侶ですから、急に葬儀をお願いしても断られる可能性が大きいです。
理由があって年末年始に葬儀が欠かせないのであれば、早め早めに相談したり、約束を取りつけておくのが良いでしょう。
もう1つ忘れてはいけないのは葬儀の費用で、年末年始は金融機関もお休みになるということです。
手元の現金で足りない場合は、家族や親戚にお願いして、現金を用意するなどの葬儀の準備が不可欠です。
年末年始に葬儀が不可能となれば、一番気になるのはやはり遺体の安置です。
遺体はドライアイスで保存しますが、長期となると流石に冬でも傷みが無視できなくなります。
この為、葬儀の実施までに間が空きそうな時は、安置してもらえる施設を探すことが重要です。
追加費用の発生は免れませんが、遺体を傷めてしまう恐れを思えば、多少の費用は問題にならないはずです。
このように年末年始は誰もが忙しく、お休みをしたり他の予定が入っていることがあるので、年内に済ませるか年末年始に葬儀の準備をして三が日以降に執り行うと安心です。