葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

納棺をより有意義な別れの時間にする為に知っておく流れと手順


納棺をより有意義な別れの時間にする為に知っておく流れと手順

ご遺体を棺の中に納めるのを納棺と言いますが、最後の有意義な別れの時間にするためには、ただ単に無造作に納めるだけでは足りません。

納棺の際はご遺体の髭剃りや化粧をするなど、身支度を調えて旅立ちの衣装を着せ、棺に収めます。

死者の尊厳を守るのと同時に、残された人が故人の死を受け止めるという意味もあります。

可能な限り流れを知り、参加をすると良いです。

一般的な手順としてまず、タイミングを知らなければいけませんが、通夜の前日または親族一同が集まる通夜の直前が多いです。

親族が揃ったらご遺体を清め体を拭き、髪にクシを入れて死化粧などを施します。

男性ならヒゲを剃るのもこの時です。次は宗旨や宗派に合わせた衣装の着付けを行います。

例えばご遺体の首に六文銭を入れた頭陀袋をかけ、手の甲や脚絆をつけて足袋を穿かせるなどです。

一昔前までは額につける白い三角巾もありましたが、この世に恨みつらみを残している印象をもたれることもあり、最近では少なくなりました。

身支度を終えたご遺体は、親族や親戚を交えながら仰向けにして棺の中に収めます。

ドライアイス等を入れて良い状態が長く保てるようにした後、支度品として杖や草鞋を納めることもあります。

故人が愛用していたものを副葬品として納めるのも別れの手順の一つです。

遺族や親族としては、多くの副葬品を納めたいという気持ちになりますが、入れてはいけないものや避けた方が良いものもたくさんあります。

燃えにくいものや遺骨を傷つけてしまうもの、また遺骨に着色の恐れがあるものは避けておくべきです。

流れや手順を正しく押さえておけば、有意義な別れとすることができます。

納棺をより有意義な別れの時間にする為に知っておく流れと手順