葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

直葬?家族葬?一般葬?様々な葬儀プランを知ろう


直葬?家族葬?一般葬?様々な葬儀プランを知ろう

葬儀プランには、一般葬・家族葬・直葬など様々な形態があります。

最もスタンダードなのは一般葬プランで、家族や親戚、友人、近所に住む方、会社関係者など故人と繋がりの合った人が参列するスタイルの葬儀です。

地域の風習や宗派によって違いはありますが、前日に行われる通夜から始まり葬儀・告別式が行われます。

人間関係を大切にしたい方や広い付き合いがある方などは一般葬を選ぶことが多いようです。

通夜や葬儀は昔は家で行われることが多かったのですが、最近では葬祭場で行うのが一般的になっています。

それに対して家族葬プランは、親しい身内や友人のみに限定した葬儀のスタイルになります。

近年は地縁や血縁が薄れる傾向にあり、最後のお別れも親しい身内だけで行いたいという希望が増えています。

定年退職してから久しい高齢の方が亡くなった時などは、会社関係者との繋がりも薄くなっていることが多いようです。

家族葬では比較的柔軟に葬儀の内容を決めることができます。

家族や親しい親族など身内だけで行う場合もありますし、友人などが参列する場合もあります。

一般葬だと喪主やその家族は忙しく、なかなか故人を偲ぶ暇もないといったことも多いようです。

家族葬であれば、故人に想いを馳せて見送ることができます。

ただし、最後のお別れをしたかったなど後からクレームが寄せられることもあります。

直葬プランは通夜や葬儀は一切行わずに、病院や自宅から火葬場に直接遺体を運び火葬して弔う葬儀プランになります。

納棺までは一般葬とほとんど変わりませんが、火葬が終わるとお骨を骨壺に納めて終了です。

一般葬に比べて葬儀にかかる費用を大きく抑えられるのがメリットです。

また、故人が大袈裟な葬儀を望まないという場合も多くあります。

身寄りがない場合なども直葬になることが多いようです。

葬儀のスタイルは様々なので、故人や残された遺族の意思、費用などをトータルで考えて納得のいくプランを選ぶことが大切です。

直葬?家族葬?一般葬?様々な葬儀プランを知ろう