葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀のお布施はいくら包むものなの?全国の相場と金額を知ろう


葬儀のお布施はいくら包むものなの?全国の相場と金額を知ろう

お布施とは葬儀や法事などにおいて、読経や戒名を依頼した際にお坊さんに渡すお礼のことを指しています。故人の冥福を祈る思いは金額で表すことはできませんが、葬儀のお布施いくらぐらいなんだろうと悩む人は多く見られます。

お布施の全国相場について知っておくことで、万が一の際には慌てずに行動することができるでしょう。

葬儀のお布施金額の相場としては、少なくても15万円ほどとなっています。

しかしそれぞれのエリアによって相場が異なり、北海道や東北地方の場合には15万円、関東や近畿地方の場合には20万円、中国、四国、九州地方の場合には15万円ほどとなっています。

これらの金額はあくまでも読経料に対するものであり、これ以外にも宗派によっては戒名料なども必要となります。

土地柄によってはお車代や御前料なども必要になるケースもあるでしょう。

戒名料に関してはお寺や戒名のランクにより大きく異なります。

お寺により10万円から100万円と大きな開きがみられ、亡くなった人の知名度により、これ以上のものが必要となるケースも見られます。

お布施とは別になるものの、戒名料も含んで渡すこともあるため、一緒に渡す際には戒名料を含んでいる旨を伝えなければなりません。

お車代と御前料は5000円から1万円ほどが相場となっていますが、この費用に関しても地域により差がみられます。

送迎のタクシーを手配して、この運賃の実費を支払うケースもあるでしょう。

僧侶が食事会に参席されなかった場合には、御前料をお渡しすることになります。

つまり食事の代わりに渡す心づけと言えるでしょう。

食事会に参加した場合には必要ありません。御前料とお車代は合わせて渡すケースが多く見られます。

近年では都市部にみられる傾向として、その場限りのお付き合いとなるお寺を葬儀社が紹介してくれるケースも見られます。

この場合には、お布施の地域の相場よりも安くなる傾向があるため頭に入れておきましょう。

葬儀のお布施はいくら包むものなの?全国の相場と金額を知ろう