葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

納骨っていつ行うもの?準備と流れを知っておく!


納骨っていつ行うもの?準備と流れを知っておく

納骨とは骨壷に納めた遺骨をお墓にて供養する事であり、法律上遺骨は墓地に埋葬しなければならないと定められているものの期日ははっきりと決められていないので、最も行われている事例数が多い四十九日法要が行われるタイミングをきっかけにして日にちを決めるようにしましょう。

納骨を行うためにはお墓が必要になりますが、既に先祖代々のお墓が存在していて故人から取り分けて遺言が無いのなら先祖代々のお墓を利用し、まだお墓を有していない場合はお墓の準備から着手していきます。

お世話になっているお寺が存在する場合は僧侶を納骨式にお招きし読経をして頂くように依頼しますが、お世話になっているのが神社であれば神主に依頼する事になります。

また、納骨の準備では費用についても考える必要性があり、特に多くの費用を要する納骨式をきっかけとして要する費用を算出していきます。

基本的に要する費用は墓石の開閉に要する費用をはじめ墓石に対する彫刻費用や読経料、法要や場所の利用に際する料金、納骨式を終えた後の会食の費用などなので、多くの費用がかけられないという事例では予め1つずつきっちりと予算を決めておくと良いです。

そして、納骨を行うためには遺骨埋葬許可証と墓地使用許可証の2つの書類が必要になりますが、遺骨埋葬許可証には火葬場で押印して頂いたものでなければならないため、押印の有無をしっかりと確かめておきましょう。

納骨を行う日や法要に関する事柄が決まったら参加者に対して連絡を行いますが、人数が多い事例では返信用のはがきも合わせて送り可否が知れるようにします。

当日は喪主の挨拶から始まるものの、四十九日を過ぎてから納骨が行われる場合は喪主は施主となるので、行う日が四十九日の前もしくは後である事を意識する事が重要です。

挨拶を終えた後は僧侶によって読経が行われ、参加者達で手を合わせた後に納骨を行い、骨壷を墓石の中に納めた後は再び僧侶に読経して頂きます。

その後、1人ずつ焼香を行い焼香が終えた後にもう一度読経が行われ式の終了となり続いて自宅や料亭、ホテルにて会食が開かれます。

納骨っていつ行うもの?準備と流れを知っておく