葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

おひとり様は要チェック!孤独死の葬儀についてと今から出来る事


おひとり様は要チェック!孤独死の葬儀についてと今から出来る事

誰にも気づかれないうちにたった一人で亡くなってしまうことを孤独死と呼んでいます。

独身である程度年齢を重ねていたり、誰一人として身寄りがいない、いわゆるおひとり様の場合には、孤独死が人ごととしては考えられなくなってしまうことでしょう。

一般的に人が亡くなった後には遺族が葬儀などを行うことになります。

しかし身寄りがない人の孤独死の場合には、一般的な葬儀が行われることはありません。

身寄りのないおひとり様がなくなった場合、法律に基づいて火葬が行われることになります。

このようなことから祭壇を用意したりと読経をするなどの葬儀が行われることはありません。

孤独死であっても親族がいれば遺骨が親族に返還されることになりますが、引き取りを断られたり親族がいないという場合には、遺骨や遺品は自治体の管理下に置かれます。

その後ずっと管理ができるわけではなく、各自治体により保管期間は異なるものの、5年程度であることが多いでしょう。

期間が満了すると遺骨は無縁塚に埋葬されることになります。

出来る事ならばだれもが孤独死は避けたいと考えることでしょう。

万が一の時のことを考えて、今から出来る事をしっかりと行っておきたいところです。

今から出来る事の一つ目には、周囲の人たちとコミュニケーションをとっておくことが挙げられます。

特に男性は会社を退職すると一人で活動しがちになります。

これにより万が一異変があったとしても気付いてもらうことができません。

一方で女性の場合には、周りの人たちとコミュニケーションをとっているケースが多く、何かあった際に気付いてもらえるケースが多く見られます。

孤独死を防ぐためにも、できる限り周りの人たちとコミュニケーションをとっておくようにしましょう。

そして訪問系のサービスを利用することも一つの手段と言えます。

訪問介護を受けたり、日用品などの宅配サービス、宅食サービスなどのように、自宅まで誰かが来てくれるようなサービスを利用してみましょう。

このようなサービスのスタッフと日常的に関わりを持つことにより、万が一の際には気付いてもらえる可能性が高まります。

おひとり様は要チェック!孤独死の葬儀についてと今から出来る事