葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

お花代っていったいどんなもの?知ってるようで知らない意味を知ろう


お花代っていったいどんなもの?知ってるようで知らない意味を知ろう

葬儀にかかわると、これまでにはあまり見聞きしたことがない言葉も多く見聞きするようになることでしょう。

葬儀のお花代もこれに該当し、どのようなことかわからないという人もいるかもしれません。葬儀のお花代は、大きく分けると二つの意味をもちます。

一つ目は通夜から葬式の際に渡す葬儀のお花のための費用で出すもの、もうひとつは通夜や葬式が終わり、後日お参りをする際に渡すものです。

香典の代わりという役目を持つケースもあります。

前者の場合には香典とは別に用意することになるでしょう。

もう一つは香典の代わりとしての意味をもつので、これだけをわたしても問題はありません。

お花代の金額の相場としては、供物の価格に準じて考えなければなりません。

供物の金額としては様々なケースがほとんどですが、15000円から20000円程度が相場となっています。特に15000円がボリュームゾーンと言えるでしょう。

明確な規定があるわけではないので、30000円を超えるものを取り扱っているところもみられます。

しかし基本的には15000円ほどを包んでおくのが一般的と言えます。

葬儀のお花代を渡す場合には、入れる袋や表書きなどには十分に気をつけなければなりません。一般的に入れるものは、黒白または双銀のすべての水引です。

無地の白い封筒でもよいでしょう。水引きを利用する場合には、中身の金額でかたちや派手さを決める必要があります。

10000円程度であれば印刷されたもの、30000円まであれば白黒の水引、それ以上であれば双銀が一つの目安となります。

判断がつかなければ、白の無地の封筒を選びます。

たたみ方については香典袋と同じなので、下側を先にたたんで上から上側を重ねましょう。

これは悲しみが下から落ちるようにという願いが込められています。

また深く頭をさげ弔意を示すといった意味もあるといわれています。

参列者側としてお花代を渡す場合には、基本的には受付で出すことになります。

お花代っていったいどんなもの?知ってるようで知らない意味を知ろう